読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆうの健康ナビ

健康になるための情報を載せて行きます

ビタミンB!成長を促す!

f:id:w-yakyuuboy:20170420113058j:plain

 

ご覧いただきありがとうございます。

前回、ビタミンB群8つのうちの「ビタミンB1・B2・B6」の働きについてのご案内をしましたが、今回はその中の「ビタミンB3・B5・B7・B9・B12」のご案内です。

ビタミンB類は複合体として、分類されているのが特徴です。

それでは、それぞれB群の残り5種類の紹介と、その働きについて見ていきましょう。

 

 

ビタミンB

ビタミンB群の種類-2

ビタミンB3(ナイアシン)

ナイアシンは、脂質や糖質を燃やしてエネルギーを作る働きをします。

また、皮膚や粘膜の健康維持にも貢献しています。

多く含まれる食品は、マグロ、カツオ、タラコ、豚・牛のレバー、卵、大豆、玄米などです。

 

ビタミンB5(パントテン酸)

パントテン酸は、補酵素の構成成分となり代謝に大きく影響します。

また、パントテン酸は抗ストレスに必要なビタミンともいえます。

あらゆる食品に含まれますが、多いのはレバー、鶏肉、豚肉、納豆、タラコ、卵黄など。

 

f:id:w-yakyuuboy:20170420113130j:plain

 

 

ビタミンB7(ビオチン)

レバーに多く含まれていますが、腸内で善玉菌によってもつくられます。

補酵素の作用によって、筋肉痛をやわらげたり、髪の毛や皮膚を健康に保つ効果があります。

また、アトピー性皮膚炎にも有効といわれています。

含まれる食品は、アーモンド、ピーナツ、大豆など。

 

ビタミンB9(葉酸)

葉酸は水溶性のビタミンで、葉野菜やレバーなどに多く含まれています。

細胞の再生、赤血球をつくり貧血予防に必要な栄養素です。

特に妊娠した女性には、胎児の発育を促し、健康に育てるためにも必要な成分です。

含まれる食品は、レバー、枝まめ、納豆、よもぎ、ほうれん草など。

 

ビタミンB12

ビタミンB12は、造血のビタミンともいわれ、赤血球の生成に役立つ成分です。

DNA合成の調節や、酵素の働きを助ける補酵素としての役目を担っています。

欠乏すると悪性貧血の原因にもなるといわれています。

ビタミンB12は動物性食品に含まれていて、特に多いのが魚の卵のイクラ、タラコ、キャビア、カラスミなどです。

他には、マイワシ、サンマ、ニシン、カツオ節などにも含まれています。、

このようにビタミンB群は、それぞれの役割を果たしています。

 

以上が「ビタミンB3・B5・B7・B9・B12」についてでした。

少しでも参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。