健康ナビ

健康になるための情報

眠れない場合は!~一度試されてはいかがでしょう!

f:id:w-yakyuuboy:20170528114048j:plain

 

ご覧いただきありがとうございます。

今回は「こうすれば眠れる」のご案内です。

床についても寝つきが悪い、眠りが浅い、夜中に目が覚める、朝まで眠れなかった、などといった日が続くとつらいものです。

不眠は、周りの環境変化や興奮状態になる、高齢のため、病気のため、などが原因で起こるといわれています。

また、原因としては、一時的なものが多いようです。

しかし、原因が見当たらない場合もあります。

原因が分かっている場合には、高齢以外であれば、その原因を見つけて取り除きたいものです。

飲みものによって、興奮状態になった場合には興奮を鎮めて、ゆったりした気持ちで眠りたいですね。

 

 

香りで眠気を誘う

玉ねぎ

寝つきをよくするには、夕食に玉ねぎの生を食べる、または、枕もとに刻んだ玉ねぎか、玉ねぎのスライスしたもの、を置くといいでしょう。

昔から、寝つきの悪いときには、玉ねぎの香りを利用したと言われています。

 

f:id:w-yakyuuboy:20170528114156j:plain

 

 

水にさらさずに食べる

玉ねぎの生は、薄くスライスしたものを、水にさらしてから食べることが多いものです。

しかし、栄養を考えると玉ねぎのぬめりは大切なのです。

また、寝つきをよくするために食べる場合は、水にさらすと、香りがにげますから水にはさらしません。

薄くスライスしたものに、卵黄を加え、削りがつおをふりかけて、しょうゆやお味噌で味つけすればおいしくいただけます。

ほかにも、生玉ねぎは、ちりめんじゃこや、しらす干しなどの小魚と一緒に食べれば、カルシウムがとれ、イライラの解消にも効果的です。

 

寝るときに、枕もとに置く

みじん切りや、薄くスライスしたものを器に入れて、枕もとに置きます。

この方法は、昔から不眠のときにされている民間療法です。

ただし、においが気になって、かえって眠れないといったときは、やめましょう。

 

以上が「こうすれば眠れる」についてでした。

少しでも参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。