健康ナビ

健康になるための情報

髪を美しくする!~・・には、これをおすすめ!

f:id:w-yakyuuboy:20170518114350j:plain

 

ご覧いただきありがとうございます。

今回は「髪を美しくする」のご案内です。

髪の成分は、ケラチンと呼ばれる硫黄分を含んだタンパク質です。

髪の発育には、亜鉛やヨード、セレニウムなどのミネラルが必要となります。

また、美しいつやのある髪をつくるには、カルシウムも大切な栄養素です。

これらの栄養分を頭髪の根元にまで運ぶためには、ビタミンEやリノール酸を不足させないことも大切です。

髪には精神的なストレスも大敵といわれており、そのためには、散歩やスポーツなどで息抜きをして、ストレスを解消することも大切でしょう。

また、漢方においては、髪は血と関係あるともいわれています。

ここで、髪を美しくする食べものについてご案内します。

 

 

血行をよくして髪に栄養分を運ぶ

黒ゴマ

昔から日本では、黒ゴマはコンブとともに、髪を健康に保つ、といわれている食べものの一つです。

黒ゴマは小粒ですが、ビタミンEを含むリノール酸やカルシウム、リン、鉄などや、良質なタンパク質も豊富に含まれており、優良な健康食品といえます。

漢方では、黒ゴマを食すと補血作用があるとされています。

黒ゴマを食べると新陳代謝が高まり、血行を促して髪の根元まで、栄養分をとどけてくれます。

このように髪の毛の健康を考えると、ゴマはゴマでも白ゴマより、黒ゴマをつかいたいものです。

しかし、白ゴマを黒く着色したものも市販されているので、着色されていないものをさがしましょう。

なお、ゴマは包皮のままでは、消化しにくいので、すりつぶして用います。

下痢のひどいときには、むかないので食べるのは、なるべく控えるようにします。

 

f:id:w-yakyuuboy:20170518114549j:plain

 

 

ヨードとコンドロイチンがたっぷり

コンブの主な成分

コンブは海草類のなかでも、ヨード分を豊富に含んでおり、髪の健康にとって欠かせない食べものの一つです。

その他にも、海草類のネバネバのもとである、コンドロイチンという成分も含まれており、このコンドロイチンには、

髪の毛につやを与えて強くする働きがあります。

毎日の献立に、できるだけコンブなどの海藻類を、加えられてはいかがでしょう。

 

つけ汁を飲む

水1カップにコンブ1~2cm角に切ったものを入れ、一晩おきます。

これを朝飲むと、コンブの成分が手軽にとれます。

 

以上が「髪を美しくする」についてでした。

少しでも参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。