読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆうの ” けんこう ” ナビ

健康になるための情報を載せて行きます

胃・十二指腸~手遅れになる前に検査で早期発見!元気を取り戻す!

ご覧いただきありがとうございます。

今回は前回に引き続き「胃・十二指腸潰瘍の食事-2」についてのご案内です。

皆さんもご存じのとおり、腸は、脊つい動物の消化管のうち、胃を出てから肛門までの間の消化管を言い、一般に小腸と大腸の2部に分かれます。

人の小腸はさらに十二指腸、空腸、回腸の3部に分かれ、大腸は盲腸、結腸、直腸の3部からなります。

人の腸の長さは身長の約5倍(約8m)と言われています。

また、脊つい動物の中でも草食動物の腸は、肉食動物の腸よりも長くて、盲腸もよく発達しているそうです。

 

 

胃・十二指腸潰瘍の食事-2

f:id:w-yakyuuboy:20161127200532j:plain

 

 

胃・十二指腸潰瘍を治すために

気になるときはX線・内視鏡の検査をしましょう

診断を行う場合は、自覚症状だけでは確実な診断はできません。

自覚症状がない場合でも、胃ガンやその他の病気が潜んでいる場合があるので、気になるときは医師の診断を受け、X線または内視鏡の検査を受けましょう。

検査の結果、潰瘍にかかっていることが分かった場合には、治療に専念しましょう。

 

 

f:id:w-yakyuuboy:20161127201010j:plain

 

 

胃・十二指腸潰瘍の治療の要点は

1.肉体的ストレスや精神的ストレスを避けるか解消する。

これらの社会的ストレスを解消し、精神を安静にするためにはスポーツも良いことですが、肉体的にも安静が必要ですから入院することも一つの方法です。

2.薬は胃酸分泌抑制剤、制酸剤であり、薬で胃酸を中和することにより、胃液の侵食力を弱めて胃粘膜の修復を促進します。

また、組織を修復させる薬を主に、精神安定剤を複合して使用されます。

胃酸分泌の多い、少ない、および潰瘍の場所にもよっても服用方法が異なるので、使用方法は医師に従うことが大切です。

3.食事による過度の刺激(辛すぎ、熱すぎなど)を避ける。

栄養は十分にとって、胃・十二指腸粘膜を強めます。

潰瘍にとって食事療法は重要なポイントですから、原則として栄養を十分にとって、全身を健康に保ち、胃・十二指腸粘膜の修復や再生を促すことが大切です。

また、食品の食べ方や選び方は十分に気を付けます。

 

 

以上が「胃・十二指腸潰瘍の食事-2」についてでした。

胃・十二指腸潰瘍の予防や治療に少しでも参考になれば幸いです。

次回は「胃・十二指腸潰瘍の食事-3」についてご案内する予定です。