読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆうの健康ナビ

健康になるための情報を載せて行きます

近視・老眼を防ぐ!このようにすればよい!

f:id:w-yakyuuboy:20170429085218j:plain

 

ご覧いただきありがとうございます。

今回は「近視・老眼を防ぐ対策法」のご案内です。

老眼や近視の症状は、年齢からくるものや体質的、遺伝的なものが考えられます。

どんなに予防していても、防げないこともありますが、日々の生活の上で、対策している人と、そうでない人とでは、明らかに症状の進行が、違ってくるのは確かのようです。

次のような対策をすると、効果があらわれるのではないでしょうか。

 

 

近視・老眼を防ぐ対策法

遠くや近くを見る

長時間見る書く、暗いところで見る書くなどをした後は、遠くの山や緑の木などを見て、目をリラックスさせましょう。

また次のようなことをやってみて下さい。

まず、光の強くないところで遠くの山や木、建物など目標を決め、そこの目標を集中して数秒間見つめます。

次に目の前にある物を数秒間見つめます。

これを10回程度繰り返して、最後にもう一度遠くの山などを見つめます。

これで目をリラックスさせることができます。

 

f:id:w-yakyuuboy:20170429085331j:plain

 

 

テレビは離れて見る

テレビは明るい部屋がよく、見る場所は、画面の大きさにもよりますが、2~3m離れてみるのがよいといわれています。

なお、ゲームなどする人は目を酷使しますので、長時間するのは控えましょう。

特に子供には注意が必要です。

 

照明は明るく

文字を読んだり書いたりする場合には、部屋の照明はなるべく明るくして、左斜め前からか、または斜め後ろから光が当たるように、電気スタンドを置くのがよいでしょう。

左手で鉛筆を持つ人はその逆にします。

 

頭寒足熱と睡眠が重要

目にとって大切なことは、目を酷使したら十分に休ませることです。

そのためには、睡眠が最もよいわけです。

よくないのは”のぼせる状態になる”です。

長風呂でのぼせたり、足を冷やしすぎて冷えのぼせしないようにしましょう。

頭は涼しく、足は温かくし、いわゆる”頭寒足熱”が目には一番よい状態といえます。

 

以上が「近視・老眼を防ぐ対策法」についてでした。

少しでも参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ビタミンB3・C・D欠乏症!症状&含まれる食物!

f:id:w-yakyuuboy:20170428092946j:plain

 

ご覧いただきありがとうございます。

今回は「ビタミンB3・C・D欠乏症」のご案内です。

ビタミンは摂取量が微量でも、物質代謝の潤滑油として、重要な働きをしています。

食事の内容に偏りがあると、欠乏症にかかってしまいます。

欠乏症にならないためにも、食事は好き嫌いせず、色々なものを食べるようにしたいですね。

 

 

ビタミンB3・C・D欠乏症

ペラグラ(ナイアシン欠乏症)

ペラグラはナイアシン(ビタミンB3 ともいう)が欠乏すると起こります。

手や足の甲に紅斑があらわれて、日数とともに次第に褐色へと変色してきます。

また、口腔、舌、尿道、腸などに炎症ができたり、不眠、ソウ状態、食欲不振、錯乱状態、無力、興奮、知覚異常などの症状があらわれます。

これにはビタミンBの補充が必要です。

多く含む食物は、マグロ、サンマ、サバ、アジ、カツオ、たらこ、牛レバー、豚レバー、豚ロース、鶏ムネ肉、大豆、玄米、卵など。

 

f:id:w-yakyuuboy:20170428093033j:plain

 

 

ビタミンC欠乏症

ビタミンC欠乏症になると、初めは足のふくらはぎの筋肉が、ひきつるような痛みを覚えます。

症状が進んでくると、次第に肌に点状の出血がでてきたり、歯ぐきがはれて出血を伴うようになります。

なお悪化してくると、鼻血が出やすくなったり、歯ぐきに潰瘍ができたり、眼底出血、骨膜下出血なども起こりやすくなります。

このような出血がつづくと、貧血になってしまいます。

このようなときには、ビタミンCを多く摂取する必要があります。

ビタミンCを多く含む食物には、ピーマン、ブロッコリー、ホウレンソウ、メキャベツ、イチゴ、コマツナ、甘柿などがあります。

 

ビタミンD欠乏症

ビタミンDが欠乏すると、成人の場合は骨軟化症になります。

発育盛りの子供が欠乏すると、成長の過程で骨の石灰化が進まず、くる病にかかりやすくなります。

対策として、ビタミンDを多くとることが必要ですが、

太陽光に当るだけでもかなり効果があるといわれています。

しかし、ビタミンDのとりすぎは、過剰症になって下痢となるので注意を要します。

ビタミンDが多いものは、レバー、しらす干し、カツオ、イワシ、シイタケなど。

 

以上が「ビタミンB3・C・D欠乏症」についてでした。

少しでも参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ビタミンA・B1・B2・B12欠乏症!何を食べればいいの・その症状とは!

f:id:w-yakyuuboy:20170427113616j:plain

 

ご覧いただきありがとうございます。

今回は「ビタミンA・B1・B2・B12欠乏症」のご案内です。

戦争直後の日本では、ビタミン欠乏症が多く存在していたといわれています。

現在では食生活も改善され、栄養豊富な食品の使用によって、高度のビタミン欠乏症の数は、あまり多くないかも知れません。

しかし、軽度のビタミン欠乏症は、なお多数存在していると考えられています。

 

 

ビタミン欠乏症

ビタミンA欠乏症

ビタミンAが欠乏すると、夜盲症といって薄暗いところでは、物が見えにくくなる症状が起こります。

初期は肌がカサカサになり、重症化してくると角膜が潰瘍を起こして、失明の危険性も出てきます。

改善するためには、ビタミンAを多く摂取することです。

ビタミンAが多く含まれる食物は、卵黄、レバー、バター、チーズ、うなぎ、シュンギクなどがあります。 

また、緑黄野菜に含まれるカロチンは、体内でビタミンAに変化してくれるので、カロチンを多く含む、カボチャ、ニンジンなどを食べるのもおすすめです。

 

f:id:w-yakyuuboy:20170427113243j:plain

 

 

ビタミンB1欠乏症

ビタミンB1が欠乏すると、脚部がけだるく感じて疲れやすくなります。

また症状には、食欲不振、動悸息切れ、手足のしびれ、下肢のむくみなどさまざまです。

重症になると視力が衰えて、足が動かせなくなったり、膝蓋腱反射(しつがいけんはんしゃ)もできなくなります。

これを治すためには、ビタミンB1を大量にとる必要があります。

ビタミンB1は、いろいろな食品のなかに含まれているので、偏った食事をしないかぎり、B1欠乏症の心配はないでしょう。

ビタミンB1を含む食品は、豚肉、ダイズ、アズキ、玄米、胚芽米など。

 

ビタミンB2欠乏症

欠乏すると、唇や目のまわりが、ただれたり舌が荒れてきます。

ビタミンB2を含む食品は、卵黄、レバー、チーズ、セロリ、ホウレンソウなど。

 

ビタミンB12欠乏症

普通の食事であれば、欠乏症の心配はほとんどありませんが、偏食によりビタミンB12が不足すると、神経症状があらわれたり、

舌炎や貧血などの症状がでてきます。

また、顔色が悪くなって立ちくらみや、動悸、息切れなどが起こります。

特徴として、舌が痛いむ、味覚がなくなる、などの症状があらわれます。

ビタミンB12を多く含む食物は、レバー、魚、カキ、アサリ、シジミ、チーズなど。

 

以上が「ビタミンA・B1・B2・B12欠乏症」についてでした。

少しでも参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ファイトケミカル!がんの危険性を減少させる!

f:id:w-yakyuuboy:20170426115031j:plain

 

ご覧いただきありがとうございます。

今回は「ファイトケミカル・ビタミン」のご案内です。

ファイトケミカルは、第7の栄養素ともいわれており、近年注目を浴びている抗酸化成分である天然の化学物質です。

抗酸化力があり、免疫力アップや健康維持・改善に役立つといわれており、植物に存在する色素や香り、苦味などの成分から発見されました。

健康によい影響を与える生体調節機能に、深く関係しているといわれています。

 

 

ファイトケミカル

ファイトケミカルは植物中に存在する天然の化学物質ですが、あらゆる野菜や果物に含まれています。

古くから薬として用いられてきたといわれています。

ファイトケミカルの中には、がんの危険性を減少させる抗発がん作用、更年期障害改善、老化抑制、抗酸化作用、などといった様々な効能が期待できます。

植物の色素によっても効能は様々です。

緑、赤、黄、オレンジ、紫、白、黒色の野菜、果物などをバランスよくとるよう心掛けたいですね。

 

f:id:w-yakyuuboy:20170426115214j:plain

 

 

緑黄色野菜に豊富なビタミン

緑黄色野菜の代表的なものは

代表的なものをあげると、春菊、ほうれん草、ブロッコリー、ピーマン、オクラ、小松菜、パセリ、ニラ、モロヘイヤ、ネギ、チンゲン菜、カボチャ、ニンジン、トマト、バジル、パプリカ、などがあります。

 

トマトのβカロテン・リコピン

トマトに含まれるβカロテンはトマト100g中に、540μgも含んでおり、強力な抗酸化作用による粘膜や皮膚の健康維持など期待できますし、ビタミンCやビタミンEも含んでいる優秀な野菜なのです。

また、赤い色素をもつ野菜や果物にはリコピンが多く含まれていて、ガンやアレルギー、動脈硬化などの予防に有効です。

 

ブロッコリーのビタミンC

緑黄野菜のブロッコリーはブロッコリー100g中に、ビタミンC120mgも含む優れた野菜です。

レモンよりも多くのビタミンCを含んでいます。

熱を通すと、ビタミンCは約3分の1に減少しますが、成人の一日分の必要摂取量100mg の40%を、ブロッコリー100gでカバーできることになります。

他に食物繊維、鉄分、βカロテン、カリウム、ミネラルなどの栄養素を豊富に含んでいます。

繊維質も多いので、快便効果および美肌効果に期待できます。

 

以上が「ファイトケミカル・ビタミン」についてでした。

少しでも参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

ビタミンACE!老化を防ぐ!

f:id:w-yakyuuboy:20170425103407j:plain

 

ご覧いただきありがとうございます。

今回は「ビタミンACE・ポリフェノール」のご案内です。

青魚は不飽和脂肪酸のオメガ3系脂肪酸を多く含みますが、あまりとりすぎると、過酸化脂質になりやすいともいわれています。

活性酵素とコレステロール中の不飽和脂肪酸が、関係してできるのが、悪玉コレステロールといわれるものです。

この悪玉コレステロールを作り出さないために、原因である活性酸素を抑えてくれるのが、ビタミンA、C、Eの働きなのです。

 

 

活性酸素を抑制するビタミンACE(エース)

悪玉コレステロール(過酸化脂質)は皮膚炎の原因

過酸化脂質とは

過酸化脂質とは、中性脂肪やコレステロールなどの脂質が、活性酵素によって酸化されたものをいいます。

この過酸化脂質は皮膚の細胞を傷つけるため、

シミ、ソバカス、カブレ、アトピー性皮膚炎などの原因にもなります。

このような皮膚疾患のある方は、あせもにもなりやすいのです。

体質を改善するためには、酸化を抑える作用のあるビタミンA、C、Eを一緒にとることが体質改善の近道です。

 

ビタミンA、C、Eとポリフェノールはラジカルスカベンジャー

ビタミンA、C、Eはラジカルスカベンジャー(遊離基捕捉剤)といい、

不飽和脂肪酸を補助し、過酸化脂質の生成を妨げます。

ラジカルスカベンジャーといわれる遊離基捕捉剤には、ほかにもポリフェノールがあります。

ラジカルスカベンジャーの代表といわれるビタミンEが、最も不飽和脂肪酸の過酸化を防いでくれます。

加齢とともに、また、食生活の乱れなどにより、過酸化脂質は増えますが、これを放置すると、アトピー性皮膚炎などのアレルギーが出やすい体質に変わります。

日頃からビタミンA、C、E、ポリフェノールが含まれる

食品を積極的に食べることが大切です。

 

f:id:w-yakyuuboy:20170425103529j:plain

 

 

ビタミンA・C・E(エース)を多く含む食材

ビタミンC

カボチャ、ブロッコリー、ピーマン、キャベツ、カリフラワー、トマト、キウイ、リンゴ、レモン、オレンジ、ユズ、アセロラなど。

 

ビタミンE

ウナギ、タラコ、イクラ、

落花生、アーモンド、ヘーゼルナッツなど。

 

ポリフェノールを多く含む食材

ショウガ、ブルーベリー、リンゴ、ブドウ、イチゴ、バナナ、ゴマ、大豆、日本茶、ココア、コーヒー、赤ワインなど。

 

以上が「ビタミンACE・ポリフェノール」についてでした。

少しでも参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

タンニン!肌を引き締めてくれる!

f:id:w-yakyuuboy:20170424090444j:plain

 

 ご覧いただきありがとうございます。

今回は「タンニン」のご案内です。

タンニンとは、植物に含まれている色素、苦み、渋みなどの成分のことで、植物の葉や根、果実などに含まれています。

植物に含まれるタンニンの役目は、強い苦みや渋みがあることから、自らを敵から守る働きがあるといわれています。

また、タンニンは、老化の原因といわれる、活性酸素を除去してくれる強い抗酸化の働きがあり、生活習慣病の予防にも効果を発揮してくれます。

 

 

タンニンの効能

肌の引き締め効果

タンニンは、たんぱく質を変性させて、血管や組織を縮める、収れんの働きがあります。

開いた毛穴や皮脂腺などを引き締めてくれるので、制汗の効果も高くなり、あせもなどの皮膚症状を抑えてくれます。

また、メラニンを産生する細胞の増殖を抑えてくれるので美白効果があります。

炎症の抑制、肌荒れ予防にも有効です。

 

抗酸化の作用がある

抗酸化とは、活性酸素による酸化を防ぐことです。

老化物質であるこの活性酸素を除去します。

体内で活性酸素が過剰になるということは、老化をはやめる原因の一つでもあります。

 

その他の効果

ガン予防、下痢止め、二日酔い、殺菌作用など。

 

f:id:w-yakyuuboy:20170424090653j:plain

 

 

タンニンを多く含む食品

緑茶、紅茶、ウーロン茶、コーヒー、ゴボウ、栗、レンコン、柿、カカオなどです。

 

簡単にタンニンをとる方法としては、緑茶、紅茶、ウーロン茶、コーヒーなどを飲むことです。

特に、ウーロン茶にはポリフェノールも含まれていますから、強力な抗酸化作用で活性酸素を制御してくれます。

お茶に含まれるカテキンも抗菌と抗酸化作用があります。

お茶なら簡単で毎日でも飲めそうですね。

 

以上が「タンニン」についてでした。

少しでも参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

サポニン!免疫、抗菌、肌トラブルなどに!

f:id:w-yakyuuboy:20170423083823j:plain

 

ご覧いただきありがとうございます。

今回は「サポニン」のご案内です。

サポニンは、植物の根、茎、葉、種子に多く含まれていて、配糖体の一種で、著しく泡を発生させる成分です。

そのためサポニンは、界面活性剤(物質境面で作用して性質を変える)としての機能があり、水と混ぜて振ると泡立つので、洗剤や石鹸としても用いられてきました。

この他にも効能として、肌のトラブルを改善してくれる働きもあります。

 

 

免疫力の強化、抗菌作用、肌トラブルなどに効果がある

サポニンの効能、効果

抗アレルギー作用や抗炎症作用もあり、肝臓炎などの炎症を鎮めたり、花粉症などのアレルギー症状や、肌のトラブルなどの症状を和らげるのに有効です。

また、体内のコレステロールを下げる効果や、脂質の酸化を防ぐ効果もあります。

 

f:id:w-yakyuuboy:20170423083915j:plain

 

 

免疫力を高める

免疫力を高める効果もあるので、風邪やインフルエンザなどの感染症から体を守ってくれます。

 

殺菌・抗菌作用がある

サポニンには、抗菌・殺菌作用があり、カビを防いでくれます。

また、椿油にも多く含まれていて、害虫の駆除にも用いられています。

 

血液の流れをよくする

サポニンには毛細血管を広げて血流を促す効果があります。

血管が広がり血流がスムーズになると、血圧を下げる効果や、血液の凝固による血栓の予防などにも効果的です。

 

冷え症を改善する

体を温めてくれるので、冷え症の改善効果もあります。

 

サポニンを含む主な食べ物

サポニンを含む食品は、高麗人参、大豆、ゴボウ、黒豆などです。

この中でも一番多いのが高麗人参です。

大豆にも多く含まれますが、その大豆製品の中でも多いのが高野豆腐。

その他の大豆製品では、納豆、豆乳、油揚げ、おからなどといろいろあります。

同じ大豆製品でも豆腐は、苦味が合わないので、サポニンは除かれています。

ゴボウはアクが出ますが、このアクこそサポニンなのです。

捨てるには、もったいない気もしますね。

植物の多くには、表皮に栄養分が多く含まれるているので、なるべく表皮も一緒に食べるようにしたいものです。

ゴボウ料理では、キンピラゴボウや天ぷら、筑前煮、サラダなどが一般的な料理法ですが、そのほか洋風料理にも合う食材です。

また、ゴボウ茶にして飲むのもよいですね。

 

以上が「サポニン」についてでした。

少しでも参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。