ゆうの ” けんこう ” ナビ

健康になるための情報を載せて行きます

糖尿病!~ほっておくと大変なことに!手遅れになる前に!

ご覧いただきありがとうございます。

 

前回に引き続き今回も糖尿病に関する食事についてのご案内です。

 

日本における糖尿病の総患者数316万6千人と前回ご紹介しました。

患者数は前回の調査(有病数は5年に1回推計)の5年前に比べて、男性が約30万人、女性で約20万人、合計50万人の増加となっています。

【厚生労働省「平成26年患者調査の概況 」】・・から引用

 

 

 

平成27年1年間の死因別死亡総数のうち、糖尿病による死亡数は1万3, 327人でした。

これを性別にみると、男性は7,125人、女性は6,202人でした。

【厚生労働省「平成27年 人口動態統計(確定数)の概況」】・・から引用

 

 

 

以上のように、糖尿病の患者数は年々増加傾向にあるようです。

 

これからも多くの方が糖尿病になる可能性があります。

 

よって、糖尿病に関する知識を身に付けられて、その予防や治療するうえで参考になれば幸いです。

 


糖尿病の食事

f:id:w-yakyuuboy:20161028193122j:plain

 

 

糖尿病の食事方針

自分に合ったエネルギー量を

人の体にはそれぞれのサイズがあるように、食事の量もその人それぞれに適した量があるのです。

 

自分の体格や運動量に適したエネルギーをとればよく、そのエネルギーの摂取量が不足すると痩せるし、取りすぎると太ります。

 

いずれも健康にとって良いとは言えません。

 

特に糖尿病の人はエネルギーのとり過ぎが原因で、病気を悪化させることになりかねません。

 

糖尿病の人はインスリンというホルモンの作用が減少し、インスリンの働きが弱まっています。

 

そのホルモンの作用が減少すると、体が疲れ易くなります。

 

その原因は、エネルギーの源である糖が利用されにくくなるためです。

 

何をするにしても「面倒くさい」と思う状態です。

 

また、利用されなかった糖は血液中に溜って、血糖値を上げます

 

そのことにより、尿にも糖が出てくるわけです。

 

したがって、それらの糖を体外へ排出するためにも尿量が増えます、それにより、水分が必要となりのどが渇くという現象が起こる訳です。

 

糖が利用されにくくなるだけではなく、タンパク質脂質の代謝も悪くなり、体の筋肉のタンパク質皮下脂肪が分解され、体重が減少してきます。

 

糖尿病の症状である体重の減少のどの渇きなどはこのような理由から起こる訳です。

 

さらに、血液の検査をしてみるとのほか、コレステロール中性脂肪なども増加しています。

 

このような血液の悪化は、動脈硬化を促進させ、心臓や腎臓の血管および、目の網膜などの血管にも障害を起こす原因になるのです。

 

また、これらの合併症は悪化すると、時には失明や、脳梗塞心筋梗塞などの重い病気にかかり易くなるのです。

 

食事は、自分のインスリン作用に見合った、一日のエネルギー量を守り食事をとれば、合併症になる心配もなく、長寿は約束できるでしょう

 

 

f:id:w-yakyuuboy:20161028193545j:plain

 

 

特に体重が標準値を超えている人は、エネルギーの摂取量を減らし、体重を標準値に近づけることで症状は軽くなります

 

 

以上が「糖尿病の食事」についてのご案内でした。

 

次回も、引き続いて糖尿病の食事についてご案内する予定です。

 

ぜひ、ご覧下さい。