読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆうの健康ナビ

健康になるための情報を載せて行きます

美肌効果!柿の葉茶~ビタミンCはレモンの20倍!

f:id:w-yakyuuboy:20170326184234j:plain

 

ご覧いただきありがとうございます。

今回は「柿の葉茶」のご案内です。

柿の葉は、古くから健康茶として用いられてきました。

柿の若葉には、レモンの20倍、ホウレン草の10倍ほどのビタミンCが含まれ、ビタミンCの宝庫とも言われています。

柿の葉寿司に利用したり、これをお茶にして飲みます。

柿の葉茶の特徴は、含まれるプロビタミンCという成分は熱に強く、お茶にしても効果が破壊されることもありません。

これがビタミンCになるので、ビタミンCを豊富にとることができます。

お茶にして飲めば手軽にビタミンCを摂取できますよね。

 

 

柿の葉の成分

柿の葉に含まれる成分は、ビタミンC、渋柿タンニン、ルチン、クエルセチン、ケンフェロール、アストラガリンなどです。

柿の葉のビタミンCは、プレビタミンCなので熱に強いのが特徴的です。

 

f:id:w-yakyuuboy:20170326184435j:plain

 

 

柿の葉の効能

ビタミンCは血管を拡げて血流をよくしますので、美肌効果も期待できます。

また、このビタミンCは、お茶で飲んでも熱に強いため壊れにくいのです。

このためウイルスに対する免疫力が高まり、風邪の治療や風邪予防にも適しています。

渋柿タンニンには、抗菌作用や抗酸化作用があります。

また、アストラガリンは、フラボノイドの一つと言われ、豊富に含まれているので花粉症にも有効です。

ルチンには血圧降下作用があり、動脈硬化の予防効果があります。

クエルセチンは、アレルギー抑制作用があり、炎症も抑えてくれます。

ケンフェロールは、アレルギーの原因となるヒスタミンを抑制するので、花粉症や皮膚のトラブルなどを予防する働きがあります。

特に柿の葉に含まれる、熱に強いと言われるプロビタミンCが魅力で、緑茶の23倍、レモンの2倍もあります。

このプロビタミンCが血流を促進します。

これらのことから、柿の葉茶を飲むんでいると、美肌効果に期待できます。

 

主な成分と作用

・プロビタミンC :高免疫力作用、血管強化作用、血中コレステロール低下作用

・渋柿タンニン  :抗酸化作用、血流促進作用、制汗作用、ビタミンC吸収補助作用

・アストラガリン :血圧降下作用、アレルギー抑制作用、

・ルチン     :血圧降下作用、利尿作用、ビタミンC吸収補助作用

・クエルセチン  :抗炎症作用、抗酸化作用、アレルギー抑制作用

・ケンフェロール :抗ヒスタミン作用 

 

以上が「柿の葉茶」についてでした。

少しでも参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。