読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆうの ” けんこう ” ナビ

健康になるための情報を載せて行きます

アズキの効能!血液サラサラ!

f:id:w-yakyuuboy:20170330103211j:plain

 

ご覧いただきありがとうございます。

今回は「アズキの効能2」のご案内です。

アズキの原産は東洋で、マメ科に属する一年生草です。

日本には、中国から渡来したのではないかと言われ、かなり古くから栽培されているようです。

神をまつる日にアズキを使用することや、アズキ粥を1月15日に食べる習慣、また、西日本では、旅立ちの日に食べる風習が、あったと聞いたことがあります。

アズキには、タンパク質と炭水化物が多く含まれており、古くから赤飯、あんの材料として広く用いられているのは、皆さんもご存じのとおりです。

アズキで作る干しあんは、北海道の特産物として知られています。

砂糖で煮れば甘納豆のおやつとなりますが、昔はアズキの粉を洗剤としても、用いていたとのことです。

また、アズキは昔から吉事、凶事の日の食物としても用いられています。

 

 

アズキのサポニン

血液をサラサラにして血流を促し、中性脂肪の生成やコレステロール、脂質の過酸化を抑えてくれます。

このことにより免疫力も高まります。

肝臓になんらかの障害があると、皮膚にも症状があらわれると言われています。

また、過酸化脂質が原因でおこる、肝機能障害にもサポニンが有効とのことです。

 

f:id:w-yakyuuboy:20170330103306j:plain

 

 

アズキのポリフェノール

ポリフェノールは、植物に含まれる苦みの成分で、色素のアントシアニン、
タンニンの一種Dカテキンなどで、皮の部分に多量に含まれます。

この含有量は、赤ワインの1.5倍です。

活性酸素の除去する働きや、強い抗酸化作用があります。

 

アズキのミネラル

アズキのミネラルは、鉄とカリウムが多く含まれます。

鉄は貧血の予防になり、カリウムは、血圧を下げる効果や、ナトリウムを体外に排出する働きがあります。

また、カリウムはアズキ100g中に1500mgで、バナナの4倍以上も含まれています。

このカリウムは水に溶けやすいので、煮物から出る汁も一緒にとると有効です。

 

ビタミンB群・サポニン・アントシアニンのトリプル効果

ビタミンB群、サポニン、アントシアニンの強力なトリプル効果で、免疫力が高まり、肌の健康にもおおいに役立つことでしょう。

 

以上が「アズキの効能2」についてでした。

少しでも参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。