健康ナビ

健康になるための情報

ヒトの皮膚病&皮膚の表面!

f:id:w-yakyuuboy:20170313185304j:plain

 

ご覧いただきありがとうございます。

今回は「皮膚の病気と皮膚の表面」のご案内です。

体の皮膚は、表面にある表皮、その下に真皮、皮下組織といった組織でできており、私たちが普段、肌と言っているのは皮膚の表面である表皮のことです。

肌には細かい起伏があり、その高まったところは、真皮(表皮の下にある繊維性結合組織)の表面から、表皮中に突出する乳頭があります。

この高まったところを皮膚小稜と言い、皮膚小稜の間の溝を皮膚小溝と言います。

さらに皮膚はその下にある、皮下組織の形態によって、より大きな起伏を生じます。

このほかにも、運動などにより筋肉の収縮にともなってしゅうへき(ひだ状のもののこと)を生じます。

 

 

皮膚の病気

体の表面は皮膚でおおわれているため、外部からの刺激や、種々の病原菌などの影響をうけやすく、また、体内からの影響もあらわれやすくなります。

皮膚の状態を確かめるには、皮膚を直接見て、手でさわって見れば、わずかな変化も見ることができます。

皮膚病の種類は、さまざまあり大別すると次のものがあります。

①皮膚限局性のもの

あざ、ほくろ、湿疹、皮膚炎など

②アレルギー性皮膚病

接触皮膚炎、湿疹など

③外因性皮膚病

スピロヘーターなどの微生物、打撲、摩擦などの機械的刺激、動植物、薬品、細菌など

④内因性皮膚病

糖尿病、肝臓病、腎臓病などの代謝障害、遺伝性皮膚病など

⑤全身にわたるもの

膠原病、内分泌障害、代謝障害、全身性母斑症など

⑥特殊なもの

エリテマトーデス、尋常性白斑など

 

f:id:w-yakyuuboy:20170313185353j:plain

 

 

皮膚の表面

成人の皮膚の総面積は、畳一枚分(約1.6㎡)とほぼ同じです。

重さは、皮下組織まで加えると体重の14%にもなります。

手足それぞれの指には指紋があります。

この指紋の役目は、外からの刺激をより敏感に感じ取ることです。

このため、指先に山と谷の模様をつくって表面積を広げ、ものに触れたとき、多くの情報を感知します。

また、手の指紋はものをつかむときの、すべり止めの役割もあります。

皮膚の表面には、小さな穴が多数あいています。

この穴は汗腺と毛穴の2種類あり、汗腺は発汗するための穴で、全身に200万~500万個(約390個/c㎡)もあります。

毛穴には、体毛が生えているほか、皮脂腺があり絶えず微量の脂質分を外に出しています。

このことから皮膚表面には、皮脂膜と言った、汗と脂質分が入りまじり合ったものが付着しています。

 

以上が「皮膚の病気と皮膚の表面」についてでした。

少しでも参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ふけ症!予防と治療

f:id:w-yakyuuboy:20170312180422j:plain

 

ご覧いただきありがとうございます。

今回は「ふけ症」についてです。

ふけは、被髪頭部にみられ、汗腺や脂腺の分泌物と表皮角質層が、自然にはがれ落ちたものです。

おもに思春期や初老期にあらわれます。

病的なものは、頭部粃糠疹(ひこうしん)と言い、頭部に角質がたまって、多くの米ぬか状のふけが落屑します。

次に、ふけとは、ふけの予防法、治療法をご紹介します。

 

 

ふけ症 

自然なふけ・病的なふけ

頭の皮膚は、洗髪直後では角質層が洗い落とされきれいですが、2~3日経つと、表皮の角質がはがれたまってきます。

その後には、ふけが多く見られるようになり、洗わないでいると臭気を放つようになります。

これは、洗髪をしていないためで、病的なものではありません。

次のような症状の場合は、皮膚病が疑われます。

①かゆみがひどくふけが異常に多い。

頭皮の湿疹、皮膚炎など

②髪の生えぎわで大きく落ちにくいふけ。

乾燥癬、脂漏性皮膚炎など

③小児に多くみられ、頭部に白癬菌が感染して起こり、はっきりした範囲に細かいふけがみられる。

頭部白癬(しらくも)

④若はげの予兆として、頭全体に細かい灰白色のふけが多く付着する。

粃糠性脱毛症(ひこうせいだつもうしょう)、医師の診察と治療を受ける。

 

f:id:w-yakyuuboy:20170312180506j:plain

 

 

治療

病気ではなく、ふけが多いだけの場合には、皮膚に合ったシャンプーで洗髪すると、ふけを軽減することができます。

しかし、原因が病気の場合は、洗髪をしてもシャンプーをかえても、ふけの改善はみられません。

治療としては、ビタミンB複合体や卵胞ホルモンの投与や、レゾルシンアルコールの塗布などが行われます。

かゆみが激しいときは、ステロイド剤入りのクリームやローションを、処方される場合もあります。

これをかゆい部分に、一日に2~3回すり込むと効果があります。

他にも、病状によってビタミンB2、B6も用いられます。

 

ふけの予防

自分に合ったシャンプーを

ふけを防ぐには、頭髪や頭皮の汚れを落として、適度なうるおいを保つなど、自分に合ったシャンプーを選ぶことが大切です。

選ぶ目安として、脂性のふけには洗浄力の強いシャンプー、乾燥ふけにはオイリーシャンプーがおすすめです。

 

洗髪の方法も大切

汚れがひどいときは、毎日、(通常の場合は週2~3回)肌に合ったシャンプーを使用します。

この際、頭皮をつめで傷つけないように気をつけて洗い、ぬるま湯でよくすすいだのちリンスしておきます。

水けはふきとって、髪はよく乾燥させることが大切です。

 

病気ではないが、ふけが多い場合

ふけとり用の薬剤、ミカロンを洗髪の前に頭皮に塗ってから、洗髪すると効果があります。

 

以上が「ふけ症」についてでした。

少しでも参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

アマチャヅル!育て方!~せき・のどに効く民間療法!

f:id:w-yakyuuboy:20170311192446j:plain

 

ご覧いただきありがとうございます。

今回は「せき・のどに効く民間療法4-アマチャヅル」のご紹介です。

アマチャヅルは、ウリ科の多年生のつる草で、日本各地に分布しています。

葉は互生し、葉柄のついた普通5枚の小葉からなり、両面に白い毛がまばらにあります。

茎から巻きひげが出て長く伸び、他物に巻きつきよじ登っていきます。

葉のつけ根から花序を出し、8~9月ごろ黄緑色の小花を咲かせます。

丸い小さな果実は熟すと緑黒色になり、葉はなめると甘味があるところからアマチャヅルという名がつけられました。

 

 

せき・のどに効く民間療法

アマチャヅル

アマチャヅルの効能

昔からアマチャヅルは、高麗ニンジンに匹敵するほどの効果があると言われており、高価な薬用ニンジンの代わりとして、多くの人に利用されています。

アマチャヅルには、サポニンと言う有効成分が、50種類以上も含まれ、このうちの4種類が、高麗ニンジンの成分と全く同じサポニンです。

サポニンとは、植物界に分布する配糖体のことで、油や水に溶けて泡立つ物質です。

効能としては、中枢神経に対して鎮静効果があり、せきはもちろんストレスに伴う胃痛や腰痛、便秘や下痢などにも効果があります。

 

f:id:w-yakyuuboy:20170311192616j:plain

 

 

アマチャヅルの育て方

①種は黒い熟したものだけを選び、白っぽいものは除き一昼夜水につける。

②小鉢などに、川砂とバーミキュライト(土壌改良用の土)を入れ、種を数粒まく。

③土が乾かなほどの水を与えていると、1ヵ月ほどで芽がでて、さらに2~3週間経つと本葉がでてくる。

④植えかえ用土を、鹿沼土と腐葉土を10対3の割合でまぜ用意する。

⑤本葉が2~3枚ついたところで④に植えかえる。

⑥根づいたら油かすを与え、ひもや針金などを張る。

朝夕の水やりをは忘れないように。

⑦夏に地上部を刈り取り、さっと水洗いし日に干して乾燥させる。

粗く刻み、茶箱、カン、ダンボール箱などに入れて、湿気のない冷暗所に保存する。

 

利用法

水600mlに乾燥葉3~5gを入れ、半量になるまで煎じる。

この煎じ汁を一日3回に分けて、空腹時に服用する。

 

以上が「せき・のどに効く民間療法ーアマチャヅル」についてでした。

少しでも参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

キンカンの甘煮!作り方!~せき・のどに効く民間療法!

f:id:w-yakyuuboy:20170310162641j:plain

 

ご覧いただきありがとうございます。

今回は「せき・のどに効く民間療法3-キンカン」のご案内です。

キンカンは、中国原産で小低木のミカン科、カンキツ類のキンカン属に属します。

日本では長キンカン、丸キンカンの両種が栽培されています。

このキンカンは、昔からのどに効く民間療法、せき止めの妙薬として用いられています。

キンカンには、痰を切り炎症を抑える作用があるので、喉の痛みやせきを鎮めるのに有効です。

ここで、せき・のどに効くキンカンの甘煮をご紹介します。

 

 

せき・のどに効く民間療法-3

キンカン

キンカンの甘煮

キンカンは、以前にはミカンと同種と考えられていましたが、皮のほうが実より味もよく、葉には精油分が含まれており、ミカンとは葉脈も異なっていることから、ミカン属から分離して、今ではキンカン属に属しています。

果皮には、ペントザン、ガラクタン、フラボノイドなどの成分が含まれており、果肉だけを食べるのではなく、薬用として、皮ごと砂糖煮や砂糖漬けにして、利用されています。

11月から3月ぐらいにかけて、店舗に置かれているものは、砂糖キンカンと言い、甘みがあり生のまま食べてもよいですが、時期はずれの場合には、甘煮にしておくとよいでしょう。

冷暗所で保存すると3カ月ほどもちますから、お茶うけや正月料理にも利用できます。

また、煮汁に熱湯を注いで飲めば、ストレスが原因で起こる胃痛、カゼの予防やせきなどにも効果があります。

のどがいがらっぽいときには、一日2~3個食べるとよいでしょう。

甘煮にする果実は、よく熟したものであればどの種類でもよく、種類にこだわる必要はありません。

 

f:id:w-yakyuuboy:20170310162707j:plain

 

 

キンカンの甘煮の作り方

材料:キンカン300g、砂糖300g

①12月~3月に果実を採取する。

キンカンを洗い切り目を縦に入れる。

②水150mlを沸騰させ、キンカンを3分ほどゆでる。

③キンカンを味見して、苦みが強いようであれば、苦みを和らげるために、1~2回ほどゆで直す。

④竹ぐしなどで、キンカンの切り目から種を抜く。

⑤キンカンと同量の砂糖を加えて、じっくりと弱火で煮詰め、ほどほどに水気がなくなったら、火を止める。

⑥ビンに詰める。

 

以上が「せき・のどに効く民間療法ーキンカンの甘煮」についてでした。

少しでも参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

せき・のどに効く民間療法!~ダイコンあめ!その作り方!

f:id:w-yakyuuboy:20170309183049j:plain

 

ご覧いただきありがとうございます。

今回は「せき・のどに効く民間療法-2」のご案内です。

日本人は弥生式文化のころから、シソの魅力に取りつかれていました。

このシソは民間療法として、せき・カゼ・痰などの症状にも有効です。

しば漬けや梅干しの紫紅色は、シソの葉に含まれるチアニンという色素によるもので、酸に合うとその独特の紫紅色になります。

療法で用いるシソの葉は夏季に採取し、半日ほど日干しにした後、風通しのよい場所で陰干しします。

また、種子は10月ごろに実を採取し、もんで種子をとり出して陰干しにします。

チリメンジソ(縮緬紫蘇)の葉から、アントシアン配糖体ペリラニン(色素など)が 取り出されます。

また、シソの香気はシソ油で、この成分はペリラアルデヒドを含んでおり、強い防腐力があります。

せきやカゼの症状には、水400mlに、乾燥シソ葉5~10gを入れ、1/3量になるまで煎じます。

この煎じ汁を一日分として、2~3回に分けてその都度温めて、服用すると効果があります。

 

次にせき・のどに効くダイコンあめをご紹介します。

 

 

せき・のどに効く民間療法-2

ダイコンあめ

ダイコンは養生三宝のひとつ

ダイコンは、とうふと白菜とともに、精進料理の養生三宝と言われるもののひとつです。

また、すずしろとも言われ、七草がゆのひとつで、万病によいと言われています。

ダイコンは、全体の94%が水分で、その成分は消化酵素ジアスターゼや、ビタミンCが100g中15mg含まれ、葉にはビタミンAやCが含まれています。

繊維質も多く含まれており、この繊維質が、腸内でビタミンBやKをつくる細菌の、培養を促進します。

これには、腸内発酵を防ぐ作用があり、下痢や便秘の症状の人に効果があります。

また、体内の有害な老廃物が排出され、美容や健康にもよく、老化を予防してくれます。

また、カゼによりせきやのどが痛むときには、ダイコンあめを作って飲みましょう。

ダイコンに含まれる酵素とビタミンCが、ハチミツと合い混ざって、のどの炎症を和らげ、せきをしずめて痰を除いてくれます。

 

f:id:w-yakyuuboy:20170309183242j:plain

 

 

ダイコンあめの作り方

材料:ダイコン小1/4本、ハチミツ1~2カップを用意する。

①2cm角に切ったダイコンとハチミツをビンに入れる。

②ビンに漬けておくと、ダイコンが浮いてくるので、浮いてきたダイコンをすくいとり除く。

③ダイコンエキスがしみ出た液を飲む。

このダイコンエキスを一日に2~3回、

小さな杯に一杯ずつ飲むと、のどの痛みが治ります。

 

以上が「せき・のどに効く民間療法-2」についてでした。

少しでも参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

せき・のどに効く民間療法!~アロエあめ!医者いらず!作り方!

f:id:w-yakyuuboy:20170308180822j:plain

 

ご覧いただきありがとうございます。

今回は「せき・のどに効く民間療法-1」のご案内です。

のどに効く民間療法としては、キキョウやアロエが有効です。

キキョウの根を薬用にして用います。

キキョウは秋の七草の一つで、採取は、夏から秋にかけておこないます。

根を掘って水洗いをし、細根は取り除き細く切ってから、風通しのよいところで日干しにします。

これを薬用の桔梗根と言います。

桔梗根にはサポニン、イヌリン、フィトステロールなどの成分が含まれています。

のどの痛みに用いるときは、水400mlに桔梗根2~5g、甘草3~5g、黒大豆5gを入れ、半量になるまで煎じ、これを一日3回に分けて温めて服用します。

次にせき・のどに効くアロエあめをご紹介します。

 

 

せき・のどに効く民間療法

アロエあめ

アロエは医者いらず

昔から、アロエは医者いらずと言われ、多くの人に利用されてきました。

神経痛や、やけどに効くほか、インフルエンザのウイルスにも有効です。

カゼの対策で用いるアロエは、生のしぼり汁でもよいですが、生のままでは飲みづらいので、アロエあめを作ってなめると、のどが楽になって、おいしくいただけます。

また、アロエを生のまま用いると、病人や下痢しやすい人などには、作用が強すぎると言ったこともあります。

熱を加えるとおだやかに作用しますので、安心してなめることができます。

アロエあめをなめていると、ウイルスによる感染が抑制され、カゼによる咳、のどの腫れや痛み、また口中の炎症も抑えることができます。

しかし、なめながらお茶などを飲むと、成分が流れてしまうので効果がありません。

アロエあめを子供に与える場合、一日分として10~20gが適量です。

なめすぎるとアロエの成分が多すぎて、下痢することもあります。

 

f:id:w-yakyuuboy:20170308180900j:plain

 

 

アロエあめの作り方

①アロエの生葉150g、砂糖30g、水あめ150gを用意する。

②葉をよく洗い表面の水分をよく拭きとる。

とげをとりおろし金ですりおろす。

すりおろした汁を布巾で絞る。

③鍋にしぼり汁と砂糖、水あめを入れ弱火でよくかきまぜながら煮詰める。

④筋が立つようになったら火を止める。

⑤角形の浅い容器にオイルを引き、煮詰めたものを流し込む。

⑥これを冷蔵庫か冷凍庫に入れ固める。

⑦固まったら食べやすい大きさに切り分ける。

 

以上のように作り方は簡単で、砂糖や水あめを加えているので、子供も好んでなめてくれるでしょう。

 

以上が「せき・のどに効く民間療法ーアロエあめ」についてでした。

少しでも参考になれば幸いです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

アレルギーによる病気!~薬物アレルギー!

f:id:w-yakyuuboy:20170307183714j:plain

 

ご覧いただきありがとうございます。

今回は「アレルギーによる病気-3」のご案内です。

アレルギーは次世代に現れやすい優性遺伝です。

両親のどちらか一方がアレルギーを持っていると、子供の25%~50%に遺伝すると言われています。

また、両親ともにアレルギー体質の場合には、子供の70%以上にアレルギーが出る可能性があります。

しかし、アレルギー体質が遺伝しても、必ずしも、その症状は両親と同じとは言えません。

たとえば、親がアレルギー性皮膚炎の場合でも、子供はゼンソクと言ったことも少なくありません。

 

 

アレルギーによる病気-3

薬物アレルギー

薬物アレルギーとは、ある種の薬に対して、過敏な反応を示すことを言い、アレルギー体質の人に起こることが多く、同じ薬を長期間服用していると、起こりやすくなります。

薬の服用が一定量を超えた場合には、だれにでも中毒症状が出るのに対し、薬物アレルギーの場合は、少量の服用でも反応を起こします。

また薬効が異なっていても、同じような症状が起きることも特徴です。

 

症状・原因

症状としては皮膚症状が最も多く、皮疹、ジンマ疹、固定疹、剥離性皮膚炎など。

また、全身症状としては、アナフィラキシーショックがあります。

フェノチアジンやサルファ剤による日光皮膚炎、化粧品や漆によるかぶれなどは遅延型アレルギーによる皮疹。

その他、肝障害、脳・神経系障害、造血障害、血清注射で起こる血清病などがあげられます。

 

f:id:w-yakyuuboy:20170307183839j:plain

 

 

治療

まずその薬の服用をやめることです。

アナフィラキシーショックの症状が起こったら、医師によって抗スタミン剤、昇圧剤、輸液、副腎ステロイド剤の注射などを施し、その症状に応じた、適切な対症療法が行われます。

呼吸停止や窒息の場合には、酸素収入、気管確保、人工呼吸などの療法を素早く行います。

副腎皮質ステロイドは、アレルギー症状によく効きますが、長く使っていると、副作用が起こりやすくなるので、回復後はなるべく早くやめます。

また、抗ヒスタミン剤は、ジンマ疹などの皮膚症状に効果があります。

 

予防

アレルギーのある人は、その旨を必ず医師に伝えて、投薬してもらいましょう。

これまでに、ある特定の薬に対して、アレルギーのあった人が、再び使用すると、ショック症状を起こす場合があります。

また、薬を連用するとアレルギーを起こしやすくなるので、薬の使用の際は、自分の判断で長く使うことは避け、必ず医師の指示に従います。

 

以上が「アレルギーによる病気-3」についてでした。

少しでも参考になれば幸いです。

最後までご覧いただきありがとうございました。