読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆうの健康ナビ

健康になるための情報を載せて行きます

あせも!~なぜできるの!

f:id:w-yakyuuboy:20170410103630j:plain

 

ご覧いただきありがとうございます。

今回は「あせもとは」のご案内です。

日本の夏は、蒸し暑くあせもで悩まれる方も少なくありません。

高温多湿の環境の中で、働かなければならない人は、大人でもあせもになりやすいといわれています。

あせもの予防法は、こまめに汗を拭いたり、シャワーを浴びることです。

ほとんどの場合は数日で治りますが、かきむしると菌が感染し、これが悪化するとリンパ腺が腫れたり、発熱することもありますで気がぬけません。

あせもは、食生活や睡眠時間などの、生活習慣を見直すことで予防できるのです。

その予防の近道は、肌の内側から改善することです。

そのためには、毎日食べる物から考える必要があります。

 

 

あせもは、なぜできるの

あせもは医学的には、汗疹(かんしん)といいます。

私たち人間の皮膚には、暑いときには汗を出して体温調節する、約200万個のエクリンという汗腺があります。

ところが汗をかいたままにしておくと、汗腺(汗の出口)が詰まって、炎症が起こりやすくなります。

この症状が、あせもなのです。

あせもができやすい場所は、頭髪の生え際、首筋、脇の下、ひじの内側、ももの内側などです。

 

f:id:w-yakyuuboy:20170413104304j:plain

 

 

あせもが出来てしまったら

皮膚疾患にかかりやすい、肌が弱いタイプの人が、あせもにもなりやすいといわれます。

このような人は、日頃から予防の対策をしておくと、もし、あせもになったとしても、重症化せずにすむことでしょう。

あせもの予防には、その要因となる肌ストレスに関係する、睡眠の質や過労、食生活などの生活環境を見直すことが大切です。

このことから、あせも予防の近道は、肌を内側から元気にすることです。

しかし、あせもが出来てしまったら、何もせず放置しておくわけにもいきません。

ここで大切なことは、できてしまったあせもは、こじらせずに早く治すことです。

そのためには、あせもとはどういうものか、その予防法、対処法など知っておきたいものです。

 

以上が「あせもとは」についてでした。

少しでも参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。