読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆうの ” けんこう ” ナビ

健康になるための情報を載せて行きます

シミ、ソバカスに効く!~ピーマン!

f:id:w-yakyuuboy:20170327203842j:plain

 

ご覧いただきありがとうございます。

今回は「ピーマン」のご案内です。

ピーマンの語源は、トウガラシのフランス名ピマンから由来したと言われており、とうがらしの一種で、原産地は中南米です。

ピーマンには、多くの有効成分が含まれていますので、次にその成分などをご案内します。

 

 

ピーマンの成分

ピーマンには、ビタミンAとCなどが豊富に含まれ、野菜の中でも栄養価はひじょうに高いと言えます。

ビタミンCの含有量は100g中76mgで、レモンの約2倍。

カロテンは400μg、カリウム190mgです。

ピーマンの色は、葉緑素による独特の緑色で、熟すにしたがって、赤い色素のカプサンチンが増加します。

成熟して赤くなると、ビタミンCは76mg→170mg 、カロテンは400μg→1100μgと増加します。

その他、ビタミンB1、B2、D、P、カロテンなどが含まれ、また、鉄やカルシウムなどのミネラル分も豊富に含まれています。

オレンジ色のピーマンには、普通のピーマンの30倍のビタミンCが含まれており、一日分のビタミンAは1/6個で摂取できます。

なお、プレビタミンCによって、ビタミンCの吸収がよくなります。

 

f:id:w-yakyuuboy:20170327203924j:plain

 

 

ピーマンの効能

ビタミンCが豊富に含まれ、肌の健康、風邪の予防にも有効です。

ビタミンCは、シミ、ソバカスなどメラニン色素の沈着を防ぎ、肌の健康に役立ちます。

また、脂肪の代謝も促進してくれ、動脈硬化や高血圧などにも効果があるので、高血圧の症状の人にはお勧めです。

葉緑素のフラボノイドの抗菌作用とカロテンの成分で、風邪の予防や夏バテにも効果を発揮する野菜です。

また、葉緑素とカロテンの働きで、活性酸素を除去してくれます。

フラボノイドの抗菌力で免疫力が強まり、アレルギーなどの肌トラブルの予防にもなります。

カロテンは、ビタミンAに変換され、免疫賦活作用や抗ガン作用に有効に働きます。

ビタミンPと言う成分は、はっさくや、みかんなどの果皮、薄皮に多く含まれるフラボノイドです。

これは、ビタミンCの吸収を助ける、ビタミン様成分であり、プレビタミンと呼ばれています。

加熱で壊れやすいビタミンCを守ってくれて、毛細血管を丈夫にし、血液のコレステロールも掃除してくれます。

 

以上が「ピーマン」についてでした。

少しでも参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。