健康ナビ

健康になるための情報

肌トラブルを改善!~ゴボウ茶!

f:id:w-yakyuuboy:20170325184048j:plain

 

ご覧いただきありがとうございます。

今回は「ゴボウ茶」のご案内です。

前回もゴボウについてご紹介しましたが、今回はゴボウ茶についてです。

ゴボウには、カリウムも多く含まれており、血圧を下げる効果や老廃物を体外への排出する効果があります。

また、ゴボウに含まれるアルギニンは、成長ホルモンの分泌を促す作用があり、肌を正常な状態に戻そうとする働きがあります。

 

 

ゴボウ茶

ゴボウ茶の効能

ゴボウは、手に入りやすい根菜です。

このゴボウを使ってゴボウ茶をつくって飲みましょう。

ゴボウ茶は、肌トラブルを改善するのに役立つお茶です。

 

ゴボウに含まれるタンニンには、収れん作用や消炎作用があり、緩んだ毛穴を引締める制汗作用の働きがあります。

このタンニンは入浴剤として、また、直接肌につけるなどの利用法も有効ですが、飲んでも食べても同様の効果があります。

 

このほか血液をきれいにしてくれるサポニンも含まれています。

タンニンとサポニンとのW効果によって、肌トラブルを予防をしてくれます。

 

汚れた手で皮膚をかくと、皮膚の傷から細菌が入って、かゆみを伴う炎症が起こります。

 

この場合には、抗菌・消炎作用のあるゴボウ茶を塗りましょう。

かゆみが治まって炎症を静めてくれます。

 

このようにゴボウ茶は、入浴剤としてお風呂に入れても、肌に塗ってもまた、飲んでも有効です。

 

f:id:w-yakyuuboy:20170325184459j:plain

 

 

ゴボウ茶の作り方

①生のゴボウを水洗いし、水をよくきったゴボウをささがきに切る。

②しばらく日干しした後、ざっとフライパンでいる。

③やかんの水に炒ったゴボウを入れ、お好みの濃さに煮出して飲む。

 

以上が「ゴボウ茶」についてでした。

 

肌のトラブルには、その他にも、

桃の葉やドクダミの強力な抗菌作用も利用できそうです。

桃の葉やドクダミの絞り汁を患部に塗ったり、入浴剤として用いる方法です。

桃の葉湯、ドクダミ湯なども炎症を治してくれる有効な処方です。

 

少しでも参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。