健康ナビ

健康になるための情報

肝臓の働きとは!~このような役割がある!

f:id:w-yakyuuboy:20170509184002j:plain

 

ご覧いただきありがとうございます。

今回は「肝臓の働き」のご案内です。

肝臓は体内の臓器のなかで、いちばん大きく重量は成人男性で1000~1500g、成人女性では900~1300gで、体重の約2%にもなります。

その位置は、中央より右のおなかの上の、横隔膜のすぐ下にあり、ほとんどの部分が右助骨の下に隠れています。

肝臓は右葉と左葉の二葉にわかれ、その中央部には、門脈といわれる腸で吸収された栄養分(脂肪以外)を肝臓へ運ぶ管や胆汁が通る総胆管、また、肝動脈などが集まっています。

 

 

肝臓の働き

肝臓の働きは次のとおりです。

①タンパク質、炭水化物、脂肪などの成分を代謝するうえで、重要な働きをしています。

腸管で吸収された栄養分は、門脈という管を通って、肝臓に入りここで処理されます。

たとえば、脂肪の成分である脂肪酸、タンパク質やブドウ糖の成分であるアミノ酸、などをグリコーゲンとして蓄え、必要に応じて血液中に送り出しています。

 

f:id:w-yakyuuboy:20170509184028j:plain

 

 

②各種ビタミンの宝庫

ビタミンA、B1・B2・B6・B12、Dや、パントテン酸、ビタミンニコチン酸、などを蓄えています。

 

③ホルモンとの関係

脳下垂体の前部にある、前葉と呼ばれる部分では尿量を増やすホルモン、後葉部では尿量を減らすホルモンが出ています。

肝臓では、この後葉から出る、尿量を減らすホルモンを破壊する働きもあります。

肝臓の働きが悪くなると、この尿量を減らす作用のあるホルモンが増加して、尿の量が減少します。

 

④解毒作用

アルコールや薬、老廃物などの体に有害な物質を分解処理し、体に影響を与えないように働きます。

アンモニアを尿素に変えるのも肝臓の役目ですが、肝不全になると解毒能が著しく低下し、血中のアンモニアが増えて、肝性昏睡を起こす場合もあります。

 

⑤血液との関係

出血したとき、血液が固まって血が止まるのは、血液中の線維素原(フィブリノーゲン)が線維素(フィブリン)に変えられるからで、これに必要なのは、トロンビンといわれるものです。

このトロンビンは、肝臓でビタミンKの作用によってつくられる、一種のタンパク質です。

そのため肝臓の働きがが悪くなると、トロンビンがつくられず、止血しにくくなったり、出血しやすくなります。

 

⑥胆汁の生成・分泌

胆汁は、肝臓でつくられた老廃物を流す役割や、脂肪の消化吸収を促す消化液でもあります。

肝臓でつくられる胆汁は、胆管によって肝臓の外へ出て、胆嚢に一旦ためられて濃縮され、必要時に胆汁を出すようになっています。

 

以上が「肝臓の働き」についてでした。

少しでも参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。