健康ナビ

健康になるための情報

近視・老眼を防ぐ!このようにすればよい!

f:id:w-yakyuuboy:20170429085218j:plain

 

ご覧いただきありがとうございます。

今回は「近視・老眼を防ぐ対策法」のご案内です。

老眼や近視の症状は、年齢からくるものや体質的、遺伝的なものが考えられます。

どんなに予防していても、防げないこともありますが、日々の生活の上で、対策している人と、そうでない人とでは、明らかに症状の進行が、違ってくるのは確かのようです。

次のような対策をすると、効果があらわれるのではないでしょうか。

 

 

近視・老眼を防ぐ対策法

遠くや近くを見る

長時間見る書く、暗いところで見る書くなどをした後は、遠くの山や緑の木などを見て、目をリラックスさせましょう。

また次のようなことをやってみて下さい。

まず、光の強くないところで遠くの山や木、建物など目標を決め、そこの目標を集中して数秒間見つめます。

次に目の前にある物を数秒間見つめます。

これを10回程度繰り返して、最後にもう一度遠くの山などを見つめます。

これで目をリラックスさせることができます。

 

f:id:w-yakyuuboy:20170429085331j:plain

 

 

テレビは離れて見る

テレビは明るい部屋がよく、見る場所は、画面の大きさにもよりますが、2~3m離れてみるのがよいといわれています。

なお、ゲームなどする人は目を酷使しますので、長時間するのは控えましょう。

特に子供には注意が必要です。

 

照明は明るく

文字を読んだり書いたりする場合には、部屋の照明はなるべく明るくして、左斜め前からか、または斜め後ろから光が当たるように、電気スタンドを置くのがよいでしょう。

左手で鉛筆を持つ人はその逆にします。

 

頭寒足熱と睡眠が重要

目にとって大切なことは、目を酷使したら十分に休ませることです。

そのためには、睡眠が最もよいわけです。

よくないのは”のぼせる状態になる”です。

長風呂でのぼせたり、足を冷やしすぎて冷えのぼせしないようにしましょう。

頭は涼しく、足は温かくし、いわゆる”頭寒足熱”が目には一番よい状態といえます。

 

以上が「近視・老眼を防ぐ対策法」についてでした。

少しでも参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。