読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆうの健康ナビ

健康になるための情報を載せて行きます

腰痛とは?観察のポイントはこれ!

病気療法 腰痛

f:id:w-yakyuuboy:20170123210510j:plain

 

ご覧いただきありがとうございます。

今回は「腰痛」のご案内です。

人間は、二本足で立ち歩くだけでなく、重たい荷物などを持つことも少なくありません。

そこでどうしても腰に負担がかかり、腰痛を訴える人は多いようです。

それほど多い症状と言えます。

痛み方もいろいろあるようです。

安静にしていても治らないようなときには、医師に相談し手当てしてもらいましょう。

 

 

腰痛

整形外科的腰痛と内科的腰痛

体を二本の足で支えていると言うことは、仙椎と腰椎に大きな負担が、常にかかっていると言うことです。

この負担がもとで、椎間板ヘルニアや変形性脊椎症、脊椎分離すべり症などと言った症状が起こりやすくなります。

このような関節や骨そのもに不具合が生じて起こる腰痛を、整形外科的な腰痛と言っています。

腰痛のほとんどは、この整形外科的なものですが、このほか、肝臓病、膵臓病、胃腸病やガンなど内科的な病気によっても腰痛は起こります。

インフルエンザや風邪の場合にも、腰痛が起こると言うことはよくあります。

一般に腰痛が起きたときには、まず整形外科の診察を受けて、そこで原因が見当たらないときは、内科や産婦人科などへまわります。

いずれの場合も、腰痛は一症状であって、腰痛の原因となる病気はさまざまです。

 

f:id:w-yakyuuboy:20170123210553j:plain

 

 

観察のポイント

1.痛み始めたのはいつからですか

 

2.痛むようになった、こころあたりはありますか

重いものを持ち上げようとした、ものを持ち上げるとき転んだ、腰を打った、腰を曲げたりひねったりした、急に体位を変えようとしたなど、

そのほか要因として、精神的要因か物理的要因か、こころあたりはあるかなど。

 

3.どこにどのような痛みがありますか

背中か下腹部か、下肢、臀部(でんぶ)など、腰のほかにも、しびれ、痛みはあるかどうか、あればどのような痛みか。

 

以上が「腰痛」についてでした。

少しでも参考になれば幸いです。

最後までご覧いただきありがとうございました。