健康ナビ

健康になるための情報

病気療法

糖尿病!危険!~「外食」お酒に注意!ついつい食べ過ぎ!飲み過ぎ!

ご覧いただきありがとうございます。 今回も、引き続き糖尿病の「外食と嗜好品のとり方」についてのご案内です。 家族や友達と外食をすると、いつの間にかエネルギーオーバーになっていた、食べることを控えたい脂肪分をついつい、とり過ぎになってしまった…

糖尿病!何を食べる?知らないと悪くなる!外食のとり方

ご覧いただきありがとうございます。 今回は、糖尿病の「外食と嗜好品のとり方」についてのご案内です。 みなさんは外食をされていますか? 外食は栄養のバランスが偏ったり、エネルギーオーバーになりがちで、糖尿病を考えた食事をとることはなかなか難しい…

糖尿病!~今のままでは危ない~見直したい食事内容!これが大切!

ご覧いただきありがとうございます。 今回も、糖尿病に関する食事についてのご案内です。 現在の医学ではいちど糖尿病を患ったならば、完治は期待できないとのことですが、やはり、この病気を改善させるためには、食事療法が大切であり、腹八分目を守らなけ…

糖尿病!食事療法~規則正しい3回の食事を!これが大切!

ご覧いただきありがとうございます。 今回も、糖尿病に関する食事についてのご案内です。 糖尿病の今後の見通しは、治療法の進歩によってきわめて良くなっているとのこと。 また、平均生存年数は健康者に近くなりつつあるようです。 老人性糖尿病は若年性糖…

糖尿病!食事方針~正しく守って青信号!守らないと黄信号!

ご覧いただきありがとうございます。 今回で3回目、糖尿病に関する食事についてのご案内です。 糖尿病は甘いものの好きな人にも、また酒飲みの人にも見られますが、一般に体を使って仕事をする人よりも、美食して体を動かさない仕事をする人の方が多いよう…

糖尿病!~ほっておくと大変なことに!手遅れになる前に!

ご覧いただきありがとうございます。 前回に引き続き今回も糖尿病に関する食事についてのご案内です。 日本における糖尿病の総患者数316万6千人と前回ご紹介しました。 患者数は前回の調査(有病数は5年に1回推計)の5年前に比べて、男性が約30万人…

糖尿病!~危険 これを守らないと!その数 なんと 1000万人以上!

ご覧いただきありがとうございます。 今回は、糖尿病に関する食事についてのご案内です。 日本における糖尿病の総患者数は316万6千人ともいわれ、前回(平成23年)調査の270万から46万6千人増えました。 【平成26年患者調査の概況(厚生労働省)…

冷え、のぼせ!~にはこれらをおすすめします!

冷え性は、からだが寒いという感覚よりも、むしろ身体が温まりにくく、手足が冷えるといった症状です。 この症状は女性に多くみられ、肩こり、頭痛、腰痛、めまい、イライラ、のぼせなど、不快な症状を伴うことが少なくありません。 冷え性やのぼせの明確な…

子供の肥満!~おすすめしたい食品とは!

子供の肥満も、大人の肥満と同様に、食品から摂取したエネルギーが、消費されるエネルギーよりも多い場合に起こります。 運動などによって、消費エネルギーを増やすことができればよいのですが、太りすぎている子供の場合は、運動を苦手としていることが多い…

赤ちゃんのあせも・かぶれには!

赤ちゃんの皮膚のトラブルといえば、おむつかぶれと、あせもがよく知られています。 日頃から出きやすい、おむつかぶれやあせもは、病院にかかるほどでもないと、思っているうちに、悪化することもあります。 あせもの場合、化膿してひどくなると、リンパ節…

おなかをこわしやすい子供には、これらを食べさせてみては!

子供の健康は、排便の形状や臭いで、その状態がわかるといわれています。 便がいつもより形状はどうか、下痢はないか、臭いはどうかなどが、健康状態を知るうえで目安となります。 しかし、赤ちゃんの場合、食べものが少し変わっただけでも、便がゆるくなる…

脚気によいとされる食べもの!

脚気は、ビタミンB1の欠乏が原因で起こる病気です。 症状としては、全身の倦怠感、下肢のしびれ、脚が重くだるい、動悸、息切れ、食欲不振などを伴います。 また、アキレス腱とひざの腱反射の無伸張状態やむくみがでます。 発育期に起こると、成長が止まる…

心臓病の食事!~そのポイントとは!

一口に心臓病といっても、原因によって先天性や動脈硬化性、リュウマチ性などいろいろあります。 心臓病の治療方法は、症状によってそれぞれ違うようですが、食事療法でいえば、心臓に負担をかけない食事という点では、共通しているといえるでしょう。 動脈…

肝臓を元気にする!~これらをためされてはいかがでしょう!

ダイズに多く含まれるレシチンは、脂肪肝を防いでくれます。 ダイズは、豆のなかでも最も多くタンパク質を含んでおり、畑の肉ともいわれるほど、栄養にすぐれた食品です。 タンパク質のほかにも、レシチンという成分も豊富に含まれています。 普通、肝臓には…

白髪!~症状・原因!

白髪には、若いうちから現れる、いわゆる若白髪といわれるもの、年を取ると現れてくるもの、病気の影響によるもの、などがあります。 この若白髪や加齢とともに現れる、白髪の予防や治療法など、いろいろと研究されているようですが、いまのところ、白髪を元…

美しい肌と髪をつくる薬膳!健康には薬草茶を!

肌は内臓の鏡ともいわれるように、肌は内臓の影響をそのまま、受けるともいわれています。 また、多食や偏食を避け、バランスのとれた食事をとり、胃腸の働きがよければ、肌はおのずと美しくなります。 貧血や便秘ぎみの人は、これらを解消して、水分の代謝…

貧血を治す・冷えのある方に!~おすすめしたい薬膳!

貧血には、鉄欠乏症貧血、悪性貧血、溶血性貧血、再生不良性貧血などがあります。 このなかで、もっとも多いといわれるものは、鉄欠乏症貧血です。 この貧血の主な原因は、食事による鉄分の摂取不足といわれ、食生活をみなおすことで、改善されるといわれて…

強精強壮・ストレス解消に、おすすめしたい食養法!

疲れて元気がでない、精力減退を感じる、などといたことは、成人の誰しもが、経験されているのではないでしょうか。 漢方では、精力減退は、腎気が不足して起こる「腎虚(じんきょ)」とみなします。 腎虚は腎臓の疾患だけでなく泌尿器や生殖器、ホルモン分…

腎臓が心配な方・かぜやせきの方に!~おすすめの薬膳!

漢方療法は、患った腎臓の状態によって、陽証と陰証に分けて治療するとされてます。陽証とは、からだにまだ抵抗力があって、腎臓に炎症がみられ尿が出にくく、夜中に排尿がほとんどないといった状態をいいます。 このような場合には、熱を下げて利尿を促す食…

糖尿病、胃・十二指腸潰瘍!~この薬膳で克服しましょう!

糖尿病は、内分泌系の病気で、漢方でも早くから治療されています。 この病気は、美食家に多いといわれ、エネルギーをとりすぎのうえ、 ストレスがたまりすぎた人や運動不足の人に多いといわれています。 また、多尿、頻尿でのどがひどく渇く場合は、糖尿病が…

肝臓が心配な人には!~この薬膳をおすすめします!

ご覧いただきありがとうございます。 今回は「肝臓が心配な人には」のご案内です。 子供のころ、「ご飯を食べたあと、すぐ横になると牛になる」と、聞いたことがあります。 皆さんも聞き覚えがあるかも知れません。 しかし、食後にすぐ、ゴロリと寝転ぶのも…

血圧・動脈硬化!~気になる人の薬膳!

ご覧いただきありがとうございます。 今回は「血圧・動脈硬化・心臓が気になる人には」のご案内です。 循環器系の病気といわれるものには、高血圧症、心臓病、脳卒中、動脈硬化、眼底出血等などがあるといわれています。 このなかで特に、高血圧症は動脈硬化…

貧血に!~積極的にとりたい食べもの!

ご覧いただきありがとうございます。 今回は「貧血には」のご案内です。 貧血は、血液中の赤血球や、酸素を運ぶ働きのある血色素の数が減少して、血液が薄くなるために起こるといわています。 赤血球や血色素は、肺にたまった炭酸ガスを、酸素に取りかえてく…

にきび・ふきでものを治すには!

ご覧いただきありがとうございます。 今回は「にきび・ふきでものを治すには」のご案内です。 にきびは「青春のシンボル」とよくいわれますが、本人にとっては、できると気になる症状です。 にきびは、皮膚にある皮脂腺の分泌が盛んになり、皮脂が毛穴に詰ま…

高血圧症、高コレステロールの心配な人に!

ご覧いただきありがとうございます。 今回は「高血圧症、高コレステロールには」のご案内です。 原因がはっきりせず、年齢とともに、しだいに血圧が高くなるものを本態性(一次性)高血圧、また、原因がはっきりしたものを、症候性(二次性)高血圧と呼ばれ…

めまいには!~これらを煎じて飲むと効きます!

ご覧いただきありがとうございます。 今回は「めまいには」のご案内です。 めまいの原因は、さまざまといわれていますが、大きく二つに分けることができるようです。 一つは、グルグル回るような感じの場合と、もう一つは、からだがフラフラ、頭がクラクラす…

虚弱な体質の子供には!~食生活を見直す!

ご覧いただきありがとうございます。 今回は「体力のない子供には」のご案内です。 虚弱体質とは、一口でいうと、皆さんもご承知のとおり、体力がなくて疲れやすい状態のほか、食が細くて病気しやすい体質をいいます。 漢方では、虚弱体質のタイプを三通りに…

小児ぜんそくに!~試してみたい方法とは!

ご覧いただきありがとうございます。 今回は「小児ぜんそくには」のご案内です。 ぜんそくを防ぐために大切なことは、へいぜいから、まわりの環境に、気をくばる必要があるのではないでしょうか。 たとえば、居間にじゅうたんはできるだけ敷かない、ソファー…

おねしょに!~おすすめしたいもの!

ご覧いただきありがとうございます。 今回は「おねしょには」のご案内です。 人間は3~4才で、排尿機構が出来上がります。 おねしょには、赤ちゃんのときからのおねしょ(一時性夜尿症)と、排尿機構が出来上がったのちに、起こるおねしょ(二時性夜尿症)…

歯槽膿漏!~おすすめの「植物を用いた療法」とは!

ご覧いただきありがとうございます。 今回は「歯槽膿漏には」のご案内です。 歯槽膿漏は以前にもとりあげましたが、今回は歯槽膿漏に効く民間療法のご案内です。 歯槽膿漏は、予防が第1といわれています。 かたいものが食べづらいからといって、やわらかいも…