ゆうの ” けんこう ” ナビ

健康になるための情報を載せて行きます

夏バテ~キュウリが効く!

f:id:w-yakyuuboy:20170524113855j:plain

 

ご覧いただきありがとうございます。

今回は「キュウリの利用法」のご案内です。

夏の暑い日が続くと食欲不振になったりします。

また、暑くて寝苦しいときは、睡眠不足におちいることもあります。

その結果、体重が減少して疲労感や倦怠感が増すことになります。

これらの症状を夏バテといわれているようです。

しかし、夏バテの状態にも個人差があって、体力のない人ほど消耗しがちです。
体力に自信がある人でも、血圧が高めの人や汗をかきやすいタイプの人には、暑さに弱い人が少なくありません。

また、食欲がでないときには、冷たくてあっさりしたものばかり欲しくなります。

これではますます、夏ばてはひどくなってしまいます。

食事療法や民間療法で、夏ばてを解消することも一つの解決法ですね。

 

 

葉も実も薬になる

キュウリ

ウリ科に属する野菜の多くは、からだの熱や湿けをとる効果があるといわれています。

夏が旬の、キュウリ、スイカ、トウガンなどがその代表です。

これらの野菜は、口当たりがよくさっぱりして、味にクセがないので、子供からお年寄りまで、好き嫌いなく食べられ、夏にぴったりの食品といえます。

 

f:id:w-yakyuuboy:20170524113931j:plain

 

 

夏ばてがひどい時は葉を使う

疲労感や倦怠感がひどくて、何もする気が起こらないときには、足の裏にキュウリの葉をよくもんだものをはりつけると、疲労感や倦怠などがやわらいできます。

 

暑くて寝つきの悪い時に

足の裏がほてって暑くて眠れないときには、足の裏をキュウリの切り口でこすると、ほてりがとれて、気持ちよく眠ることができます。

 

体がだるくむくみっぽいときには煎じて

熱を加えたキュウリは、熱を加えないキュウリにくらべて、利水作用が強くなるといわれています。

煎じ方は、水600mlに熱して皮をむいたキュウリ30gを入れて、弱火で1/2量になるまで煎じます。

これを一日分3回に分けて空腹時に飲みます。

倦怠感が強く食欲不振の人や、体がだるくむくみっぽい人にも効果があります。

 

以上が「キュウリの利用法」についてでした。

少しでも参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。