読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆうの健康ナビ

健康になるための情報を載せて行きます

アレルギー体質を軽減する!シソ!

f:id:w-yakyuuboy:20170401133129j:plain

 

ご覧いただきありがとうございます。

今回は「シソの効能」のご案内です。

シソは、シソ科の一年草で、原産地は中国、ミャンマー、ヒマラヤ圏であるが、日本では古くから栽培され利用されています。

エゴマとは同属で、全草に芳香があり食用としています。

シソには、ビタミン類などの成分が豊富に含まれています。

 

 

シソの主な成分

シソには、β-カロテン、カルシウム、ミネラル類、ビタミンC、ルテオリンなどが含まれています。

また、シソの種子から抽出されるシソ油には、α-リノレン酸が多量に含まれています。

 

f:id:w-yakyuuboy:20170401133225j:plain

                                    シソジュース

 

α-リノレン酸の働き

α-リノレン酸は、アレルギーを抑制する効果があり、アレルギー体質の改善を促進する、EPAと言う成分に変化します。

 

α-リノレン酸の効能

悪玉(LDL)コレステロールや中性脂肪が増えると、血液がドロドロになる要因の一つです。

こうなると新陳代謝の悪化を伴い、免疫力が低下し体が疲れやすく、また、病気にもかかりやすくなります。

α-リノレン酸は体内でEPAに変わって、それらの悪玉(LDL)コレステロールや、中性脂肪を減らす効果があり、血液をサラサラにしてくれることが期待できます。
そのことにより、EPAはアレルギーの抑制やアレルギー体質を改善してくれます。

また、シソの種子に含まれているルテオリンには、アトピーや花粉症などのアレルギーゲン(アレルギーの原因となる物質)の働きを抑え、アレルギーの症状を改善する効果があります。

赤しそに含まれる、ロズマリン酸にも同様の効果があると言われています。

 

β-カロテンの効能

皮膚や粘膜を丈夫にし、体の免疫力を高めて、ウイルスから体を守ってくれる、大切な役割を果たしています。

 

ビタミンCの効能

白血球の働きを促して、ウイルスの対抗力を強め、β-カロテンとの相乗効果で免疫力も上がります。

このことによってアレルギー体質が改善され、皮膚の疾患もおこりにくくなります。

 

以上が「しその効能」についてでした。

少しでも参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。