読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆうの ” けんこう ” ナビ

健康になるための情報を載せて行きます

イカリソウ(淫羊藿)の花言葉と効能・効果

今回もご覧いただきありがとうございます。

 

これまでは、数回に分け疲労回復についてご案内しましたが、

 

今回はイカリソウと言う植物についてのご案内です。

 

植物にはそれぞれ色々な花言葉効能効果などがありますね。

 

興味のある方は、過去の記事に他の植物についてのご案内をしていますので、ご覧いただけたら嬉しいです。

 

イカリソウの名は、花が錨(いかり)に似ていることから付きました。

 

生薬名は淫羊藿いんようかく)と言います。

 

名前から連想されるように、強精作用があるとして愛用されています。

 

元気を出したい人はぜひ活用してはいかがでしょうか?

 

煎剤またはお酒に入れて用います。

 

中国でも生薬とされホザキノイカリソウと呼ばれています。

 

花言葉は君を離さない」「人生の出発」「あなたをつかまえる」「あなたを捕らえるです。

 

 

イカリソウ

f:id:w-yakyuuboy:20161007153411j:plain

 

 

イカリソウとは

早春に花茎の頂に、数個の紅紫色でいかり状の花を咲かせる、メギ科の多年草です。

 

日本列島の東北地方以南で太平洋側の山林、山地、丘陵などの林下の隠地に自生し、花茎の高さは約30cmです。

 

根生葉は2回3出の複葉で、小葉はゆがんだ卵形で、長い柄があり、縁には剃毛のきょ歯があります。

 

4月~5月頃に、総状花序に径約3cmの花をつけます。

 

普通は紅紫色ですが白花もあります。

 

白花の花弁は丸く4片で、長い距があります。

 

距は長さ約2cmになり、前方に弓形に曲がります。

 

葉を乾かしたものは淫羊藿(いんようかく)と言い強壮強精薬に用いられ、お酒に漬けて強壮薬とし、少量ずつ飲用します。

 

花が可愛いので、鉢植えや庭に植えて鑑賞されます。

 

類似の種に、バイカイカリソウホザキイカリソウなどがあります。

 

 

f:id:w-yakyuuboy:20161007153501j:plain

 

 

主成分

イカリイン

 

 

効能

効能1

茎葉から抽出された成分は、強壮強精作用があり、

動物の精液を増量させる効果があることが実証されています。

 

利用法1

広口瓶に入れたホワイトリカー1.8リットルに、細かく刻んだ生のイカリソウ80g
とグラニュー糖30gを入れ密封し寝かせます。

その後2~4ヵ月経ってから絞ります。

1回に2回服用します。

 

利用法2

日干しや陰干しで乾燥させたイカリソウの茎と葉5~10gを、水600mlで半分の量になるまで煎じて濾(こ)したものを、1日3回に分けて飲む方法もあります。

 

 

f:id:w-yakyuuboy:20161007153818j:plain

 

 

採集

夏に茎葉を刈り取ります。

 

 

保存法

日干しや陰干しにして、よく乾燥させます。

 

 

以上が「イカリソウ(淫羊藿)の花言葉と効能・効果」でした。

 

これらを飲んで元気になりましょう。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。