健康ナビ

健康になるための情報

のぼせるには!~これを飲む・これを食べるとよい!

f:id:w-yakyuuboy:20170706084555j:plain

 

ご覧いただきありがとうございます。

今回は「のぼせるには」のご案内です。

のぼせの原因はさまざまで、熱もないのにのぼせるという場合は、高血圧症や自律神経の失調、甲状腺機能の異常などが考えられるそうです。

また、とくに女性では更年期や生理時に、ホルモンのバランスがくずれて、のぼせるといったことは、よくあるといわれています。

次にのぼせの強い人に、

おすすめしたい食べものをご紹介します。

 

 

血圧が高い人ののぼせに

トマトジュース

トマトジュースを1日2~3回(100mlずつ)飲むと効果的です。

トマトジュースを飲むと、からだを涼しく、また、のどの渇きを止めれくれる作用があります。

ミックスジュースにする場合は、リンゴ、ニンジン、セロリなどを加えます。

 

f:id:w-yakyuuboy:20170706084620j:plain

 

 

のぼせがひどいときには絞り汁

セロリ

のぼせが強いときには、絞った汁を飲みます。

①セロリ(300g)を2~3分ゆでます。

②ゆでたセロリを細かく刻んで、すり鉢ですりおろして、

③ガーゼなどで絞ります。

④この汁を、1日2回、朝、晩、空腹時に飲みます。

このほかにもセロリは、血圧を下げる、神経を鎮める、けいれんを鎮める、浄血などの作用があり、薬効の高い野菜です。

セロリは、ちょっとしたことでのぼせる人や興奮しやすい人には、おすすめの食べものです。

 

熱を通すと食べやすい

日本ではセロリは、みそやマヨネーズなどをつけて、生で食べることが多いようです。

セロリは、香りが強く生のままでは、たくさん食べれませんが、中国料理のようにスープや炒めものにすると、たくさん食べられます。

豚肉と一緒に炒めたり、きんぴら風に細切りにしてゴマ油などで、さっと炒めて食べても美味しいものです。

また、チャーハンやスープの具などに使うなど、いろいろ工夫をしてみましょう。

 

以上が「のぼせるにはには」でした。

少しでもお役にたてれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。