健康ナビ

健康になるための情報

下痢になってしまった!どうすればいいの!

f:id:w-yakyuuboy:20170508194401j:plain

 

ご覧いただきありがとうございます。

今回は「下痢になってしまったら」のご案内です。

下痢の症状には、一日一回程度の軽いものから、一日何回もトイレへ行かなくてはならないような、重いものまであります。

また、ときには激しい腹痛とともに、頻繁に便意をもよおすのに、トイレに行っても排便がなく、トイレから出るとまた便意をもよおすといった場合もあります。

このような状態を俗に裏急後重(りきゅうこうじゅう)、または、しぶり腹といいます。

これにはさまざまな原因があるようで、自分の判断で安易に下痢止め薬を用いるのは、
よくないといわれています。

 

 

下痢のときは絶食が流動食を

ひどい下痢でも、1~2日絶食すると自然に治癒力が働いて、回復するものです。

しかし、軽い下痢のときは、絶食はせず回復するまで、数日、重湯やスープなどの流動食をとります。

流動食は、食べやすく、小量でタンパク質やエネルギーがとれるものにします。

回復したら普通食へと戻すのが良いでしょう。

 

f:id:w-yakyuuboy:20170508194451j:plain

 

 

重湯

厚手のなべか土なべに、洗った米と水(分量の8~10倍)をいれて強火にかます。

ふきこぼさないように火を調節し、15分ほど煮てガーゼでこします。

梅びしや梅干しを加えるとあっさりします。

 

コンソメスープ

スープはチキンやビーブのだしをベースにして、みそ、しょうゆ、塩などの調味料で薄く味つけします。

固形スープを用いる方法もありますが、鶏ガラや肉でだしをとった方が栄養がとれます。

作り方は、なべに牛のひき肉150g、よく洗った鶏ガラ2羽分、卵殻1個分、卵白1個分、にんじん、玉ねぎ、セロリなどの野菜を入れ、水10カップを加えて火にかけます。

アクをとりながら半量になるまで煮詰めます。

これをふきんでこして、塩などで薄く味をつけ、刻んだパセりを振りかけます。

 

キュウイの豆乳スープ

豆乳カップ1杯と、キューイフルーツ50gをミキサーにかけます。

これをなべで温めて、塩、こしょうで味つけします。

 

みそスープ

だし汁にみそを加えて、青み野菜を振りかけます。

 

以上が「下痢になってしまったら」についてでした。

少しでも参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。