健康ナビ

健康になるための情報

病気療法

ドクダミ!抗菌効果がすごい!

ご覧いただきありがとうございます。 今回は「ドクダミの成分・効能・利用法」のご案内です。 ドクダミは漢名ではジュウヤク(十薬・重薬)ともいわれ、ドクダミ科の多年草で、日本では北海道南部から本州、四国、九州にかけていたるところでよくみかけます…

モモの葉!皮膚トラブルに効く!

ご覧いただきありがとうございます。 今回は「モモの葉」のご案内です。 日本で栽培されているモモは、古くから改良が加えられ、江戸時代には200種類以上のモモが、栽培されていたといわれています。 その主な目的は、花を観賞するためのもので、果実として…

ミョウバン!あせも、ニキビに効く!

ご覧いただきありがとうございます。 今回は「ミョウバン」のご案内です。 ミョウバンとは、硫化塩とも呼ばれる、アンモニウムやカリウムなどの金属が結晶化したものです。 ミョウバンは、主にぬか漬けの色落ち防止や、草木染めの媒染液に用いられてきました…

炎症を治す!~食べ物&スキンケア!

ご覧いただきありがとうございます。 今回は「あせもを治す食べ物&スキンケア」のご案内です。 脂肪酸は発疹などのアレルギー性の症状に有効です。 この脂肪酸を多く含む食品には、サバ、ニシン、サケなどや植物性の亜麻仁(あまに)油、濃緑色野菜、葉菜、…

あせも!~基本的な予防法&食べもの!

ご覧いただきありがとうございます。 今回は「あせもの予防法と食べもの」のご案内です。 あせもは、皮膚の表面にある汗腺(汗口)が角質などでふさがれ、汗が皮膚層や角質層にたまってできるのは、皆さんもご存知のとおりです。 日本の夏は、湿度が高く暑い…

あせも!~種類・対処法とは!

ご覧いただきありがとうございます。 今回は「あせもの種類・対処法」のご案内です。 あせも(汗疹様湿疹)は、一般に大人よりも子供に多くみられるようです。 これは、大人も子供もエクリン汗腺(汗口)の数は同じですが、子供は、体が小さいためエクリン汗…

あせも!~なぜできるの!

ご覧いただきありがとうございます。 今回は「あせもとは」のご案内です。 日本の夏は、蒸し暑くあせもで悩まれる方も少なくありません。 高温多湿の環境の中で、働かなければならない人は、大人でもあせもになりやすいといわれています。 あせもの予防法は…

キュウリ!肌にミネラル分を補給!

ご覧いただきありがとうございます。 今回は「キュウリ」のご案内です。 キュウリは、ウリ科に属した一年生の草本で、雌雄異花が原則の雌雄同株です。 原産地は、インド北西のヒマラヤ山系地帯で、西アジアの地域では、3000年以上も前から栽培されており、日…

カボチャ!~老化防止に効く!

ご覧いただきありがとうございます。 今回は「カボチャ」のご案内です。 カボチャ(南瓜)は、ウリ科に属するつる性の草本で、トウナス(唐茄子)ともいわれているそうです。 カボチャ類の起原は、きわめて古く約2000年前と考えられています。 日本へ渡来し…

トマト!細胞の老化を防ぐ!

ご覧いただきありがとうございます。 今回は「トマト」のご案内です。 トマトの原産地は南アメリカ熱帯地方のアンデス山脈高原地帯といわれています。 トマトはナス科ナス属で、その種類は数百~数千種類あるのではないかとも。 熱帯地では多年生であるが、…

ゴーヤ!コレステロール値を低下させる!

ご覧いただきありがとうございます。 今回は「ゴーヤ」のご案内です。 ゴーヤはウリ科の一年草で、原産地は熱帯アジアです。 苦いのでニガウリともいわれますが、つるれいしともいわれるそうです。 皆さんもご存知のとおり、葉は互生し掌状に裂け、キクの葉…

オクラ!~高コレステロールを防ぐ!

ご覧いただきありがとうございます。 今回は「オクラ」のご案内です。 オクラの原産は、西インド諸島とアメリカ南部といわれています。 アオイ科の一年生の野菜で、現在では世界各地の温帯地方に栽培されているようです。 大きなとうがらしのような形の、さ…

モロヘイヤ!~健康促進の王者!

ご覧いただきありがとうございます。 今回は「モロヘイヤ」のご案内です。 モロヘイヤの原産地はエジプトで、日本には30年ほど前に紹介されてきたといわれ、比較的新しい野菜です。 ホウレンソウと比べてカルシウムは約5倍、ビタミンAが約2倍、ビタミンB…

あせもに効く!最近、フラボノイドが注目されている!!

ご覧いただきありがとうございます。 今回は「フラボノイド」のご案内です。 皮膚は免疫力と密接な関係にあります。 免疫力が低下していると、外界と常に接している皮膚は、その影響をもろに受けます。 この結果、皮膚のトラブルも起こりやすくなります。 皮…

ゴボウ!~肌のトラブルに効く!

ご覧いただきありがとうございます。 今回は「ゴボウ」のご案内です。 ゴボウの原産地は中国、ヨーロッパ、シベリアなどといわれています。 日本ではゴボウは、かなり古く渡来し現在まで、日本特有の作物として栽培されています。 また、平安朝時代から根菜…

アレルギー体質を軽減する!シソ!

ご覧いただきありがとうございます。 今回は「シソの効能」のご案内です。 シソは、シソ科の一年草で、原産地は中国、ミャンマー、ヒマラヤ圏であるが、日本では古くから栽培され利用されています。 エゴマとは同属で、全草に芳香があり食用としています。 …

あせもに効く!~うめ!

ご覧いただきありがとうございます。 今回は「あせもに効く梅」のご案内です。 梅はバラ科サクラ属の落葉高木で、原産地は中国の四川・湖北省といわれていますが、台湾や日本の南部にも、自生していたとの説もあります。 中国では日本より古い歴史をもつとい…

アズキの効能!血液サラサラ!

ご覧いただきありがとうございます。 今回は「アズキの効能2」のご案内です。 アズキの原産は東洋で、マメ科に属する一年生草です。 日本には、中国から渡来したのではないかといわれ、かなり古くから栽培されているようです。 神をまつる日にアズキを使用…

アントシアニンの抗菌力は無限の可能性!小豆の表皮!

ご覧いただきありがとうございます。 今回は「小豆」のご案内です。 小豆のアントシアニンは、表皮の部分に豊富に含まれています。 小豆を茹でると、灰汁という苦い汁が出てきます。 この煮汁には、体に有効なポリフェノールといわれる成分が、多く含まれて…

アレルギー症状に効く!オメガ3系脂肪酸&αリノレン酸!

ご覧いただきありがとうございます。 今回は「オメガ3系脂肪酸とαリノレン酸」のご案内です。 オメガ3系脂肪酸とオメガ6系脂肪酸は、必須アミノ酸であり、人の生命維持にとって必要なものです。これは、体内では作れない必須脂肪酸で、魚に多く含まれるDH…

シミ、ソバカスに効く!~ピーマン!

ご覧いただきありがとうございます。 今回は「ピーマン」のご案内です。 ピーマンの語源は、トウガラシのフランス名ピマンから由来したといわれており、とうがらしの一種で、原産地は中南米です。 ピーマンには、多くの有効成分が含まれていますので、次にそ…

美肌効果!柿の葉茶~ビタミンCはレモンの20倍!

ご覧いただきありがとうございます。 今回は「柿の葉茶」のご案内です。 柿の葉は、古くから健康茶として用いられてきました。 柿の若葉には、レモンの20倍、ホウレン草の10倍ほどのビタミンCが含まれ、ビタミンCの宝庫ともいわれています。 柿の葉寿司に…

肌トラブルを改善!~ゴボウ茶!

ご覧いただきありがとうございます。 今回は「ゴボウ茶」のご案内です。 前回もゴボウについてご紹介しましたが、今回はゴボウ茶についてです。 ゴボウには、カリウムも多く含まれており、血圧を下げる効果や老廃物を体外への排出する効果があります。 また…

肌トラブルを改善!~ゴボウ!

ご覧いただきありがとうございます。 今回は「ゴボウ」のご案内です。 ゴボウはキク科の越年草で、主に根を食用(稀に葉もあり)とするために栽培されます。 栽培は、強酸度土壌では適さず、よく肥えた深い土を好みます。 土質は、やや粘重のほうが香味がよ…

シソ茶!~花粉症&アトピーなどに効く!

ご覧いただきありがとうございます。 今回は「シソ茶」のご案内です。 シソは、シソ科の一年草で、原産地は中国、ビルマ、ヒマラヤ地方といわれていまが、日本でも古くから栽培されています。 全草に芳香があり、健康食品としても多くの人に、利用されていま…

アトピーを治す!~ヨモギ茶!

ご覧いただきありがとうございます。 今回は「ヨモギ茶」のご案内です。 ヨモギはキク科の多年草で、漢名は艾葉(がいよう)といいます。 ヨモギは、クロロフィル、カロテン、カルシウム、カリウム、鉄分、ビタミン類などのほか、ミネラルや食物繊維なども豊…

湿疹・あせもに効く!~ドクダミ茶!

ご覧いただきありがとうございます。 今回は「ドクダミ茶」のご案内です。 ドクダミは、初夏のころ花が咲くドクダミ科の多年草です。 全草に特異な臭気があります。 地中に長くて白い根茎をのばし繁殖します。 漢名ではジュウヤク(重薬、十薬)ともいわれ、…

つかれ目!~その症状に効く漢方&食品!

ご覧いただきありがとうございます。 今回は「つかれ目」のご案内です。 つかれ目は眼精疲労ともいいます。 つかれ目の原因としては、老眼や斜視などで目の調節機能が弱まっているとき、めがねの度が合っていないときなどには目が疲れます。 目はとくに異常…

しみ・そばかす!~注意点&対策!

ご覧いただきありがとうございます。 今回は「しみ・そばかす」のご案内です。 しみ・そばかすの原因となる紫外線は、なるべく浴びないようにしましょう。 そこで対策として、外出時にはぼうしをかぶったり、日焼け止めクリームを塗るなどしたいものです。 …

しみ・そばかす!~治りやすい&にくい!

ご覧いただきありがとうございます。 今回は「しみ・そばかす」のご案内です。 しみは、肌にできる薄褐色の色素斑のことで、中年以降の女性の顔にできやすいといわれいます。 そばかすと違って、ひたい、両ほお、目や鼻の周りなどに多くみられます。 しみの…