ゆうの ” けんこう ” ナビ

健康になるための情報を載せて行きます

じんま疹に効く!~野草・生薬とは!

f:id:w-yakyuuboy:20170611113746j:plain

 

ご覧いただきありがとうございます。

今回は「じんま疹に効く、野草・生薬」のご案内です。

じんま疹は、皮膚が急にかゆくなり、かくと赤くはれたり発疹ができます。

かゆみや、はれは、数十分もすれば消えていくこともあれば、時には、数日間続く場合や、再発して慢性化することもあるといわれてます。

原因となる食べもので、一番多いといわれているものは魚介類です。

じんま疹には、決まったものを食べると、必ず起こるアレルギー性のものと、古くなったものを食べたときに起こる一過性のものがあります。

アレルギー性のものには、

熱や太陽光線、寒冷刺激、薬物などによるものや、精神的なストレスが原因で起こることもあるようです。

これの病気は、治りにくい病気のひとつとされています。

これらの療法には、主としてかゆみを止めるものと、解毒作用を利用するものがあります。

 

 

皮膚病の特効薬

サクラ

桜の木の甘はだ(内皮)は、皮膚病の特効薬として、昔から使われています。

じんま疹、水虫、はれものなどの皮膚病に、効果があるとされています。

 

甘はだを煎じて飲む

水600mlに甘はだ10gを入れ、1/2量になるまで煎じます。

この煎じ汁を、2~3回に分けて1時間ごとに飲みます。

または、甘はだをすりつぶしたもの2gを、2時間おきに飲んでもいいでしょう。

急にじんま疹がでたときによく効きます。

 

葉を煎じて飲む

甘はだが手に入らなければ、葉を煎じても効果があります。

水600mlに葉10gを入れ、1/2量になるまで煎じます。

この煎じ汁を、2~3回に分けて1時間ごとに飲みます。

 

f:id:w-yakyuuboy:20170611113816j:plain

 

 

肝臓の弱い人のじんま疹に

カワラヨモギ

カワラヨモギは、漢方では生薬名を茵陳蒿(いんちんこう)といって、肝臓病によく用いられます。

このカワラヨモギは、肝臓の機能を補い、解毒作用によって症状を鎮めます。

 

煎じて飲む

水600mlに茵陳蒿(カワラヨモギの葉、茎、花を乾燥させたもの)15gを入れ1/2量になるまで煎じます。

煎じた汁をこして、3回に分けて2時間ごとに飲みます。

かゆみがひどいときには、同時に、この汁で患部を洗うようにしてつけます。

 

慢性のじんま疹には、煎じ液を内服する

じんま疹ができやすく肝臓の弱い人は、毎日、煎じ汁を一日3回分けて空腹時に飲みます。

これに併せて、木綿の袋に乾燥させた茎と葉20gを入れて、薬湯にするといいでしょう。

 

以上が「じんま疹に効く、桜の木・カワラヨモギ」でした。

少しでも参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

肩コリのある人に!~自然の薬湯をおすすめ!

f:id:w-yakyuuboy:20170610114008j:plain

 

ご覧いただきありがとうございます。

今回は「肩コリには薬湯を」のご案内です。

肩こりは、誰もが経験したことのある、症状ではないでしょうか。

その原因はさまざまで、肩の使いすぎ、姿勢が悪い、筋肉に疲労物質がたまるなどのほか、更年期障害、頸椎の異常、高・低血圧症、胃腸障害、低血圧、貧血、糖尿病、心臓病、腎臓病、ウツ病、目の異常、ビタミンB1欠乏症などでも、起こるとされています。

しかし、原因不明の慢性的なこりは、筋肉の血行不良からくるものが多いといわれています。

この場合には、軽い運動をしたり、薬湯に入るなどして、こりをなくしたいですね。

 

 

肩コリのある人に

おすすめの薬湯

肩コリのあるときは、ぬるめのお風呂にゆっくりつかると、血液の巡りがよくなって、コリがとれるものです。

この場合、風呂に薬効のある植物を入れると、さらにリラックスできます。

 

f:id:w-yakyuuboy:20170610114154j:plain

 

 

ショウブ湯

葉や根茎を陰干ししたもの、1つかみを布袋に入れます。

これを水をはった、お風呂に入れて一緒に沸かします。

このショウブ湯に使うものは、一般にショウブといわれている花ショウブとは異なり、川辺や沼地などに自生するサトイモ科に属する植物です。

ショウブは、根から取って洗い、日陰に干して乾燥させます。

手に入らないときは、菖蒲根(しょうぶこん)の名で漢方専門薬局にあります。

 

セリ湯

葉や茎を陰干ししたもの、2つかみを布袋に入れます。

これを水をはった、お風呂に入れて一緒に沸かします。

初夏から夏に全草を刈り取り、洗ってから日陰で干して乾燥させます。

 

ヨモギ湯

葉や茎を陰干ししたもの、2つかみを布袋に入れます。

これを水をはった、お風呂に入れて一緒に沸かします。

夏に全草を刈り取り、洗ってから日陰で干して乾燥させます。

 

夏ミカン湯

夏ミカンの皮を干したもの、2~3個分を布袋に入れ、沸いたお風呂にいれて入ります。

夏ミカン湯は、ユズと同様、神経痛や肩こり、リウマチに効きます。

 

ユズ湯

ユズの実、4~5個を適当に切って布袋に入れます。

これを沸いたお風呂にいれて入ります。

ユズ湯は、神経痛や肩こり、リウマチにも効くといわれてます。

 

以上が「薬湯の5例」でした。

少しでも参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

おできができたら!野草が効く!

f:id:w-yakyuuboy:20170609114644j:plain

 

ご覧いただきありがとうございます。

今回は「おできには野草が効く」です。

おできができるのは、食生活がおおいに関係しているといわれています。

おできができやすい人は、日ごろから、砂糖がたくさん含まれている、チョコレートやケーキ類などのとりすぎ、あるいは、脂質が多い肉類をたくさん食べ、野菜不足といった人に多いといわれています。

おできの予防、治療にはこれらの食品をできるだけ多食しない、また、控えることが大切のようです。

次に、野草を用いた、おできの民間療法をご案内します。

 

 

お茶にして飲む

ドクダミ、タンポポ

ドクダミ

ドクダミは昔から、民間療法として用いられていますが、おできにもよく効きます。

ドクダミの香りの成分には、抗菌、抗カビの作用があります。

おできには、新鮮な葉を洗い、和紙に包んで火にあぶって患部に当てても効果がありますが、同時に、乾燥させた茎や葉を、お茶代わりに飲むとなお効果的です。

おできができやすい人は、ドクダミ茶を常飲するとよいでしょう。

ドクダミは、初夏の開花期に地上部分の全草を刈り取り、よく洗って陰干しにしてから保存します。

 

f:id:w-yakyuuboy:20170609114802j:plain

 

 

タンポポ

タンポポの茎、葉、根をすりおろしたものを患部につけます。

これと併せて、

水600mlに乾燥根10gを入れ、半量になるまで煎じます。

この煎じ汁を飲むと、いっそう効果があります。

 

消炎作用のある

ユキノシタ

ユキノシタには、タンニンが豊富に含まれており、消炎を鎮める働きがあります。

そのほかにも、解毒作用もあるといわれています。

ユキノシタは、民間療法として昔から、はれものやおでき、中耳炎、痔、などに用いられてきました。

 

生葉を使う

生葉をアルミ箔にくるみ、火であぶってから、手でもんで患部にはると効果があります。

この方法は、やけどの治療にも使われます。

 

黒焼きにして使う

生葉をアルミ箔にくるみ、灰状になるまで焼きます。

灰状の粉を、ご飯と練り合わせて、患部にはります。

乾いてきたら新しいものに取り替えを。

 

消炎、解毒に優れた

ツワブキ

ツワブキは、フキによく似ていますが、葉はフキよりも肉厚で深緑の光沢があります。

この葉には、ユキノシタと同様に消炎、解毒作用があります。

使用方法も、ユキノシタと同じです。

 

以上が「おできには野草が効く」についてでした。

少しでも参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

慢性胃炎~家庭療法が大切!

f:id:w-yakyuuboy:20170608113131j:plain

 

ご覧いただきありがとうございます。

今回は「慢性胃炎の家庭療法」のご案内です。

胃炎は、精神的なストレスから起こる場合が多いとされていますが、愛煙家やお酒好きの人に多くみられるので、胃に刺激を与えすぎ、が一因ではないかとも考えられています。

胃炎の症状は、食欲がなく、いつも上腹部にもたれ感や不快感があり、食後に吐きけ、胸やけなどが起こることが多いようです。

また、慢性のものは、はっきりした原因がわからない、ことが多いといわれています。

慢性胃炎には、胃の粘膜や胃腺が萎縮し、胃酸の分泌が減る低酸症ものと、肥厚性胃炎といわれる過酸症のものがあります。

低酸症の人は、食欲不振の人が多いので、少量でも栄養価の高いものを、過酸症の人は、食品は刺激物を避けて胃酸の分泌を抑えます。

胃ガンや胃・十二指腸潰瘍も、慢性胃炎の症状を伴いますので、胃の検診も忘れずにしたいものです。

 

 

同物同治で改善を

豚の胃袋(ガツ)

漢方では、同物同治(以類治類)といって、胃が悪いときには、豚や牛の胃袋を食べると、治るという考え方があります。

食欲不振が続き、体がやせてきた、慢性的に胃が痛む、などといった場合に、ガツを食べると効果があるといわれています。

 

f:id:w-yakyuuboy:20170608113613j:plain

                                 ガツ刺し

 

蒸して

豚の胃袋(ガツ)と、ひねショウガを食べやすい大きさに切り、蒸してから食べます。

ガツを焼肉やみそ煮で食べてもいいでしょう。

 

民間薬としてドイツでも利用されている

ジャガイモ

ジャガイモの絞り汁には、アトロピンという鎮痙(ちんけい)作用のある成分が含まれており、過酸症の慢性胃炎によく効くとされています。

これは、中国、ドイツでも民間療法で胃腸病に用いられています。

 

絞り汁

よく洗ったジャガイモの皮をむき、芽を取り除て、おろし金ですりおろします。

すりおろしたものを布に包んで絞ります。

この絞り汁を、一日2回、酒ずきに1杯ずつ、空腹時に飲みます。

少なくとも一カ月は続けるようにします。

また、絞り汁をジャガイモカーボンにして、一日一回スプーンに一杯ずつ飲むと、さらに効果が高まるといわれています。

 

以上が「慢性胃炎の家庭療法」でした。

少しでも参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

糖尿病~食事療法が大切!

f:id:w-yakyuuboy:20170607114432j:plain

 

ご覧いただきありがとうございます。

今回は「糖尿病の食事療法」のご案内です。

糖尿病は、血糖値(血液中のブドウ糖の濃度)が高くなる病気です。

また、糖尿病は、膵臓と密接な関係にあり、膵臓の機能の低下による、膵臓から分泌される、インシュリンというホルモンが不足することによって、起こるとされています。

病状が進むと、高血圧症や視力障害のほか、さまざまな合併症を引き起こしやすくなる、ともいわれています。

成人病型の糖尿病は、遺伝的にかかりやすいタイプの人が、太りすぎや疲労、ストレスの蓄積などが誘因となって起こるといわれています。

ここで紹介する、食事療法はあくまで、専門の医師や専門家の指示を守ったうえで、併用することが重要です。

 

 

類をもって類を治す

豚の膵臓

中国の薬膳には、以類治類(同物同治)といういう言葉があります。

体の不調な部分を治したいときは、不調な部分と同じ部位を食べる。

たとえば、肝臓の調子が悪いときには動物のレバーを、心臓が悪ければハツを、胃が悪いときは胃を食べるといった具合に、日常的によく利用されています。

糖尿病には、豚の膵臓を食べて、膵臓の働きをよくしインスリンの分泌を促すようにします。

 

f:id:w-yakyuuboy:20170607114601j:plain

 

 

豆(トウ)チと長ネギを加えて煮る

豚の膵臓を、水でやわらかくなるまで煮ます。

煮えたら、豆チ30gと長ネギ1本の白い部分をガーゼに包んで加え、さらに煮込みます。

煮込んだ膵臓は、食べやすい大きさに切って、お腹がすいたときに食べます。

スープには降糖効果があるといわれ、喉がかわいたときに飲みます。

(豆(トウ)チ:大豆を粒ごと発酵させたもの)

 

口のかわきを止める効果がある

エンドウマメ、トウガン

エンドウマメ

うす味で煮たエンドウマメを、毎日1カップずつ食べます。

中国でも、古くから糖尿病に効果のある食事療法として、エンドウマメはよく使われています。

 

トウガン

トウガンは、喉のかわきを止める効果があるといわれています。

喉がかわくときに、絞った汁をコップ1杯飲みます。

ひどく喉がかわいて、小便の回数が多い場合には、水600mlに、乾燥させたトウガン10g、黄連3g、麦門冬10gを入れ、1/2量になるまで煎じます。

この煎じ汁1日分を、3回に分けて空腹時に飲みます。

 

以上が「糖尿病の食事療法」でした。

少しでも参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

薬膳!~精神不安やストレスの悩みを解消する!

f:id:w-yakyuuboy:20170606153411j:plain

 

ご覧いただきありがとうございます。

今回は「ストレスを和らげてくれる薬膳」のご案内です。

精神不安や神経衰弱、ストレスなどは、精神病とは違い神経症の一つと考えられます。

精神不安や神経衰弱などは、春先になると多くみられ、これは、腎臓や肝臓の働きと関係があるとされています。

腎臓の機能が衰えると、不安感、驚き、恐怖などが多く感じられ、また、肝機能が衰えると怒りっぽくなったり、イライラなどの感情が、多くあらわれてくるといわれています。

次に、このような症状に効果がある、食べもの、食養法をご案内します。

 

 

効果がある食べもの

ユリ根

ユリ根は、更年期に起こりやすい、不定愁訴や精神不安の症状などに効果があります。

また、中国の漢方古典には、ノイローゼ(百合病ヒャクゴウビョウ)はユリでなければ治らないと記されています。

 

f:id:w-yakyuuboy:20170606153534j:plain

 

 

クルミ

ヒステリー、神経衰弱、健忘症、不眠などによく効きます。

クルミのほかに、桂皮、龍眼、金針菜、レンコン、コムギ、シュンギク、シソ、ラベンダー、ミントなどにも効果があるといわれています。

 

神経をやわらげる食養法

クルミじるこのつくり方

材料:クルミ、赤棗(あかなつめ)、ハチミツ、塩少々

①殻を割り取りだしたクルミを、しばらく熱湯に浸してから、竹串などで薄皮をとり除く。

②赤棗は一晩水に浸したあと煮る。

煮たものをハチミツに漬けておく。

③クルミ(飾り用に少し残しておく)と水1/2カップを、ミキサーにかけ充分砕けたら、さらに水5カップを加えてよく混ぜて、布で絞るか裏ごししておく。

④鍋に、布で絞ったものか、裏ごししたものに豆乳2カップを加え、強火にかける。

沸騰したら弱火にして20分ほど、焦げないようにゆっくりかき混ぜる。

⑤ユリ根を加え、さらに10分ほど煮る。

⑥冷めたら、ハチミツと塩少々を入れて器に注ぎ、飾り用に残しておいたクルミと、ハチミツ漬けした赤棗を加える。

 

ユリ根入りハーブライスのつくり方

材料:ユリ根、コメ、アワ、クルミ、マツの実、コーン油またはサラダ油、ゆかり(塩入り赤ジゾ粉)、ラベンダーの葉、ペパーミントの葉

①コメとアワは、30分ほど水に浸したあと水をきっておく。

②殻から取りだしたクルミは、熱湯に浸してから、竹串などで薄皮をとり除く。

③鍋に、サラダ油かコーン油を入れて熱し、コメ、クルミ、アワ、マツの実を入れてよく炒めてから、水を注ぎ普通のご飯と同様に炊く。

④炊きあがる直前に、ユリ根をほぐし入れてよく蒸らす。

⑤茶碗につぎ、ゆかりをふりかけ、刻んだラベンダーの葉とペパーミントの葉を散らす。

 

ユリ根サラダのつくり方

材料:サラダ菜またはレタス、プチトマト、キュウリ、紫タマネギ、ユリ根、ミントの葉、スミレの花、ラベンダービネガー

①ボウルに、サラダ菜またはレタスを敷き、プチトマトとキュウリ、紫タマネギのスライスしたものを盛り、蒸したユリ根、ミントの葉、スミレの花を散らす。

②これにラベンダービネガーをかける。

 

以上、が「ストレスを和らげてくれる薬膳」です。

少しでも参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ふさふさした髪を保つ!~こうして抜け毛を防ぐ!

f:id:w-yakyuuboy:20170607081008j:plain

 

ご覧いただきありがとうございます。

今回は「抜け毛を防ぎふさふさした髪を保つ」のご案内です。

頭がハゲる原因は、遺伝子によるものや、男性ホルモンに関係があるといわれています。

そのほかにも、髪の毛がだんだん薄くなる要因は、加齢、ストレス、脂肪の多い食品の食べすぎや、アルコールの飲みすぎ、また、整髪料の種類や使い方が原因ではないかとも。

などといった様々な誘因があげられています。

いずれにしても、抜け毛の予防には髪の生育に必要とする、硫黄分を含むたんぱく質、ビタミンA、B2、B6、亜鉛、鉄、ヨードなどの栄養分を充分とることが必要です。

また洗髪は2、3日に一回程度にし、その都度マッサージなどで血行をよくします。

 

 

髪の健康には、腎を補い補血で

レバー

漢方では、抜け毛や白髪の原因は、腎気が衰えた結果とされています。

また、レバーは腎を補い、補血の作用もあるといわれています。

造血に必要な栄養素である鉄分やビタミンA、B類、C、Eとともに、各種のミネラルもたっぷり含まれています。

髪の健康を保つためにも、レバーをたくさん食べたいですね。

 

f:id:w-yakyuuboy:20170605192956j:plain

 

 

毛母細胞の働きをよくする

小麦胚芽

小麦には良質のたんぱく質が含まれています。

特に、胚芽部分には、ビタミンB類が豊富です。

ビタミンB2が不足すると、髪の毛を作る毛母細胞の働きが、劣るといわれています。

小麦粉は、できるだけ、表皮、胚芽、胚乳をすべて粉にした、全粒粉といわれるものを選びたいものです。

全粒粉が手に入りにくいときには、健康食品店や薬局で、小麦胚芽は市販されています。

この小麦胚芽を、ご飯を炊くときに入れたり、揚げもののころも、などの小麦粉を使ったた料理に、大さじ2、3杯加えれば、手軽に摂取できます。

 

毎日積極的にとりたい必需食品

黒ゴマ、コンブ、鶏ガラ

黒ゴマ、コンブ、鶏ガラは、

髪の生育に特効的な働きをするといわれる食品です。

これらは、”髪を美しくする”(5017.5.19・5017.5.20に公開)

でご案内しています。

 

以上が「抜け毛を防ぎふさふさした髪を保つ」でした。

少しでも参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。