読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆうの健康ナビ

健康になるための情報を載せて行きます

動脈硬化!コレステロール~20代からはじまっているかも?

ご覧いただきありがとうございます。

 

今回も引き続き「コレステロールと動脈硬化を防ぐ食事」についてご案内します。

 

動脈硬化は自分には関係ないと思っている方がいらっしゃるかも知れませんが、早い人で20代から始まる人も少なくありません。

 

健康診断で検査すれば分かると思いますが、動脈硬化は自覚症状が無いため、自分では気づきにくい症状です。

 

血管が詰まってからでは遅すぎます。

 

日常から食事の内容には気を付けましょう。

 

また、これを機会に食事のとりかたを見直したいですね。

 

 

いつまでも若く美しくあるために

コレステロールと動脈硬化を防ぐ食事

f:id:w-yakyuuboy:20161107202451j:plain

 

 

動脈硬化とコレステロール

予防には日常の食事が大切

若いうちは動脈硬化が起こっても自分では気がつかないことも多く、20代の人でもアテローム変性粥腫[じゅくしゅ]型)の動脈硬化は少なくありません。

 

通常の場合、動脈硬化脳動脈硬化に比べ10年ほど早く、40才の頃から、ゆっくりと始まってきます。

 

しかし、動脈硬化は病気とは言えず、あくまでも病気の原因となる一つの現象です。

 

注射や薬などの対症療法があるわけでもなく、最もよい予防と治療法としては、日常生活および日々の食事が重要なポイントとなります。

 

コレステロール値が高い人は薬によって治療が行われますが、薬は医師の指示に従って飲むことが大切で、勝手なことはできません。

 

また、この症状は生活や食事を見直して、正しい食生活をしなければ改善は期待できません。

 

 

動脈硬化を促進する太りすぎ、高血圧糖尿病心臓病

f:id:w-yakyuuboy:20161107202621j:plain

 

 

健康な血管を保ちいつまでも動脈を若く保つためには、食事のコントロールが重要で、特に太っている人は、食事を見直して減量することが大事です。

 

そのためには減食はしても、食事内容は落とさずにバランスのよいものをとり、痩せることが大切です。

 

また、血管にとって高血圧は危険な要因でもあります。

 

よって血圧を正常に保つことも重要になります。

 

血液を綺麗にして中性脂肪コレステロールを高めないことです。

 

痛風糖尿病も代謝の異常のあらわれであり、動脈硬化を促進する原因にもなります。

 

そのほか、ひどいストレス喫煙なども、動脈硬化促進の因子となるので注意が必要です。

 

以上のように動脈硬化はすべての成人に関連があります。

 

成人病と併行して、動脈硬化症の改善および悪化の経過をたどりやすくなります。

 

高血圧心臓病食事療法も参考にして、健康を維持したいものです。

 

 

以上が「コレステロールと動脈硬化」についてのご案内でした。

 

動脈硬化の予防と治療に少しでも参考になれば幸いです。