健康ナビ

健康になるための情報

ダイエットしたい!~・・には、これをおすすめ!

f:id:w-yakyuuboy:20170517115603j:plain

 

ご覧いただきありがとうございます。

今回は「ダイエット食品-アカザ・ハトムギ」のご案内です。

ダイエットを成功させるためには、食習慣が重要なポイントとなります。

主食の量を減らして一日分の摂取エネルギーを、2000キロカロリーほどにします。

もちろん、お酒やジュースなどの飲みものもカロリーにいれます。

また、味はうす味に、腹は腹八分目を心がけましょう。

そして、ビタミン、ミネラルを豊富に含む野菜や、キノコ、こんにゃく、海草などを積極的にとり、脂肪分は、リノール酸が多い植物油を使うようにしたいですね。

 

 

肥満を予防する

アカザの効能

アカザは、空き地などにも生える、若芽が鮮紅色で美しい植物です。

このアカザの若葉や種子は食用とされ、

生葉はむしにさされたときに用いられています。

高血圧症や動脈硬化の予防にもなりますし、解毒作用、肥満を防止しコレステロールを抑える働きもあるといわれています。

また、昔から肥満の民間療法として用いられてきました。

夏季に茎から刈り取り、きれいに洗って陰干しにします。

 

f:id:w-yakyuuboy:20170517115721j:plain

 

 

煎じて飲む

アサガの煎じ汁は、肥満を予防しコレステロールを抑えてくれるといわれています。

水600ml(約カップ3杯強)に、刻んだ乾燥アカザ15gを入れ、1/2量になるまで弱火で煎じます。これをこして一日3回に分けて、空腹時に飲用します。

 

ハトムギとアズキのお粥を常食にハトムギには、からだのなかの余分な水分を、除去する作用があり、むくみっぽくて水太りタイプの人は、ハトムギを常食すると効果があるといわれています。

また、お茶として多く用いられていますが、お茶の場合は殻つきのまま使うので、いくぶん効果はさがることになります。

殻(種皮)をはがした食用のハトムギには、ヨクイ仁(にん)といわれる成分が含まれており、さまざまな漢方処方にも用いられています。

この食用ハトムギを、お粥にしたものを常食にします。

また、アズキを入れて炊くと、アズキには利尿作用があるので、さらに効果はたかまります。

市販されている粉末やフレーク状のものもありますので、小麦粉と混ぜ合わせて料理するのもいいでしょう。

しかし、ハトムギには、からだを冷ます作用があるといわれており、冷え性の人の場合には、料理にショウガ、サフラン、ベニバナなどを加え、一緒に食べることをおすすめします。

 

以上が「ダイエット食品-ダイエット食品-アカザ・ハトムギ」についてでした。

少しでも参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。