読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆうの健康ナビ

健康になるための情報を載せて行きます

疲労回復!お腹の中をキレイに~どうすればいいの?

疲労回復 食物の効果・効能

今回もご覧いただきありがとうございます。

 

前回に引き続いて、食事飲み物 ドリンク)により、効果を得る方法です。

 

今回はあるエキスを飲用することにより、体に溜まる不要な老廃物を体外へ排出し、体の中から疲労を回復させ、脳神経の疲れをとり体を健康に保つ方法です。

 

ここで、そのあるエキスのつくり方や、飲み方とその効果効能をご紹介します。

 

脳はスッキリ体は健康いきいきと、うけあいです。

 

ぜひ最後までご覧になり、お試しになってはいかがでしょう。

 

 

脳の疲れをとる、ゴボウとダイコンのエキス

f:id:w-yakyuuboy:20161005162441j:plain

 

 

私たちが日常、飲食した食べ物による老廃物は、体内にガスを発生させます。


このガスがたまってくると、神経が疲れ頭痛イライラ頭重をはじめ、背中や腰の痛み肩こりなどの症状があらわれてきます。

 

このように体内にガスがたまった状態は、一種の自家中毒のような状態で、これは、成人病ガンゼンソクリウマチなどの原因にもなります。

 

ぜひ、おなかの中を大掃除しましょう。

 

その方法としておすすめしたいのが、ゴボウダイコンエキスを飲む方法があります。

 

これは消化器系だけでなく血流がスムーズに、新陳代謝が活発になり、脳神経の疲れも同時に解消されます。

 

f:id:w-yakyuuboy:20161005162133j:plain

 

 

●ゴボウとダイコンのエキスの作り方

【材料】

新鮮なゴボウ、200g(体重10kgにつき)

ダイコンのおろし汁、400ml(体重10kgにつき)

シソ入り梅干し1個(体重10kgにつき)

これらが体重10kgについての一日の分量です。

 

【作り方】 

①ゴボウとダイコンはきれいに洗い、ゴボウは皮つきのまま斜め薄切りにします。

 

ダイコンも皮つきのままジューサーにかけ、汁をとります。

 

②なべに、ゴボウとダイコンのおろし汁に梅干しを入れて火にかけます。

 

沸騰したらなべに蓋をして、弱火で2時間ほど煮立て、その汁を布きんでこし、エキスをとります。

 

途中で浮き上がって出てきたアクはとらず、エキスをとったあとの残ったゴボウとともに食べます。

 


●空腹にしてエキスを飲用(一日絶食)

でき上がったエキスの量は、大ボール(直径約30cm)に一杯になります。

 

エキスを飲む日は絶食します。

 

前日に作っておいたエキスを、当日はいつでも好きな時間に、好きなだけ飲めばよいのですが、就寝の3時間半前までには飲み終わるようにします。

 

このエキスを飲んで30分ぐらい経つと、お腹がゴロゴロ鳴りだし、続いて景気よくおならが連続的に出てきますが、我慢してはいけません。

 

体に悪いガスを体外に放出するために、おならが連続的に出てこそ効果があり、そのことによってお腹の中が大掃除されるわけですから、外に出かける予定のない週末などを利用して、実行されてはいかがでしょう。

 

f:id:w-yakyuuboy:20161005163041j:plain

 

 

以上が「疲労回復!~お腹の中をキレイに」についてのご案内でした。

ぜひ、これらの方法を生活に取り入れられて、

大切な自分自身の身体の健康維持に、努められてはいかがでしょう。

最後までご覧いただきありがとうございました。