ゆうの ” けんこう ” ナビ

健康になるための情報を載せて行きます

薬膳!~精神不安やストレスの悩みを解消する!

f:id:w-yakyuuboy:20170606153411j:plain

 

ご覧いただきありがとうございます。

今回は「ストレスを和らげてくれる薬膳」のご案内です。

精神不安や神経衰弱、ストレスなどは、精神病とは違い神経症の一つと考えられます。

精神不安や神経衰弱などは、春先になると多くみられ、これは、腎臓や肝臓の働きと関係があるとされています。

腎臓の機能が衰えると、不安感、驚き、恐怖などが多く感じられ、また、肝機能が衰えると怒りっぽくなったり、イライラなどの感情が、多くあらわれてくるといわれています。

次に、このような症状に効果がある、食べもの、食養法をご案内します。

 

 

効果がある食べもの

ユリ根

ユリ根は、更年期に起こりやすい、不定愁訴や精神不安の症状などに効果があります。

また、中国の漢方古典には、ノイローゼ(百合病ヒャクゴウビョウ)はユリでなければ治らないと記されています。

 

f:id:w-yakyuuboy:20170606153534j:plain

 

 

クルミ

ヒステリー、神経衰弱、健忘症、不眠などによく効きます。

クルミのほかに、桂皮、龍眼、金針菜、レンコン、コムギ、シュンギク、シソ、ラベンダー、ミントなどにも効果があるといわれています。

 

神経をやわらげる食養法

クルミじるこのつくり方

材料:クルミ、赤棗(あかなつめ)、ハチミツ、塩少々

①殻を割り取りだしたクルミを、しばらく熱湯に浸してから、竹串などで薄皮をとり除く。

②赤棗は一晩水に浸したあと煮る。

煮たものをハチミツに漬けておく。

③クルミ(飾り用に少し残しておく)と水1/2カップを、ミキサーにかけ充分砕けたら、さらに水5カップを加えてよく混ぜて、布で絞るか裏ごししておく。

④鍋に、布で絞ったものか、裏ごししたものに豆乳2カップを加え、強火にかける。

沸騰したら弱火にして20分ほど、焦げないようにゆっくりかき混ぜる。

⑤ユリ根を加え、さらに10分ほど煮る。

⑥冷めたら、ハチミツと塩少々を入れて器に注ぎ、飾り用に残しておいたクルミと、ハチミツ漬けした赤棗を加える。

 

ユリ根入りハーブライスのつくり方

材料:ユリ根、コメ、アワ、クルミ、マツの実、コーン油またはサラダ油、ゆかり(塩入り赤ジゾ粉)、ラベンダーの葉、ペパーミントの葉

①コメとアワは、30分ほど水に浸したあと水をきっておく。

②殻から取りだしたクルミは、熱湯に浸してから、竹串などで薄皮をとり除く。

③鍋に、サラダ油かコーン油を入れて熱し、コメ、クルミ、アワ、マツの実を入れてよく炒めてから、水を注ぎ普通のご飯と同様に炊く。

④炊きあがる直前に、ユリ根をほぐし入れてよく蒸らす。

⑤茶碗につぎ、ゆかりをふりかけ、刻んだラベンダーの葉とペパーミントの葉を散らす。

 

ユリ根サラダのつくり方

材料:サラダ菜またはレタス、プチトマト、キュウリ、紫タマネギ、ユリ根、ミントの葉、スミレの花、ラベンダービネガー

①ボウルに、サラダ菜またはレタスを敷き、プチトマトとキュウリ、紫タマネギのスライスしたものを盛り、蒸したユリ根、ミントの葉、スミレの花を散らす。

②これにラベンダービネガーをかける。

 

以上、が「ストレスを和らげてくれる薬膳」です。

少しでも参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。