健康ナビ

健康になるための情報

頭痛に効く!~おすすめの野草・生薬!

f:id:w-yakyuuboy:20170704095623j:plain

 

ご覧いただきありがとうございます。

今回は「頭痛には」のご案内です。

一口に頭痛といっても、その症状はいろいろあり、ズキズキするような痛みから、押さえつけられるような頭重感、

あるいは、片頭痛といわれるものや、発作的なはげしい痛みを伴う、両側性の頭痛までさまざまです。

考えられる原因には、精神的な緊張をはじめ、耳、目、鼻などの炎症のほか、髄膜炎、脳出血、まれに脳腫瘍ということもあるようです。

いずれにしても、頭痛の症状は、強弱にかかわらず不快なものです。

 

 

血行をよくして頭痛をとる

キクの花

キクは血行をよくして、頭痛を鎮めてくれます。

ほかにも視力を回復させ、目を明らかにするとされており、漢方薬として、古くから用いられています。

 

キクの花茶を

キクの花茶、一つまみほど器に入れて熱湯を注ぎます。

毎日、朝晩2回さかずき1杯ずつ飲みます。

飲みにくかったらハチミツを。

 

【キクの花茶の作り方】

①食用ギクの花びらをむしる。

②熱湯に塩少々を加え、花びらをサッと熱湯に通す。

③花びらがすき通ったらざるにあげ、冷水にさらして水を絞る。

④これを乾かして保存する。

 

f:id:w-yakyuuboy:20170704095718j:plain

                                                                                                                                             食用ギク

 

生理前や生理不順の頭痛に

サフラン(番紅花バンコウカ)

これは10~11月に花の柱頭だけを採取して、日陰の風通しのよい場所で乾燥させたものです。

食料品店のスパイス売り場で売られています。

 

サフラン茶で

乾燥させた、雄しべの柱頭2~3本を湯のみに入れて、熱湯を注ぎます。

これを1日3回温かいうちに飲みます。

 

更年期障害からくる頭痛に

ボタン(牡丹皮・根)

更年期障害や生理不順などが原因の頭痛に有効とされています。

用いるのは根と皮で、漢方薬では牡丹皮(ぼたんぴ)といって、漢方専門薬局で売られています。

 

煎じる

水600mlに牡丹皮10gを入れ、1/2量になるまで煎じます。

これを1日3回に分けて飲みます。

 

慢性頭痛に有効

ウドの根

根(古いものほどよい)を掘りおこして採取し、よく洗って皮をはいでから乾燥させます。

 

煎じる

水600mlに乾燥させた根10gを入れ、1/2量になるまで煎じます。

これを毎日飲みます。慢性頭痛に有効といわれています。

漢方薬の独活(うど)は、このウドと異なり、ほかのセリ科の植物です。

ウドの根は独活と効能が似ていることから、ご紹介しました。

ウドの根でなく、独活を使ってもいいでしょう。

 

以上が「頭痛には」でした。

少しでもお役にたてれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。