健康ナビ

健康になるための情報

高血圧の食事!~塩分のとり過ぎが怖い!最大の原因は?

ご覧いただきありがとうございます。

 

今回は、「高血圧の食事」についてご案内をします。

 

血圧とは血液が血管壁に与える側圧力のことで、血管の場所によっても血圧の高さが違うようです。

 

一般に血圧といえば動脈血圧を意味しており、血管の種類には、大動脈中等大動脈小動脈細動脈毛細管小静脈大静脈中等大静脈小静脈があって、それぞれの血管部にそれぞれの血圧があります。

 

血圧が最も高いのは、左心室を出た大動脈の血圧で、次に記す順序でしだいに低くなっています。

 

例えば20歳代の男子では、

大動脈血圧は130~140mmHg、

上腕動脈では120mmHg、

指側動脈(指の両側脈)では90mmHg、

細動脈では20~45mmHg(器官で異なる)、

毛細管では20mmHg内外、

静脈では肘(ひじ)静脈で3~7.7mmHg、

さらに大静脈では0に近づく。

 

以上が全身の血圧です。

 

 

高血圧

f:id:w-yakyuuboy:20161111192438j:plain

 

 

高血圧の食事1

高血圧の原因のもとは食事と言われています。

 

薬をきちんと毎日飲んでいても、食事を見直さなければ、決して高血圧は治りません。

 

今までの食事を見直すためには、食塩の摂取量を減らすことが大切です。

 

太り過ぎの人は体重を減らすことが重要です。

 

また、塩分を抑えたバランスの良い食事をとるようにしましょう。

 

食事で血圧を下げて、健康に過ごしましょう。

 

 

高血圧症を治すために

高血圧とは

上の血圧(収縮期血圧)で140mmHg、下の血圧(拡張期血圧)で90mmHg以上が高血圧と定義しています。(日本高血圧学会では)

 

高血圧患者の9割は、これと言った原因が分からず血圧が高いことから、これを本態性高血圧と呼んでいます。

 

ここではこの本態性高血圧を対象に取り上げます。

 

 

f:id:w-yakyuuboy:20161111192541j:plain

 

 

高血圧の一番の原因は塩分のとり過ぎ

高血圧の原因の一つとして塩分のとり過ぎがあります。

 

高血圧になり易い体質は遺伝するとも言われていますが、しかし、高血圧の発生率と塩分の摂取量は比例しているのです。

 

塩分のほかにもタバコの吸い過ぎストレス疲労寒冷なども高血圧の原因となっているようです。

 

肥満ぎみも問題があります。

 

肥満ぎみの人は下の血圧(拡張期血圧)が上がり易い傾向にあります。

 

しかし、痩せるために食事エネルギーは減らしても、栄養源としての必要量はバランス良くとることが必要です。

 

 

以上が「高血圧の食事1」についてでした。

 

次回も「高血圧の食事」についてご案内する予定です。

 

ご覧いただけたら幸いです。