健康ナビ

健康になるための情報

ビタミンB3・C・D欠乏症!症状&含まれる食物!

f:id:w-yakyuuboy:20170428092946j:plain

 

ご覧いただきありがとうございます。

今回は「ビタミンB3・C・D欠乏症」のご案内です。

ビタミンは摂取量が微量でも、物質代謝の潤滑油として、重要な働きをしています。

食事の内容に偏りがあると、欠乏症にかかってしまいます。

欠乏症にならないためにも、食事は好き嫌いせず、色々なものを食べるようにしたいですね。

 

 

ビタミンB3・C・D欠乏症

ペラグラ(ナイアシン欠乏症)

ペラグラはナイアシン(ビタミンB3 ともいう)が欠乏すると起こります。

手や足の甲に紅斑があらわれて、日数とともに次第に褐色へと変色してきます。

また、口腔、舌、尿道、腸などに炎症ができたり、不眠、ソウ状態、食欲不振、錯乱状態、無力、興奮、知覚異常などの症状があらわれます。

これにはビタミンBの補充が必要です。

多く含む食物は、マグロ、サンマ、サバ、アジ、カツオ、たらこ、牛レバー、豚レバー、豚ロース、鶏ムネ肉、大豆、玄米、卵など。

 

f:id:w-yakyuuboy:20170428093033j:plain

 

 

ビタミンC欠乏症

ビタミンC欠乏症になると、初めは足のふくらはぎの筋肉が、ひきつるような痛みを覚えます。

症状が進んでくると、次第に肌に点状の出血がでてきたり、歯ぐきがはれて出血を伴うようになります。

なお悪化してくると、鼻血が出やすくなったり、歯ぐきに潰瘍ができたり、眼底出血、骨膜下出血なども起こりやすくなります。

このような出血がつづくと、貧血になってしまいます。

このようなときには、ビタミンCを多く摂取する必要があります。

ビタミンCを多く含む食物には、ピーマン、ブロッコリー、ホウレンソウ、メキャベツ、イチゴ、コマツナ、甘柿などがあります。

 

ビタミンD欠乏症

ビタミンDが欠乏すると、成人の場合は骨軟化症になります。

発育盛りの子供が欠乏すると、成長の過程で骨の石灰化が進まず、くる病にかかりやすくなります。

対策として、ビタミンDを多くとることが必要ですが、

太陽光に当るだけでもかなり効果があるといわれています。

しかし、ビタミンDのとりすぎは、過剰症になって下痢となるので注意を要します。

ビタミンDが多いものは、レバー、しらす干し、カツオ、イワシ、シイタケなど。

 

以上が「ビタミンB3・C・D欠乏症」についてでした。

少しでも参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。