健康ナビ

健康になるための情報

美しい肌はからだのなかから!~効果のある食品は!

f:id:w-yakyuuboy:20170707093150j:plain

 

ご覧いただきありがとうございます。

今回は「美しい肌をつくるには」のご案内です。

美しい肌にするためには、新陳代謝を活発にし、皮膚の血行をよくして、古い皮膚と新しい皮膚をスムーズに、入れかえることが必要です。

しかし、年とともに老化が進み、新陳代謝も劣ってきます。

そこで、まず、第一に老化を防ぐことが重要となります。

老化を早める原因には、食生活の影響が大いに関係していて、肉を多食する人は、肌荒れの症状や老化が早い傾向にある、といわれています。

脂肪を多く含む肉類や魚卵類はできるだけ控えるようにしたいですね。

次に皮膚を美しくする、といわれている食品をご紹介します。

 

 

西太后も愛用した

クルミ

ペーストは効く

クルミは、木の実のなかでも、特に腎を補う作用が強いとされています。

中国、清の西太后という人は、クルミをペーストにしたものを常食にし、いつまでも若さを保っていたといわれています。

クルミは、タンパク質やリノール酸をはじめとする、不飽和脂肪酸も豊富なうえ、ビタミンB1とミネラルも多いことから、新陳代謝を活発にし、美しい肌にしてくれます。

 

毎日食べる・飲む

クルミ7個(約30g)ほどを目安に、毎日食べるといいでしょう。

また、便秘のときには、クルミ(30g)と黒ゴマ(15g)をすり合わせたものを、1さじずつ毎朝飲むと効果があります。

 

f:id:w-yakyuuboy:20170707093321j:plain

                                                                                                                  クルミ

 

便秘ぎみで肌あれの人に

キクラゲ

血液を浄化する

キクラゲは、血液を浄化してくれる、優れた食べものです。

また、健康食品の一つとされており、ビタミン類、ミネラルや植物繊維などが、多量に含まれており便秘の改善にもなります。

便秘ぎみで肌あれの人にはいい食品といえます。

できるだけ食べるようにするといいでしょう。

日本では、炒めものやスープ、ちらしずしなどの料理に、黒キクラゲを使うことが多いのですが、中国では、黒キクラゲよりも白キクラゲのほうが、腎を補う作用が強く、

強壮、不老長寿、美容に効果的とされています。

 

ナツメの実(大棗タイソウ)と合わせて煎じて

肌の荒れやすい人には、水600mlに乾燥させたキクラゲ(20g)と、乾燥させたナツメの実(20個)を入れ、1/2量になるまで弱火で煎じます。

この煎じ汁を1日分として3回に分けて空腹時に飲みます。

肌あれが改善します。

 

美肌に大敵なもの

美肌にとって大敵といわれる原因には、次のようなものがあげられます。

お酒の飲みすぎ・タバコの吸いすぎ、

肉類・魚類・タケノコ・モチゴメの食べすぎ、砂糖、香辛料のとりすぎなど、といわれています。

 

以上が「美しい肌をつくるには」でした。

少しでもお役にたてれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

のぼせるには!~これを飲む・これを食べるとよい!

f:id:w-yakyuuboy:20170706084555j:plain

 

ご覧いただきありがとうございます。

今回は「のぼせるには」のご案内です。

のぼせの原因はさまざまで、熱もないのにのぼせるという場合は、高血圧症や自律神経の失調、甲状腺機能の異常などが考えられるそうです。

また、とくに女性では更年期や生理時に、ホルモンのバランスがくずれて、のぼせるといったことは、よくあるといわれています。

次にのぼせの強い人に、

おすすめしたい食べものをご紹介します。

 

 

血圧が高い人ののぼせに

トマトジュース

トマトジュースを1日2~3回(100mlずつ)飲むと効果的です。

トマトジュースを飲むと、からだを涼しく、また、のどの渇きを止めれくれる作用があります。

ミックスジュースにする場合は、リンゴ、ニンジン、セロリなどを加えます。

 

f:id:w-yakyuuboy:20170706084620j:plain

 

 

のぼせがひどいときには絞り汁

セロリ

のぼせが強いときには、絞った汁を飲みます。

①セロリ(300g)を2~3分ゆでます。

②ゆでたセロリを細かく刻んで、すり鉢ですりおろして、

③ガーゼなどで絞ります。

④この汁を、1日2回、朝、晩、空腹時に飲みます。

このほかにもセロリは、血圧を下げる、神経を鎮める、けいれんを鎮める、浄血などの作用があり、薬効の高い野菜です。

セロリは、ちょっとしたことでのぼせる人や興奮しやすい人には、おすすめの食べものです。

 

熱を通すと食べやすい

日本ではセロリは、みそやマヨネーズなどをつけて、生で食べることが多いようです。

セロリは、香りが強く生のままでは、たくさん食べれませんが、中国料理のようにスープや炒めものにすると、たくさん食べられます。

豚肉と一緒に炒めたり、きんぴら風に細切りにしてゴマ油などで、さっと炒めて食べても美味しいものです。

また、チャーハンやスープの具などに使うなど、いろいろ工夫をしてみましょう。

 

以上が「のぼせるにはには」でした。

少しでもお役にたてれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

太りたいけど太れない方には!~これらをおすすめ!

f:id:w-yakyuuboy:20170705115109j:plain

 

ご覧いただきありがとうございます。

今回は「太れないには」のご案内です。

太りたいけど太れないといったお悩みの方も、いらっしゃるようで、やせたい人にとっては、うらやましいような悩みです。

生まれつき、やせたタイプの人は見た目にも弱々しく見えますが、高血圧症、糖尿病、狭心症などの病気が少なく、心筋梗塞などによる死亡率も低い、との統計がでているとされています。

このような人は、わざわざ太る必要はありませんね。

病気が原因で太れない、といった場合には、病気を治すことが先決です。

しかし、病気とはいえないまでも、胃腸が弱くて太れないといった場合には、食生活を見直して、栄養バランスのとれた、消化吸収のよい食事をとると、体力もつき、少しずつ体重も増加するのではないでしょうか。

ここでは滋養強壮や内臓によいといわれる、食べものをご紹介します。

 

 

滋養強壮によい

ヤマノイモ

ヤマノイモは滋養強壮によいとされる食べものです。

しかも消化を助け、下痢を止める効果もあります。

漢方薬では山薬といって、強精強壮剤として使われています。

ヤマノイモやゲンマイなどを使って、お粥をつくって食べると、からだによいといわれています。

また、やまのいも粥は消化に優れており、すくなくとも週に一度食べると、しだいに体力がついて、太れるようになるといわれています。

中国の「神農本草経」(古い医学書)には、

ヤマノイモは、

 

”「脾胃(ひい)の傷(やぶ)を主り(つかさどり)、虚弱を補い、寒熱の邪気を除き、気力を益し、肌肉を丈夫にする」”

 

と記されています。

 

f:id:w-yakyuuboy:20170705115200j:plain

                                          自然薯

 

栄養的に優れた

ゲンマイ

ゲンマイに豊富に含まれるビタミン、ミネラルは、内臓を丈夫にしてくれるといわれています。

ゲンマイを毎日食べていたら、虚弱体質が治ったといったこともよくききます。

栄養的に優れたゲンマイですが、唯一の欠点といえば、消化がよくないことです。

胃下垂などで胃弱の人には、むかないので控えたほうがいいでしょう。

 

ゲンマイと一緒に用いるおすすめの素材

枸杞子

枸杞子は昔から不老長寿の薬として知られています。

中国の「神農本草経」にも

枸杞子は、

 

”「久しく服すれば筋骨を堅くし、身を軽くし老いず、寒暑に耐える」”

 

と書かれています。

これらのことから枸杞子は、からだを丈夫にしてくれる生薬といえそうです。

 

干貝(干し貝柱)

干した貝柱も、滋養強壮の効果が高い食べものの一つです。

 

鶏肉

鶏肉を食べると、おなかが温まり気力が充実して、精力を強めてくれるといわれています。

病後などの体力回復や太れないときにもよく、食べると胃がもたれる人にも、おすすめの食べものです。

 

以上が「太れないには」でした。

少しでもお役にたてれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

頭痛に効く!~おすすめの野草・生薬!

f:id:w-yakyuuboy:20170704095623j:plain

 

ご覧いただきありがとうございます。

今回は「頭痛には」のご案内です。

一口に頭痛といっても、その症状はいろいろあり、ズキズキするような痛みから、押さえつけられるような頭重感、

あるいは、片頭痛といわれるものや、発作的なはげしい痛みを伴う、両側性の頭痛までさまざまです。

考えられる原因には、精神的な緊張をはじめ、耳、目、鼻などの炎症のほか、髄膜炎、脳出血、まれに脳腫瘍ということもあるようです。

いずれにしても、頭痛の症状は、強弱にかかわらず不快なものです。

 

 

血行をよくして頭痛をとる

キクの花

キクは血行をよくして、頭痛を鎮めてくれます。

ほかにも視力を回復させ、目を明らかにするとされており、漢方薬として、古くから用いられています。

 

キクの花茶を

キクの花茶、一つまみほど器に入れて熱湯を注ぎます。

毎日、朝晩2回さかずき1杯ずつ飲みます。

飲みにくかったらハチミツを。

 

【キクの花茶の作り方】

①食用ギクの花びらをむしる。

②熱湯に塩少々を加え、花びらをサッと熱湯に通す。

③花びらがすき通ったらざるにあげ、冷水にさらして水を絞る。

④これを乾かして保存する。

 

f:id:w-yakyuuboy:20170704095718j:plain

                                                                                                                                             食用ギク

 

生理前や生理不順の頭痛に

サフラン(番紅花バンコウカ)

これは10~11月に花の柱頭だけを採取して、日陰の風通しのよい場所で乾燥させたものです。

食料品店のスパイス売り場で売られています。

 

サフラン茶で

乾燥させた、雄しべの柱頭2~3本を湯のみに入れて、熱湯を注ぎます。

これを1日3回温かいうちに飲みます。

 

更年期障害からくる頭痛に

ボタン(牡丹皮・根)

更年期障害や生理不順などが原因の頭痛に有効とされています。

用いるのは根と皮で、漢方薬では牡丹皮(ぼたんぴ)といって、漢方専門薬局で売られています。

 

煎じる

水600mlに牡丹皮10gを入れ、1/2量になるまで煎じます。

これを1日3回に分けて飲みます。

 

慢性頭痛に有効

ウドの根

根(古いものほどよい)を掘りおこして採取し、よく洗って皮をはいでから乾燥させます。

 

煎じる

水600mlに乾燥させた根10gを入れ、1/2量になるまで煎じます。

これを毎日飲みます。慢性頭痛に有効といわれています。

漢方薬の独活(うど)は、このウドと異なり、ほかのセリ科の植物です。

ウドの根は独活と効能が似ていることから、ご紹介しました。

ウドの根でなく、独活を使ってもいいでしょう。

 

以上が「頭痛には」でした。

少しでもお役にたてれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

からだが冷えて不快なとき!~おすすめしたい食べもの!

f:id:w-yakyuuboy:20170703120704j:plain

 

ご覧いただきありがとうございます。

今回は「冷えるにはこれらを食べる」のご案内です。

腰や手足の冷える不快な症状は、思春期や更年期の女性に、多くみられるといわれています。

この冷えのおもな原因は、自律神経の失調があって、末梢血管内の血液の循環が悪い場合や、卵巣ホルモンの分泌低下などで起こると考えられています。

これらの原因のほかにも、貧血、低血圧などや、ホルモンのバランスがくずれたとき、などにも起こるとされています。

からだが冷えて不快になる症状は、特に冬場に多いようです。

冷え以外、ほかの症状がみられない場合には、日頃から適度な運動をしたり、良質なたんぱく質や油脂、ビタミン、ミネラルなど、栄養のバランスのとれた食事を、とるように心がけます。

また、貧血、低血圧のある人は、これらを改善することも大切です。

 

 

スパイスの効用

赤唐辛子、ショウガなど

赤唐辛子、ショウガ、サンショウなどの薬味には、からだを温める作用があることで知られています。

中国料理によく使われる、八角( トウシキミの果実を乾燥させたもの)も同様の作用があります。

このようなスパイスを料理に使い、いただくとからだが温まります。

 

効果的な赤唐辛子酒

からだが冷えるときは、赤唐辛子を入れてつくった、お酒を飲むと温まります。

作り方は簡単で、焼酎1.8リットルに赤唐辛子(15本)と、四つ割りにしたレモン(4個)を入れて、2週間ねかせるだけです。

これをこして寝る前に、さかずき1~2杯飲みます。

ハチミツを小量加えると、飲みやすくなります。

 

f:id:w-yakyuuboy:20170703120749j:plain

 

 

女性の冷え性には

羊肉

羊肉は、豚肉や牛肉に比べて消化がよく、からだを温める作用があるといわれています。

このことから、女性の冷え性には、最適な食べものの一つといえます。

婦人病の食養や産後の体力回復にも、よく使われているようです。

 

スープにして毎日飲む

冷えの症状がひどいときは、羊肉(500g)とショウガ(75g)

を入れてスープをつくり、毎日朝晩2回飲みます。

鍋にぶつ切りにした羊肉、スライスにしたショウガと、ひたひたになるくらい水をいれて強火にかけます。

沸騰したら弱火にして、肉がやわらかくなるまでよく煮ます。

塩、コショウなどで味を調え、肉は食べてスープも残さず飲みます。

八角とシナモンを適宜に加えると、さらに効果的です。

 

以上が「冷えるにはこれらを食べる」でした。

少しでもお役にたてれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

吐きけがするには、これを試されてはいかがでしょう!

f:id:w-yakyuuboy:20170702085501j:plain

 

ご覧いただきありがとうございます。

今回は「吐きけがするには」のご案内です。

吐きけ(むかつき)は、嘔吐に先行して起こる症状です。

嘔吐は、胃のなかのものを吐き出すことが目的で、食中毒や飲みすぎ、食べすぎ、その他のいろいろな原因で起こります。

吐きけがするときは、吐いてしまったほうが楽になることが多いようです。

吐いてしまったら、衣類やベルトなどをゆるめて、おなかや胸を締めつけないようにします。

また、吐いたものが喉につまらないように、座らせるか横向きに寝かせます。

おさまったら水分補給をお忘れなく。

 

 

吐きけを止めたいとき

ショウガ

ショウガは、魚や肉の臭さを消してくれる、調味料として欠かせない食品ですが、芳香辛味健胃薬としても幅広く用いられています。

ショウガの主成分はジンギベロン、シネオール、ジンギベロールなどで、辛味のもとはショウガオール、ジンゲロンなどの成分です。

また、精油も1~3%含まれています。

漢方では、乾燥させたショウガを乾姜(かんきょう)、生のショウガを生姜(しょうきょう)といいます。

生姜と同じように乾姜にも、吐きけを止める作用があります。

中国の研究では、ショウガオール、ジンゲロンなどの成分には、抗けいれん、解熱、鎮咳(ちんがい)などの作用や、精油成分には、抗消化性潰瘍作用や鎮痙(ちんけい)作用があることが、立証されています。

動物実験でも、ショウガの汁は嘔吐を抑えたという結果がでています。

このように、ショウガは吐きけを止めてくれるので、「嘔家(よく嘔吐する人)の聖薬」といわれています。

 

絞り汁で

コップ一杯の冷水に、生のショウガをすりおろして絞った汁、スプーン1杯を加えて飲むと吐きけが止まります。

 

f:id:w-yakyuuboy:20170702085539j:plain

 

 

吐き下しには

ウメ

ウメには、クエン酸が多く含まれており、殺菌作用が強力なうえ、整腸作用に優れていることは、よく知られています。

 

よく効く梅肉エキス

食あたりなどで吐き下しを伴う場合は、梅肉エキスがよく効きます。

梅肉エキス、小さじ1を水でうすめ、砂糖を少し加えて(好みにより)飲みます。

1回で効果がみられないときは、2~3回飲んでもいいでしょう。

 

【梅肉エキスの作り方】

①青ウメを陶器のおろし器ですりおろして絞る。

②絞り汁を日光に当てるか、弱火で煮つめて水分を蒸発させる。

 

吐き下しを伴うときには梅酢もよい

吐き下しがあり、水のような下痢を伴うときは、梅酢をさかずきに1~2杯飲むとよく効きます。

 

梅干しを煎じる

水400mlに、ウメ干し1個を入れて、1/2量になるまで煎じて飲みます。

この方法は、梅肉エキスや梅酢のないときにおすすめです。

 

花を(陰干しにしたもの)粉末にして

嘔吐が治まらないときは、粉末にしたウメの花(0.5gほど)を飲むと治ります。

 

以上が「吐きけがするには」でした。

少しでもお役にたてれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

気管支ぜんそくの方に!~おすすめしたい食物療法!

f:id:w-yakyuuboy:20170701083538j:plain

 

ご覧いただきありがとうございます。

今回は「気管支ぜんそくには」のご案内です。

気管支ぜんそくは、喘鳴(ゼンメイ)と呼吸困難を伴う、子供から老人まで幅広い年齢層にわたって起こる病気です。

(喘鳴ゼンメイ:呼吸時に出るゼイゼイ、ヒューヒューという音)

この病気は、急にせき込んだり、呼吸困難におちいるなどの発作が、繰り返し起こります。

また、この発作は、精神的ストレス、気温の変化、ほこり、花粉、などが誘因となり、とくに夜半すぎに起こりやすいともいわれています。

ここでは体質改善や発作の症状をやわらげる、といわれている民間療法をご紹介します。

 

 

痰、せき止めに 

ギンナン

漢方薬には、ギンナンを使ったせき止めの薬で、定喘湯(ていぜんとう)処方があります。

中国の「本草綱目」という古い本草書には、

 

「肺を温め、気を益し、喘嗽(ぜんがい)を治める」

 

と書かれています。

このようにギンナンは、古くからせき止めに用いられています。

また、痰のきれもよくするとされています。

 

せき止め・痰のきれをよくする

せき止めには、ギンナンがよく効きます。

利用法は、いったギンナンの実10~15gの殻を取って鍋に入れ、水をヒタヒタになるくらいに入れて煮ます。

水分がなくなるまで煮たギンナンに、ハチミツをかけて食べます。

あるいは、ギンナンの実10gを焼くか、スープにして食べても効果があります。

 

f:id:w-yakyuuboy:20170701083612j:plain

 

 

お年寄りのぜんそくに

ゴマ

ゴマは成人予防、老化防止などによい食べものの代表といわれています。

ビタミンEやリノール酸などの不飽和脂肪酸が豊富に含まれているからです。

乾いたせきを鎮めるなど、お年寄りのぜんそくにもよく効きます。

 

常備薬は手づくりで

作り方は、いって冷ました黒ゴマ250gとおろしたショウガ75gを混ぜてもう一度いります。

次に、氷砂糖とハチミツそれぞれ75gを、火にかけて溶かしたものを、いって冷ましておいた、黒ゴマ、ショウガと一緒に混ぜ合わせてから冷まします。

これを瓶につめて、常備薬として保存します。

これを毎日、朝晩2回1さじずつ飲むと、ぜんそくによく効きます。

その他にも、ナシのジュースもせき、痰によく効くといわれています。

悪寒があるときはホットジュースにして飲みます。

 

以上が「気管支ぜんそくには」でした。

少しでもお役にたてれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。