読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆうの ” けんこう ” ナビ

健康になるための情報を載せて行きます

あせも!~種類・対処法とは!

f:id:w-yakyuuboy:20170411084312j:plain

 

ご覧いただきありがとうございます。

今回は「あせもの種類・対処法」のご案内です。

あせも(汗疹様湿疹)は、一般に大人よりも子供に多くみられるようです。

これは、大人も子供もエクリン汗腺(汗口)の数は同じですが、子供は、体が小さいためエクリン汗腺の密度が高く、そのうえ新陳代謝も盛んで汗を大量にかくので、汗もたまりやすくなるのでしょう。

 

 

あせもの種類

あせもには、水晶様汗疹(すいしょうようかんしん)と紅色汗疹(こうしょくかんしん)の2つがあります。

 

水晶様汗疹とは

あせもの初期症状のことで、汗が皮膚表面の角質層にたまって、小さな透明の水疱ができ、まだ炎症にいたっていない状態のことです。

この状態で汗を拭くなど、適切な処置をとれば数日で回復します。

 

紅色汗疹とは

角質層より深い層の汗腺が閉ざされ、発症する汗疹で、普通あせもと呼ばれるのは紅色汗疹のほうです。

この紅色汗疹は、かゆみを伴うため、ときには、かきむしってしまいます。

そこから細菌が入って、とびひとなる場合があるので注意が必要です。

 

f:id:w-yakyuuboy:20170411084415j:plain

 

 

あせもの対処法

★水晶様汗疹は、第一に肌を清潔にすることです。

汗をかいたときには、シャワーなどで汗を流して清潔にすれば、数日で治ります。

汗をかいてそのままにしておくと、皮膚炎や急性湿疹などの症状が出る場合もあります。

そうするとそこから菌が入って化膿し、発熱を伴ったり、リンパ腺が腫れることもあるので注意が必要です。

 

★紅色汗疹に対しても、まず肌を清潔に保つことが重要です。

軽症の場合には、市販されている軟膏などがあります。

症状によってかゆみを伴う場合は、かゆみを抑えてくれる抗ヒスタミン剤がありますが、かゆみが強いときや、炎症がひどいときには、

皮膚科の医師の受診をおすすめします。

 

以上が「あせもの種類・対処法」についてでした。

少しでも参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。