読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆうの健康ナビ

健康になるための情報を載せて行きます

オクラ!~高コレステロールを防ぐ!

f:id:w-yakyuuboy:20170405162607j:plain

 

ご覧いただきありがとうございます。

今回は「オクラ」のご案内です。

オクラの原産は、西インド諸島とアメリカ南部といわれています。

アオイ科の一年生の野菜で、現在では世界各地の温帯地方に栽培されているようです。

大きなとうがらしのような形の、さやの部分を食用にし、さやの部分がやわらかいうちに食べます。

熱湯を通したり、生のままマヨネーズやドレッシングなどをかけて食べますが、ねばねばした舌ざわりが好まれ、サラダやスープの実などに用いられています。

酸化防止の王様といわれるモロヘイヤは、特にお薦めの野菜ですが、オクラも同様の効果が期待できる夏野菜です。

 

 

オクラの成分

オクラ100g中に含まれる主な成分は、カリウム260mg、カルシウム92mg、ビタミンC11mg、ビタミンB10.09mg、食物繊維5.0mg、βカロテン670μgなどです。

その他、ビタミンE、カルシウム、鉄分などを含んでいます。

 

f:id:w-yakyuuboy:20170405162637j:plain

 

 

オクラの効能

オクラは独特の、「ねばねば」が特徴です。

この「ねばねば」は、水溶性食物繊維のガラクタン、ペクチン、アラバンなどで、これらの成分により、

★コレステロールの低下作用や整腸作用、血糖の急激な上昇を抑制するといわれています。

★βカロテンは活性酸素を防ぐ活力になりますので、細胞の活性化が期待できる野菜です。

★カリウムは、ナトリウムを対外に排出しますから血圧にも有効でしょう。

 

以上が「オクラ」についてでした。

酸化防止のエース(ACE)といわれている、ビタミンA、C、Eをたっぷり含んだ野菜を、毎日とりたいものですね。

モロヘイヤ、ゴーヤ、カボチャ、トマトなどもおすすめです。

少しでも参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。