健康ナビ

健康になるための情報

疲労回復!特効!二日酔い・だるさ・むくみに~その身近な食物とは?

今回もご覧いただきありがとうございます。

 

今回は、私たちの身近にある穀物の効果・効能のご紹介です。

 

身近な食物に効果があるのは、嬉しいことだと思いませんか?

 

それは何の食物だと思いますか?

 

 

 

それは小豆です。

 

小豆と言えば、おはぎやお汁こなどが思い浮かびますが、

 

そのような食べ方ではなく違った食べ方をします。

 

みなさんはあまり馴染みのない食べ方かも知れませんが、凄く簡単な方法がありますので、次にその方法をご案内します。

 


疲れだるさ二日酔いむくみに効く小豆がゆ

f:id:w-yakyuuboy:20161006184420j:plain

 

 

アズキには、食べ物の毒を消し、食中毒食あたりを防止する作用があります。

 

また、アズキはアルコールの毒素も除去してくれて、利尿作用の働きで尿の出をよくしますから、悪酔い二日酔いの解消にも効果があります。

 

アズキの効能については、古い文献にも記載があります。

 

その文献である『本朝食艦』によれば、「赤小豆は尿の出をよくし、腫れをひき、いっさいの熱毒風腫瘍腫をとりさり、母乳の出をよくし、魚毒を除く」と記載されています。

 

また、貝原益一軒の『大和本草』や、

 

寺島良案の『和漢三才図会』には、小豆は「小便を利し腫をけす」とあります。

 

そのほか、かっけにも効果があるとされて、昔はかっけの患者にアズキと米ぬかを食べさせて、かっけを治療したと言われています。

 

●薬効のためには味をつけない小豆がゆを

f:id:w-yakyuuboy:20161006185226j:plain

 

 

このような小豆の薬効は、小豆に含まれるどの成分が有効なのか詳しくは分かっていませんが、サポニンカルシウムカリウム脂肪たんぱく質ビタミンB1B2鉄分など多くの成分が含まれており、それらすべての成分の総合作用で、多様な薬効をあらわすものと考えられます。

 

不思議なことは、小豆の効果効能を期待して用いるときには、小豆は味をつけずに用いなければならないことです。

 

味をつけると効果がでない、とはどうしてなのか疑問です。

 

おはぎやお汁このように、甘くして食べたのでは効果がなくなるのです。

 

そのようなことから、私のおすすめの小豆がゆも、塩などいっさい入れず水だけで煮たものです。

 

なべに適量の水を入れた中に、大サジに2~3杯の小豆を入れ、コトコトとゆっくり煮ます。

 

小豆がやわらかくよく煮えたら、小豆、汁とともに食べます。

 

この小豆がゆを食べると、ひどい二日酔いの時でも回復を早め、気持ちもスッキリします。

 

また、利尿作用が顕著で尿の出もよくなりますので、かっけ腎臓病むくみのある人にもぜひおすすめしたい小豆がゆです。

 

毎日つづけて食べていると効果が出てきます。

 

f:id:w-yakyuuboy:20161006190524j:plain

 

 

以上が「疲労回復!特効!二日酔い・だるさ・むくみに~その身近な食物とは?」についてのご案内でした。

簡単な方法でしたね。

ぜひ、試してみて下さいね。