健康ナビ

健康になるための情報

ゴボウとダイコンのエキス!お腹の大掃除をする!

f:id:w-yakyuuboy:20170501201007j:plain

 

ご覧いただきありがとうございます。

今回は「お腹の大掃除をする」のご案内です。

私たちは毎日のエネルギー源として、食事をして生活していますが、その食べた物や飲んだ物は老廃物となって、体内にガスを発生させます。

このガスが体内に溜まると、いらいらや頭痛、頭重、背中や腰の痛み、肩こりなどの症状があらわれてきます。

ガスが溜まった状態は、一種の自家中毒のようなもので、成人病、ガン、ゼンソク、リュウマチなどの原因にもなります。

これらを防ぐためにも、お腹の大掃除をしましょう。

 

 

ゴボウとダイコンのエキスは脳神経の疲れをとる

お腹の大掃除をする方法

ここでおすすめしたいのが、ゴボウとダイコンのエキスを飲む方法です。

これを飲むと血流がよくなって、新陳代謝が盛んになり、消化器系だけでなく脳神経の疲れも解消します。

 

ゴボウとダイコンのエキスの作り方

材料を用意する(一日分)。

泥つきゴボウ:体重10㎏に対して200g。

ダイコンのおろし汁:体重10㎏に対して400ml。

シソ入り梅干し:体重10㎏に対して1個。

①ゴボウ、ダイコンを洗い水気をよくきる。

ゴボウは皮つきのまま斜め薄切りにする。

ダイコンも皮つきのままジューサーにかける。

②薄切りにしたゴボウ、ダイコンのおろし汁、シソ入り梅干しを鍋に入れて火にかける。

沸騰したら弱火にし、ふたをして2時間煮る。

出るアクはとらない。

これを布巾ふきんでこしてエキスをとる。

 

f:id:w-yakyuuboy:20170501201041j:plain

 

 

絶食してからエキスを飲む

エキスを飲む日は一日絶食します。

絶食後であれば、エキスは好きなときに飲めばいいのですが、寝る3.5時間前、以後は、出来るだけ飲まないようにします。

エキスを飲んだあと3時間ほど経つと、お腹がゴロゴロいいだして、おならが次々と景気よくでてきますが、これをがまんしてはいけません。

おならが頻繁にでてこそ、ガス抜きの効果のあらわれで、お腹の大掃除をした証となります。

 

以上が「お腹の大掃除をする」についてでした。

少しでも参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。