読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆうの健康ナビ

健康になるための情報を載せて行きます

カボチャ!~老化防止に効く!

f:id:w-yakyuuboy:20170408134409j:plain

 

ご覧いただきありがとうございます。

今回は「カボチャ」のご案内です。

カボチャ(南瓜)は、ウリ科に属するつる性の草本で、トウナス(唐茄子)ともいわれているそうです。

カボチャ類の起原は、きわめて古く約2000年前と考えられています。

日本へ渡来した最も古いカボチャは、ニホンカボチャといわれるものです。

1532~54年(天文年間)に、豊後(大分県)にポルトガル船によって渡って来たとのことです。

日本での栽培記録は、1615年ごろからです。

カボチャに属する種類は、ニホンカボチャ、セイヨウカボチャ(ナタウリ)、ポンキンなど、約10種類あるといわれています。

まれに観賞用にされているようです。

 

 

カボチャの成分

カボチャには、ビタミンC、ビタミンE、

βカロテンの3大抗酸化ビタミンがそろって豊富に含まれています。

カボチャは代表的な緑黄色野菜で、ビタミンB、ビタミンCが豊富ですし、しかも、カロテンはホウレン草に匹敵するほど含まれています。

また、種子には亜鉛、マンガンなどが含まれ、無駄になるところがありません。

カボチャ100g中に、カリウムは450mg、ビタミンC43mg、リン43mg、カルシウム15mg、葉酸42μg と含まれ、成分のバランスがきわめて良い野菜です。

 

f:id:w-yakyuuboy:20170408134439j:plain

 

 

カボチャの効能

★3抗酸化ビタミンを含んでいるので、粘膜や皮膚の健康維持に良い影響を与え、
皮膚細胞の老化防止などに有効です。

また、免疫力が高まり風邪などを予防してくれます。

★ビタミンAによって、皮膚や粘膜を健康に保つ効果があります。

★食物繊維の作用で腸環境が整い、便秘が解消して免疫力もアップします。

★カリウムも多く、血圧降下の作用にも有効に働き、動脈硬化予防につながります。

 

以上が「カボチャの成分、効能」についてでした。

カボチャは、煮ても、焼いても、てんぷら、スープなどにしても美味しくいただけます。

また、様々な料理に応用でき、かつ栄養の宝庫ですから積極的に食べたいですね。

少しでも参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。