健康ナビ

健康になるための情報

ゴボウ!~あせもなどの皮膚疾患に効く!

f:id:w-yakyuuboy:20170417190841j:plain

 

ご覧いただきありがとうございます。

今回は「ゴボウ」のご案内です。

ゴボウはキク科の越年草です。

ゴボウの収穫時期は種類によっても違います。

根は直根で地中に深くのび、頭状花は紫色かときには白色をしており、その管状小花は集まって房状になります。

地上部は気温3℃ぐらいで枯死しますが、直根の耐寒性は強く越冬可能といわれています。

根の主成分はデンプンではなく、イヌリンといわれるもので、ほかの根菜類に比べて栄養価は乏しいですが、線維が多く含まれており、便通にも効果があるといわれています。

 

 

ゴボウの成分

ゴボウに多く含まれているタンニンとサポニンが、最近注目されています。

 

ゴボウの効能

・タンニンといわれるポリフェノールは、抗菌の働きだけでなく、制汗作用や収れん作用があり、あせもなどの皮膚疾患にも効くことで注目されています。

・サポニンという成分には、抗アレルギー作用や抗炎症作用もあり、炎症をしずめたり、花粉症などの症状を軽減する効果も期待できます。

また、毛細血管をひろげることによって、血液の凝固を防ぎ血流をよくする働きもあります。

このタンニンとサポニンのW効果が期待できます。

 

f:id:w-yakyuuboy:20170417190927j:plain

 

 

抗菌消炎作用があるゴボウ湯

汗で汚れがたまった皮膚を手でかくと、そこから細菌が入り、炎症をおこす場合があります。

また、かゆみを伴ったあせも、湿疹などのような場合には、抗菌・消炎作用があるゴボウ湯に浸かると効果があります。

 

ゴボウ湯の方法

浴槽に布袋に刻んだゴボウを入れ、水から沸かして入浴します。

タンニンの制汗作用で、かゆみがなくなってきます。

抗菌成分はゴボウの表面にあるので、洗いすぎないことがポイントです。

 

以上が「ゴボウ」についてでした。

少しでも参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。