健康ナビ

健康になるための情報

病気療法

頭痛の手当て!これが効果的!

ご覧いただきありがとうございます。 今回は「頭痛-2」のご案内です。 頭痛にも色々な原因が考えられますが、精神が不安定な場合に起こる頭痛には、シシウドという薬草が効きます。 その利用法は、秋にシシウドの根茎を採取し、水で洗い細切りにします。 …

頭痛はなぜ起こる?その仕組みとは?

ご覧いただきありがとうございます。 今回は「頭痛」のご案内です。 頭痛は症状であって、病気とはいえません。 一口に頭痛といっても、痛む場所や痛み方はさまざまで、その原因である病気も種類が多く、頭痛の診断は大変やっかいなものです。 風邪や疲れか…

めまい・耳鳴りが治るツボはここだ!

ご覧いただきありがとうございます。 今回は「めまい・耳鳴りが治るツボ刺激」のご案内です。 立ちくらみやめまいは、過労時や空腹時、睡眠不足などの場合に起こりやすくなります。 しかし、なんらかの病気が原因で起こる場合もあります。 その病気がわかっ…

耳鳴りに効く漢方薬!その処方とは?

ご覧いただきありがとうございます。 今回は「耳鳴りの漢方療法」のご案内です。 ひと口に耳鳴りといっても、金属音に近いキーンというものや、セミの鳴き声のようなジーというもの、また、ズ―という低音のものなどと色々です。 漢方では、耳と腎は深い関係…

めまいに効く漢方薬!その処方とは?

ご覧いただきありがとうございます。 今回は「めまいの漢方療法」のご案内です。 めまいが起こると頭がくらっとして、目の前が真っ暗になります。 このめまいの症状を和らげるためにはアオジソが効くそうです。 夏の8~9月ごろ、花の最盛期に葉を採取し、…

耳鳴り!なんだって!耳に虫が入ったって?

ご覧いただきありがとうございます。 今回は「耳鳴りがする」のご案内です。 寝違えやムチ打ち症などで頸椎を傷め、後頸部から後頭部にかけてうっ血する場合があります。 そのまま放っておくと、耳鳴りや頭痛、肩こりなどの原因になることも少なくありません…

めまいが起きたら!~こうする!耳鳴りとは?

ご覧いただきありがとうございます。 今回は「めまい・耳鳴りがする」のご案内です。 めまいにはヨモギが効くそうです。以外ですね。 皆さんおなじみのヨモギは、さまざまな効能があるといわれていますが、めまいをしずめてくれるという効果もあります。 初…

めまい!どうして起こるの?どのようなときに?

ご覧いただきありがとうございます。 今回は「めまい」のご案内です。 めまいには、目先がまっ暗になる感じのめまいと、体がふらふらするめまいや、体の周りがぐるぐる回る、感じのする回転性のめまいなどがあります。 高所によるめまいや、乗り物酔いのよう…

「これで眠れた!」~寝床でできるツボ刺激!

ご覧いただきありがとうございます。 今回は前回に引き続き「眠れない-3」のご案内です。 寝付きが悪いうえ眠りも浅くまた、すぐ夜中に目が覚めるなど、の状態が続くとつらいものです。 不眠が起こる原因は、まわりの環境によるものであったり、睡眠前の飲…

「眠れない」これで解消!~気を付けたいこととは!

ご覧いただきありがとうございます。 今回は前回に引き続き「眠れない-2」のご案内です。 不眠の際は朝の目覚めもスッキリせず、疲れも取れず気分も憂うつになりますね。 そこで梅肉エキスやアオジソが、不眠症にはよく効くそうです。 その梅肉エキスとア…

不眠は苦痛~解消できた!このような方法もある!

ご覧いただきありがとうございます。 今回は「眠れない」のご案内です。 寒いときには、足湯も温かく気持ちよいですね。 その足湯も不眠症に効果があります。 タライやバケツに温湯を10cmほど入れて両足を浸し、そこへ徐々に熱湯を、我慢できる程度に注…

発熱したらこのように処置する!これで治った!

ご覧いただきありがとうございます。 今回は前回に引き続き「熱が出る-3」のご案内です。 熱のはかり方は、体温計が35.5度以下(水銀部)に下がっているのを確認してから、脇の下や口腔に入れてはかります。 脇の下の場合は水銀部を脇の下の奥に、口腔…

熱が出た!いつからどのようにして!こうすればよい!

ご覧いただきありがとうございます。 今回は前回に引き続き「熱が出る-2」のご案内です。 一般に体温は、大人で脇の下で36度前後、子供では37度前後が適温といわれています。 しかし、体温には個人差があるので、普段から自分の正常な体温を知っておく…

発熱する体の仕組みとは?そのとき体は?

ご覧いただきありがとうございます。 今回は「熱が出る」のご案内です。 一般に熱があるといわれるのは、体温が37度を超す場合です。 しかし、健康な人でも、正しく体温を測定してみると、ときとして37~37.3度ぐらいの人が、4割もいるといわれてい…

腎臓~これで元気になる!知っておきたいこと!

ご覧いただきありがとうございます。 今回は前回に引き続き「腎臓病の食事-4」についてのご案内です。 腎臓病の食事は塩分を控えることが大切です。 定番の料理も少し工夫するだけで、塩分をかなり控えることができるようです。 腎炎の人だけに限らず、健…

腎臓~こうすればよい!症状の状態によって!大切なこととは!?

ご覧いただきありがとうございます。 今回は前回に引き続き「腎臓病の食事-3」についてのご案内です。 皆さんもご承知のとおり、腎臓の役目は、老廃物などを尿として排泄する働きがあります。 これらの役目を果たす、腎小体とそれに続く1本の尿細管の部分…

腎臓~元気になるためにはこうすれば良い!これが大切!

ご覧いただきありがとうございます。 今回は前回に引き続き「腎臓病の食事-2」についてのご案内です。 脊椎動物の腎臓は形態上は前腎、中腎および後腎に区別されています。 脊椎動物の羊膜類,すなわち爬虫類,鳥類,哺乳類の成体にみられる腎臓。 これら…

腎臓~働きを取り戻す!?元気になるために!こうしないとダメ!

ご覧いただきありがとうございます。 今回は「腎臓病の食事-1」についてのご案内です。 腎臓病とは、腎孟腎炎や腎炎などのように、腎孟や糸球体に炎症が起きたり、尿細管が侵蝕され腎臓の働きに異常が起こる病気です。 腎臓病は、まだ原因がはっきりと掴め…

胃・十二指腸~元気になるための食事とは!~痛みがある時など

ご覧いただきありがとうございます。 今回は前回に引き続き「胃・十二指腸潰瘍の食事-6」についてのご案内です。 昔は胃潰瘍の人の食事療法はとても厳しかったようで、絶食させるときもあったそうです。 しかし、現在ではカロリーが豊富で消化の良い食品を…

胃・十二指腸~予防や治療には、体を優しくいたわろう!その方法は?

ご覧いただきありがとうございます。 今回は前回に引き続き「胃・十二指腸潰瘍の食事-5」についてのご案内です。 胃の中の分解酵素であるペプシンは、タンパク質を分解する働きがあります。 正常な胃液の中にはペプシンと塩酸の両方がありますが、健康な人…

胃・十二指腸~元気になるためのポイント!注意したいこと!

ご覧いただきありがとうございます。 今回は前回に引き続き「胃・十二指腸潰瘍の食事-4」についてのご案内です。 潰瘍のできはじめは自覚症状がなく、自分でもなかなか気付き難いとのことです。 最初は、小さな粘膜層だけの小さな傷にすぎませんが、放って…

胃・十二指腸~何を食べれば元気になれるの?その食べ物とは!?

ご覧いただきありがとうございます。 今回は前回に引き続き「胃・十二指腸潰瘍の食事-3」についてのご案内です。 胃潰瘍や十二指腸潰瘍という言葉はよく耳にしますが、潰瘍とは、管状の内腔をもつ臓器である、口腔、食道、胃、腸、ぼうこう、胆のうなどの…

胃・十二指腸~手遅れになる前に検査で早期発見!元気を取り戻す!

ご覧いただきありがとうございます。 今回は前回に引き続き「胃・十二指腸潰瘍の食事-2」についてのご案内です。 皆さんもご存じのとおり、腸は、脊つい動物の消化管のうち、胃を出てから肛門までの間の消化管をいい、一般に小腸と大腸の2部に分かれます…

胃・十二指腸潰瘍~大きな原因は・・・だった!?あなたも危ない!

ご覧いただきありがとうございます。 今回は「胃・十二指腸潰瘍の食事-1」についてのご案内です。 皆さんもご存じのとおり、胃は消化管の一部で、食べた物がここで一時蓄えられるとともに、胃の筋肉によって伸縮する機械的作用と、胃内壁をおおう粘膜から…

心臓!~欲しがっているもの、注意したいもの!これがポイント!

ご覧いただきありがとうございます。 今回は前回に引き続き「心臓病の食事-2」についてのご案内です。 漢方の食養生の一つに「類は類を治す」という考え方があり、心臓の弱い人は鶏や豚の心臓が良いといわれています。 また、狭心症には漢方でいわれる「括…

心臓!~こうすれば予防・治療できるって!?最も大切な臓器!

ご覧いただきありがとうございます。 今回は、「心臓病の食事-1」についてご案内をします。 心臓病には先天性のものや動脈硬化性、リウマチ性、そのほか色々の原因によっておこる心臓病があります。 それぞれに違った治療方針がありますが、心臓病の食事と…

肝臓病!肝硬変など!~自分では気づきにくい病気!防ぐには!?

ご覧いただきありがとうございます。 今回は「肝臓病の食事-6」についてのご案内です。 酒の肴(さかな)についても取り上げますが、現在一般に「さかな」といえば魚類のことを指していますが、元々は酒に添える物の意でもあり、肴(さかな)の「な」の語…

肝臓病!肝硬変!~考えて飲まないと肝臓を壊す!酒の上手な飲み方!

ご覧いただきありがとうございます。 今回は「肝臓病の食事-5」についてのご案内です。 肝硬変は様々な原因が考えられていますが、いずれもはっきり分かっていません。 感染、栄養欠陥、寄生性疾患、また中毒、血液循環障害など様々な因子が考えられ、その…

肝臓病!~食生活の乱れは危ない!方針を守る!

ご覧いただきありがとうございます。 今回は前回に引き続き「肝臓病の食事-4」についてのご案内です。 肝臓は有害物質に接する機会が多く、これらの有害物質を除去(解毒作用)することにより健康な体を保っています。 しかし肝臓の組織そのものが異常をき…

肝臓病!~不足すると悪くなる!これも必要な栄養素!たっぷりとる!

ご覧いただきありがとうございます。 今回は前回に引き続き「肝臓病の食事-3」についてのご案内です。 肝臓の役目の一つは、脂肪の消化ならびに吸収を助けることです。 脂肪を分解、再生し一部は血管に入って全身に運ばれます。 また、肝臓は各種栄養素を…