健康ナビ

健康になるための情報

心臓!~こうすれば予防・治療できるって!?最も大切な臓器!

ご覧いただきありがとうございます。 今回は、「心臓病の食事-1」についてご案内をします。 心臓病には先天性のものや動脈硬化性、リウマチ性、そのほか色々の原因によっておこる心臓病があります。 それぞれに違った治療方針がありますが、心臓病の食事と…

アロエの驚くべき効能!便秘に効く民間療法ってヤバイよ・・・

ご覧いただきありがとうございます。 今回は前回に引き続き「アロエ」についてのご案内です。 一般にアロエといえばキダチロカイ(アロエ・アルボレスケンス)を指します。 アロエは民間薬として人気が高く健胃や火傷などに良く効きます。 このアルボレスケ…

アロエ(蘆薈)の効能・効果「急性胃炎」「便秘」「胃腸が弱い」など その1

ご覧いただきありがとうございます。 今回は「アロエ」についてご案内します。 生薬名は蘆薈(ロカイ)といいます。 アロエ属に属する植物の総称を蘆薈(ロカイ)といいます 。 アロエ属は世界に約200種類あります。 多年草の多肉植物で、とくに熱帯アフ…

肝臓病!肝硬変など!~自分では気づきにくい病気!防ぐには!?

ご覧いただきありがとうございます。 今回は「肝臓病の食事-6」についてのご案内です。 酒の肴(さかな)についても取り上げますが、現在一般に「さかな」といえば魚類のことを指していますが、元々は酒に添える物の意でもあり、肴(さかな)の「な」の語…

肝臓病!肝硬変!~考えて飲まないと肝臓を壊す!酒の上手な飲み方!

ご覧いただきありがとうございます。 今回は「肝臓病の食事-5」についてのご案内です。 肝硬変は様々な原因が考えられていますが、いずれもはっきり分かっていません。 感染、栄養欠陥、寄生性疾患、また中毒、血液循環障害など様々な因子が考えられ、その…

肝臓病!~食生活の乱れは危ない!方針を守る!

ご覧いただきありがとうございます。 今回は前回に引き続き「肝臓病の食事-4」についてのご案内です。 肝臓は有害物質に接する機会が多く、これらの有害物質を除去(解毒作用)することにより健康な体を保っています。 しかし肝臓の組織そのものが異常をき…

肝臓病!~不足すると悪くなる!これも必要な栄養素!たっぷりとる!

ご覧いただきありがとうございます。 今回は前回に引き続き「肝臓病の食事-3」についてのご案内です。 肝臓の役目の一つは、脂肪の消化ならびに吸収を助けることです。 脂肪を分解、再生し一部は血管に入って全身に運ばれます。 また、肝臓は各種栄養素を…

肝臓病!~このままの食事内容では危ない!今日から見直す!

ご覧いただきありがとうございます。 今回は前回に引き続き「肝臓病の食事-2」についてのご案内です。 肝臓は体にとって重要な働きをしています。 その肝臓の構成は、主成分である肝細胞からできており、無数の肝細胞が集まって肝小葉といわれる組織を作り…

肝臓病!気付かない!?「沈黙の臓器」手遅れにならないために!

ご覧いただきありがとうございます。 今回は「肝臓病の食事-1」についてのご案内です。 肝臓は、人体の中では最大の臓器であり、多くの細胞から作られています。 腹腔の最上部にある横隔膜のすぐ下に接しており、右寄りにある暗赤かっ色の柔軟な臓器です。…

柿 カキ かき(柿帝)の効能「高血圧症」「膀胱炎」「おねしょ」など!花言葉!

ご覧いただきありがとうございます。 今回も、「柿 カキ」についてのご案内をします。 甘柿と渋柿を間違えてかじったことがある人がいるかも知れません。 渋い柿を食べると、渋が口の中にいつまでも残ります。 この渋さのもとである、タンニンが血管の透過性…

柿 カキ かき(柿帝)の「信仰生活」「品種」「渋抜き」

ご覧いただきありがとうございます。 今回も引き続き「柿 カキ」についてのご案内です。 カキについて何かの参考になれば幸いです。 カキは昔、信仰生活と深い関係がありました。 現在でも神への供物としてカキの実や、くし柿(干し柿を串に刺したもの)を供…

柿 カキ かき(柿帝)とは?「栽培の歴史」~食べておいしい秋の味!

ご覧いただきありがとうございます。 今回は「柿(カキ)についての知識」をご案内します。 カキの生薬名は「柿帝(してい)」といいます。 カキといえばオレンジ色の果実が思い浮かぶと思います。 カキには甘ガキと渋ガキがありますが、甘ガキはそのまま果…

フキ ふき 蕗(蜂斗菜)フキノトウの花言葉!効能「健胃」「虫刺され」など

ご覧いただきありがとうございます。 今回は、前回に引き続き「フキ」についてのご案内をします。 フキの特徴は、本来は山地や野原に自生するキク科の多年草ですが、食用として広く栽培されています。 初春に、 地面から顔を出す幼芽(フキノトウ)は、フキ…

フキ ふき 蕗(蜂斗菜)の知識! その1

ご覧いただきありがとうございます。 今回は、「フキ」についてのご案内です。 フキの生薬名は「蜂斗菜(ほうとさい)」といいます。 昔はお菓子類が貴重であったと聞いています。 そのお菓子を身近な植物で作ることが考えられたようです。 その一つがフキの…

高血圧!病気になってからでは遅すぎる!~血圧を下げる食事

ご覧いただきありがとうございます。 前回は「高血圧の食事2」についてでした。 今回も引き続き「高血圧の食事3」についてのご案内です。 血圧測定方法は主に3通りの方法があります。 1.「聴診法」・・血圧計と聴診器を用いて測定する。 「聴診法(リバ…

高血圧!そのまま放置しておくと他の病気が起こる可能性が高まる?

ご覧いただきありがとうございます。 前回は「高血圧の食事1」についてでした。 今回も引き続き「高血圧の食事2」についてのご案内です。 前回、血圧は血管の場所によっても違いがあり、全身の血圧の一例を記載しました。 その一例のほかにも、人体の血液…

高血圧の食事!~塩分のとり過ぎが怖い!最大の原因は?

ご覧いただきありがとうございます。 今回は、「高血圧の食事」についてご案内をします。 血圧とは血液が血管壁に与える側圧力のことで、血管の場所によっても血圧の高さが違うようです。 一般に血圧といえば動脈血圧を意味しており、血管の種類には、大動脈…

ヘチマ(糸瓜)の花言葉!効能「美肌」~ヘチマ水の効能・効果や取り方 その2

ご覧いただきありがとうございます。 今回は、前回に引き続き「ヘチマ その2」についてご案内します。 ヘチマの用途は、草履や靴の底敷、婦人帽の芯などの材料、および洗浄用としても利用されるが、若い果実は漬け物、揚物、またはしぎ焼きとして食べたり、…

ヘチマ(糸瓜)とは?栽培方法と由来~知って得するヘチマのこと その1

ご覧いただきありがとうございます。 今回は、「ヘチマ(糸瓜)の由来と栽培方法」についてご案内します。 ヘチマは漢名で糸瓜(しか)といいます。 【ヘチマの由来】中国には明の頃に、南方から伝わって来たといわれており、日本には江戸時代の初期には、既…

キンミズヒキ(金水引)の花言葉は?効能「口内炎」「扁桃炎」「下痢」

ご覧いただきありがとうございます。 今回は、「キンミズヒキ」についてのご案内です。 漢字では「金水引」と書きます。 生薬名は龍牙草(りゅうげそう)といいます。 キンミズヒキは薬草です。 皆さんも既にご存知のとおり、薬草とは通称、薬用植物のことで…

アシタバ(鹹草)の花言葉は?効能「利尿」「毛細血管強化」「緩下」

ご覧いただきありがとうございます。 今回は、アシタバの「花言葉・特徴・効能と利用法・採集と保存法」についてご案内します。 漢名は鹹草(かんそう)といいます。 アシタバ(明日葉)の名は、成長が早く、摘み取ってもすぐ芽が出てくることから付きました…

動脈硬化!~「食事は3食きっちりと」「塩分のとり過ぎに注意」

ご覧いただきありがとうございます。 今回も、引き続き「コレステロールと動脈硬化を防ぐ食事」についてのご案内です。 日常の生活を健康に過ごすためには、軽い運動が必要ですが、食事内容も重要なウエートを占めるのではないかと思います。 今の食生活を見…

動脈硬化!コレステロール~「食事のバランス」「腹八分」これが大切!

ご覧いただきありがとうございます。 今回で「コレステロールと動脈硬化を防ぐ食事」については、3回目となります。 健康のためには正しい食生活が重要なポイントです。 そのためにはバランスのとれた食事をすることが大切です。 また、食品は血液をきれい…

動脈硬化!コレステロール~20代からはじまっているかも?

ご覧いただきありがとうございます。 今回も引き続き「コレステロールと動脈硬化を防ぐ食事」についてご案内します。 動脈硬化は自分には関係ないと思っている方がいらっしゃるかも知れませんが、早い人で20代から始まる人も少なくありません。 健康診断で…

動脈硬化!コレステロール~血管の寿命はあなたの寿命を決めるは本当?

ご覧いただきありがとうございます。 今回は、「コレステロールと動脈硬化を防ぐ食事」についてご案内をします。 動脈硬化とは、動脈血管壁が肥厚し、血管壁内に脂肪の蓄積およびカルシウムが粘着して、その弾力性が失われた状態だそうです。 この動脈硬化は…

ナズナ(薺)の花言葉は?効能「便秘」「動脈硬化」「目の充血」

ナズナには、興味深い風習があるようです。 それは、灌仏会(かんぶつえ)という儀式で、釈迦(しゃか)の誕生日、4月8日にもとづき、毎年この日を大乗仏教徒が釈迦誕生の立像を灌浴(かんよく)し祝うという風習です。 古来、灌仏会の作法はいろいろと伝…

クズ 葛(葛根)の効能・効果「急性腸炎」どんな花?栽培方法

クズは山野に自生するマメ科のつる性の多年草です。 クズの根は、お腹を壊しやすい人によく効くそうです。 漢方生薬としては、乾燥させたものが有名で、葛根(かっこん)と呼ばれています。 また、よく知られた葛根湯(かっこんとう)の主成分の一つでもあり…

クズ 葛(葛根)の効能・効果「肩こり・首のこり」秋の七草

みなさんもご存じの通り、クズはマメ科に属し「秋の七草」の一つです。 七草といえば、春の七草と秋の七草があります。 春の七草は7種の菜(な)を入れたかゆを食べ幸福と健康、長寿を祈るのに対し秋の七草は見て楽しむもののようです。 クズは日本全土の山…

クズ 葛(葛根)の効能・効果「かぜ」「酒酔い」花言葉は?

みなさんはクズといえば何を思い浮かべますか? クズといえば、まず、クズ粉からできるくず餅やクズ切りを思い浮かべます。 クズはおもに奈良県、鳥取県、福岡県などに多く自生していたと聞いたことがあります。 このくず粉は秋の終わりから、初春にかけてと…

糖尿病!危険!~「外食」お酒に注意!ついつい食べ過ぎ!飲み過ぎ!

ご覧いただきありがとうございます。 今回も、引き続き糖尿病の「外食と嗜好品のとり方」についてのご案内です。 家族や友達と外食をすると、いつの間にかエネルギーオーバーになっていた、食べることを控えたい脂肪分をついつい、とり過ぎになってしまった…