読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆうの健康ナビ

健康になるための情報を載せて行きます

ドクダミ!抗菌効果がすごい!

f:id:w-yakyuuboy:20170416103353j:plain

 

ご覧いただきありがとうございます。

今回は「ドクダミの成分・効能・利用法」のご案内です。

ドクダミは漢名ではジュウヤク(十薬・重薬)ともいわれ、ドクダミ科の多年草で、
日本では北海道南部から本州、四国、九州にかけていたるところでよくみかけます。

初夏のころ茎の上部に、白色の花をつけ、地中茎は白く長い根茎をひき、枝分かれして繁殖します。

また、全草に独特な臭気があります。

生葉を用いるかまたは、開花前に根を含めた全草をとり、日干しにし乾燥させて用います。

 

 

ドクダミに含まれる成分

デカノイルアセトアルデヒド、ラウリルアルデヒド、クエルシトリン、カリウム塩などです。

 

ドクダミの効能

中 成分による効能は次のとおりです。

・デカノイルアセトアルデヒド……生ドクダミ臭気成分。解毒作用・抗菌作用。

・ラウリルアルデヒド………………生ドクダミ臭気成分。抗菌作用。

・クエルシトリン……………………利尿作用、動脈硬化予防作用

・カリウム塩…………………………利尿作用

 

f:id:w-yakyuuboy:20170416103416j:plain

 

 

ドクダミの利用法は次のとおりです。

抗菌には生葉を使う

化膿性のはれものには、生葉をもんではる。

虫にさされたときは生葉のもみ汁をぬる。

乾燥すると、どくだみ臭がなくなり、抗菌効果も失われます。

どくだみ臭に抗菌作用があるので、虫さされなどには生葉を用います。

 

ドクダミ風呂(陰干し乾燥葉を使用)

一握りの乾燥葉を、布袋に入れたものを湯船に浮かべます。

・新陳代謝促進作用で、毛細血管が強化され血流がよくなり、肌を改善します。

・アトピー性皮膚炎・皮膚のかぶれ・湿疹、水虫などに、効果があるといわれています。

 

ドクダミ風呂(生のドクダミを使用)

一握りの生葉を、適当な大きさに刻んで、布袋に入れ湯船に浮かべます。

もしくは、水を入れた鍋に生葉を入れて煮詰め、その汁をお風呂に入れる方法もあります。

 

お茶代わりに飲む

利尿作用や炎症をしずめる作用があり、膀胱炎などにも効きます。、

乾燥させた全草を5分ほど煎じて、お茶代わりに飲みます。

 

以上が「ドクダミの成分・効能・利用法」についてでした。

少しでも参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。