健康ナビ

健康になるための情報

納豆の栄養と効果!意外と知られていない!

納豆はネバネバしていて独特の匂いがあるので人により、好き嫌いがあるかも知れません。

納豆は野菜の肉といわれており、栄養価が高く健康と美容にも良い素晴らしい食品です。

種類は糸引納豆と甘納豆があり、一般に食事として食べているのは、糸引納豆です。

料理方法も簡単で醤油やねぎなどを加え混ぜるだけで手軽に食べられます。

熱々ご飯のお伴としてすごく合いますね。

また、身近にある食材なので、おいしく食べて、効果も期待でき健康にも役立つのではないでしょうか。

 

 

納豆

f:id:w-yakyuuboy:20160811180106j:plain

 

 

効果

整腸効果

人間は、ストレスの蓄積や食生活が乱れると、健康のバランスが崩れ、悪い作用の菌が増殖し、腸荒れ・便秘・下痢などの異常が起きます。

納豆菌は、これらの悪い作用をする菌を抑制する力を保持しており、乳酸菌など他菌と比べ粘り強く、腸で長時間働き、高い整腸効果があります。

また、食物繊維はほうれん草の約2倍含んでおり、お腹の調子を整え、便秘の解消効果があります。

 

癌の予防効果

みそや納豆などの発酵食品は癌の予防にもなるといわれています。

 

血液サラサラ効果

悪玉コレステロールが増加すると、血管内部の壁に蓄積され、血流が悪くなります。

納豆はそれらの悪玉コレステロールを分解する作用を保持するレシチンが含有されており、悪玉コレステロールを減少させ、血流を良くします。

 

f:id:w-yakyuuboy:20160811181408j:plain

 

 

骨粗しょう症予防効果

カルシウムは納豆100gに240mgと多く含んでいますが、骨の強化には、カルシウムのみを大量摂取しても効果はあまりありません。

骨にカルシウムを結び合わせる物質が必要であり、その物質の生成にはビタミンK2が必要です。

納豆にはビタミンK2が豊富に含まれています。

 

ダイエット効果

納豆を1日に1パック(約45~50g)食べるとダイエットに効果があります。

納豆の原料は大豆であり、タンパク質が豊富です。

タンパク質は筋肉の保持や増加させるのに重要な栄養素です。

筋肉は基礎代謝を高めるので、筋肉の増加により消費するカロリーも増え、脂肪を燃焼する効果があります。

また、大豆の成分のサポニンは、脂肪分や糖の吸収を抑制する作用があり、肥満を予防する効果があります。

 

以上の事により、ダイエット効果があります。

 

f:id:w-yakyuuboy:20160811181034j:plain

 

 

美肌・美髪効果

タンパク質が豊富なので、タンパク質からなる肌、髪、爪には重要な栄養素です。

また、肌の吹き出物やニキビを防止し、新陳代謝を上げる作用のあるビタミンBも含まれています。

ネバネバの成分のムチンは強力な保水力を持っており、潤んだ瞳や肌に重要です。

ビタミンEは抗酸化作用を持っており、アンチエイジング(抗老化)効果があります。

以上から、美肌・美髪など美容効果があります。

 

以上が、納豆についてでした。

身近にある食材で手軽に食べられます。

ぜひ、納豆を食べて健康を維持しましょう。