健康ナビ

健康になるための情報

「眠れない」これで解消!~気を付けたいこととは!

f:id:w-yakyuuboy:20170102121146j:plain

 

ご覧いただきありがとうございます。

今回は前回に引き続き「眠れない-2」のご案内です。

不眠の際は朝の目覚めもスッキリせず、疲れも取れず気分も憂うつになりますね。

そこで梅肉エキスやアオジソが、不眠症にはよく効くそうです。

その梅肉エキスとアオジソの利用法を次にご案内します。

 

梅肉エキス

ウメは、強度のアルカリ性食品であり、体液が酸性になるのを防ぐとともに、ウメに含まれる豊富なマンガンやクエン酸が、精神の緊張を解きほぐしてくれます。

梅肉エキス2~3gをそのまま舐めるか、ハチミツを適当に加え、湯で薄めて飲んでみてください。

頑なな不眠症が解消されます。

 

アオジソ茶とアオジソ酒

花の最盛期である8~9月ごろに葉をつみ、水で洗い陰干しにして乾燥させます。

この乾燥葉を手でもみ小さく砕いたもの、0.5~1gを茶こしに入れ、熱湯を注ぎ温かいうちに、就寝前に服用します。

または、日本酒おちょうし1本分を小なべに入れ、アオジソの乾燥葉0.5~1gを入れて、、弱火で加熱したら濾して就寝前に飲みます。

アルコールと相乗効果があり不眠症に効きます。

 

 

眠れない-2

眠れないときは

①眠るために最も大切なことは、心身共に安らかな状態になることです。

今日のストレスは、その日のうちに解消しましょう。

 

②食べ過ぎで胃腸がもたれる場合も、空腹すぎる場合や食べ過ぎた場合も、眠りの妨げとなります。

23時過ぎに食事をとるのは控えましょう。

また空腹すぎて寝つけない場合には、温かいミルクを飲むのもよいでしょう。

 

f:id:w-yakyuuboy:20170102121304j:plain

 

 

③お酒をほろ酔い気分になる一歩手前くらいの量を、就寝30分くらい前に、飲むのがよいでしょう。

 

④就寝前の30分~60分くらいの間に、ぬるめの風呂にゆったりと浸かることも有効です。

 

⑤一日や二日眠らなくても死ぬことはない、というくらいのゆっくりした気持ちで構えることです。

眠れないからといって、眠ろうと焦るのは、かえって逆効果となります。

しかし、1週間も2週間も不眠が続く場合には、

うつ病も考えられるので、直ちに精神神経科か心療内科の医師に相談しましょう。

 

以上が「眠れない」についてでした。

少しでも参考になれば幸いです。

最後までご覧いただきありがとうございました。