健康ナビ

健康になるための情報

胸が痛む時の観察ポイントと手当て!

f:id:w-yakyuuboy:20170126201050j:plain

 

ご覧いただきありがとうございます。

今回は「胸が痛む」のご案内です。

胸の痛み方と言っても色々あります。

原因も心筋梗塞や狭心症によるもの、神経痛によるもの、肺や胸膜によるものなど様々です。

さほど心配いらない痛みから、生命に関わるものまでありますから、痛み方によっては、ただちに医師の診察を受ける必要があります。

また、胸には体の大切な心臓という臓器がありますので、常日頃から胸の痛みには、注意する必要があります。

 

 

胸が痛む

観察のポイント

1.どのような胸の痛みですか

息ができないような痛み、キリキリと刺すような痛み、差し込むような痛み、鈍い痛み、押さえつけられるような痛みなど。

また、その痛みは持続的なものか、断続的に起こるなものか。

 

2.痛みの範囲はどうですか

どこが痛むのか、それは部分的に痛むのか。

それとも上肢、両肩、胸骨下などの広い範囲に痛みがあるのか。

 

f:id:w-yakyuuboy:20170126201237j:plain

 

 

3.痛みはどんなときに起きますか

運動時、呼吸時、咳をしたとき、食後になど。

 

4.背中に痛みはありますか

もしあれば、それはどのような痛み方か、どのようなときに痛むのか、じっとしていても痛むのかなど。

 

5.ほかにどのような症状がありますか

せき、吐きけ、呼吸困難、発熱、そのほか部位の痛みなど。

 

 

胸の手当て

1.体位を工夫して呼吸を楽にする

 胸が痛むため呼吸が思い通りにできず、呼吸が困難になる場合があります。

この場合は、机などにうつ伏せになったり、上半身を少し高くして休むと呼吸が楽になります。

衣類は、胸を締めつけるようなものは避けます。

また、休養の場合にはなるべく、

軽くて保温のよい毛布などを用います。

 

2.保温を心掛ける

あんかや湯たんぽなどを入れて、保温に努めます。

 

以上が「胸が痛む」についてでした。

観察のポイントを押さえ異変を早期発見し、

迅速な手当てを行いましょう。

少しでも参考になれば幸いです。

最後までご覧いただきありがとうございました。