読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆうの ” けんこう ” ナビ

健康になるための情報を載せて行きます

ゴーヤ!コレステロール値を低下させる!

f:id:w-yakyuuboy:20170406113508j:plain

 

ご覧いただきありがとうございます。

今回は「ゴーヤ」のご案内です。

ゴーヤはウリ科の一年草で、原産地は熱帯アジアです。

苦いのでニガウリともいわれますが、つるれいしともいわれるそうです。

皆さんもご存知のとおり、葉は互生し掌状に裂け、キクの葉に似ていますが、茎は長く伸び、巻きひげがあり周りのものに巻きつきます。

夏から秋にかけて黄色の花をつけ、果実は長楕円形で垂下し、表面にいぼ状の突起が多くあります。

青い果実は食用になります。

また、夏季には窓辺に栽培し、日よけ用グリーンカーテンとしても人気があります。

 

 

ゴーヤの成分

ゴーヤに含まれる主な成分は、ビタミンB1、B2、B6、C、K、ナイアシンなどバランスよく含まれていて素晴らしい夏野菜です。

その他の成分は、カロテン、コロコリン酸、モモデルシン、葉酸、チャランチンなどを含んでいます。

ゴーヤに含まれるビタミンCは豊富で、トマトの5倍ほどです。

このビタミンCは加熱しても壊れにくく、熱に強いのが特徴といわれています。

 

f:id:w-yakyuuboy:20170406113556j:plain

 

 

ゴーヤの効能

★ビタミンCを豊富に含んでいて、肌荒れなどの肌のトラブルに効果的です。

★ビタミンC、Bが抗酸化に有効に働き、皮膚や粘膜を正常にしてくれます。

★コロコリン酸とチャランチンは、植物インスリンともいわれ、血糖値が正常になるように働いてくれます。

★サポニン成分のモモデルシンは、コレステロール値を低下させる働きがあります。

★カロテンも豊富で、ビタミンB1、B2、B6、ナイアシンなどバランスよく含まれていて、活性酸素除去に有効に働いてくれます。

★葉酸 、ビタミンKが造血に有効で、貧血の予防にも期待できます。

 

以上が「ゴーヤ」についてでした。

少しでも参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。