読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆうの健康ナビ

健康になるための情報を載せて行きます

アントシアニンの抗菌力は無限の可能性!小豆の表皮!

f:id:w-yakyuuboy:20170329211749j:plain

 

ご覧いただきありがとうございます。

今回は「小豆」のご案内です。

小豆のアントシアニンは、表皮の部分に豊富に含まれています。

小豆を茹でると、灰汁と言う苦い汁が出てきます。

この煮汁には、体に有効なポリフェノールと言われる成分が、多く含まれています。

この灰汁は、少し苦味があるために取り除きたくなりますが、捨てないようにしたいものです。

小豆を薬膳として用いるにためには、味をつけずにそのまま食べることが大切です。

小豆がゆやお赤飯のように食べる方法が、健康に役立つのではないでしょうか。

 

 

小豆の主な成分

小豆に含まれる成分は、小豆の約22%は良質なタンパク質。

食物繊維は、ゴボウの約3倍も含まれています。

ポリフェノールは460mgと赤ワインの1.5倍です。

その他、小豆100g中にカリウムは1500mg、ビタミンB1は0.45mg、

ビタミンB2は0.16mg含まれています。

 

f:id:w-yakyuuboy:20170329211825j:plain

 

 

小豆の効能

ビタミンB1は、糖の代謝を助けてエネルギーを作りだす働きがあり、

ビタミンB2も、脂質と糖質の代謝に欠かせない栄養素の一つです。

また、ビタミンB2、B6は髪の毛や皮膚の成長を促進する役目があるので、不足すると皮膚炎や肌荒れになり易いと言われています。

サポニンは血流改善や活性酸素除去に有効でしょう。

ビタミンB群とサポニンとアントシアニンの、トリプル効果で皮膚に有効に働きます。

皮の部分に多く含まれる成分である、ポリフェノールすなわち、アントシアニン、タンニンの一種であるDカテキンは、強い抗酸化作用があり、老化の原因でもある活性酸素を除いてくれます。

多く含まれるカリウムは、ナトリウムを体外に排出してくれます。

また、鉄分は貧血の予防になります。

ゴボウの3倍ほどの食物繊維が含まれているので、腸内の環境を整えて、善玉菌の活動を促します。

 

以上が「小豆の成分と効能1」についてでした。

少しでも参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。