読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆうの ” けんこう ” ナビ

健康になるための情報を載せて行きます

声がかれる!~このように対処する!

f:id:w-yakyuuboy:20170522115245j:plain

 

ご覧いただきありがとうございます。

今回は「声がかれる」のご案内です。

声がれは、かぜや、大声を発したことが原因で、よくあらわれる症状ですが、カラオケによる声がれも多いといわれています。

しかし、原因がわからず3週間以上、声がれが続く場合は、のどの腫瘍やポリープなどの病気も考えられます。

長く続く場合は、耳鼻咽喉科の診察を受けましょう。

 

 

かぜをひいたときの声がれに

アンズの種

漢方ではアンズの種を、生薬名を杏仁(きょうにん)といって、喉の痛みや乾燥を鎮める処方として用いられます。

声がれの症状にも杏仁を使います。

また、アンズの実には、痰を切って、せきを鎮める働きがあるといわれています。
薬効の強いのは、種の部分で、さまざまな薬に配合され利用されています。

 

f:id:w-yakyuuboy:20170522154425j:plain

                                                                                                               アンズの実

 

煎じて飲む

かぜが原因の声がれには、

水600mlに杏仁(アンズの種)5gを入れて、1/2量になるまで煎じます。

これを一日分3回に分けて空腹時に飲みます。

 

しつこい声がれには

水600mlにそれぞれ乾燥させた、アンズの種5g、甘草2g、干したミカンの皮2g、麻黄3gを加えて、1/2量になるまで煎じます。

これを一日分3回に分けて空腹時に飲みます。

 

 

のどがはれたとき、痛いときに

カブ

カブには、せきを鎮め、喉のかわきを抑える作用があります。

そのほかにも、消炎作用や解毒作用もあり、炎症や声がれを治す効果が期待できます。

 

おろし汁を飲む

のどの痛みがあるときは、おろしがねでカブ1個をすりおろし、その汁を1,2時間おきに飲みます。

 

 

声を出しすぎたときの声がれに

カンゾウ(甘草)

カンゾウは、声がれのほかにも、さまざまな痛みによく効くといわれており、ただれや切り傷などにも効果があります。

ただし、日本に自生しているヤブカンゾウや野カンゾウは、生薬のカンゾウといわれるものと品種が異なるので、生薬として用いる場合には、漢方専門薬局で市販されている、カンゾウ(甘草)を使いましょう。

 

煎じて飲む

声を出しすぎたときの声がれには、水400mlに甘草6gを入れて、1/2量になるまで煎じます。

この煎じ汁のこしたものを、一口ずつ、口をすすぐようにゆっくり飲み込みます。

30分ごとに飲用するとよいでしょう。

 

以上が「声がかれる」についてでした。

少しでも参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

食あたり!~吐かせることが第一!

f:id:w-yakyuuboy:20170521113932j:plain

 

ご覧いただきありがとうございます。

今回は「食あたり」のご案内です。

食あたりは食中毒ともいわれ、その多くは細菌に汚染された食品を食べたために起こるものです。

そのほかにも、毒キノコなどの有毒植物やフグの毒といった、食材が原因のものや有害化学物質によって起こるものもあります。

主な症状としては、腹痛、下痢、吐きけ、嘔吐、発熱などです。

同じ食品を食べた人に、同じような症状があらわれた場合は食あたりの可能性があります。

 

 

食あたりが起こったら

なるべく早く吐かせて、胃のなかを空にします。

食後10時間以上たっている場合は、吐かせてもむだなので病院へ。

また、フグ中毒の場合にもすぐ吐かせて、一刻も早く病院へ行きましょう。

医師の診察を受けるときには、食べ残したものや吐いたものがあれば、ビニール袋などに入れて持参します。

 

f:id:w-yakyuuboy:20170521114036j:plain

 

 

吐き下し(嘔吐下痢症)によく効く

ウメ

食があたって吐き下しをするときには、ウメ干しが効きます。

ウメには強い抗菌力があるので、食あたりには最適の食品なのです。

 

梅干しを煎じる

水600mlに梅干し1個を入れて、1/2量になるまで煎じます。

この煎じた汁を飲むと吐き下しの症状によく効きます。

 

食あたりの予防になる

ショウガ

ショウガには、優れた殺菌力があるので、食あたりを予防してくれる効果があります。

 

絞り汁を飲む

食あたりを予防したいときや食欲がないときには、ショウガの絞り汁をさかずき1杯飲むと効果があります。

 

ショウガと半夏(はんげ)を煎じる

吐きけが止まらない場合は、

水600mlにショウガ5gと半夏5gを入れて、1/2量になるまで煎じます。

これを一日分3回に分けて飲むとよく効きます。

 

※半夏は漢方専門薬局で売られています。

(漢方生薬の半夏:サトイモ科のカラスビシャクの塊茎を乾燥したもの)

 

以上が「食あたり」についてでした。

少しでも参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

髪を美しくする!~つややかな髪にする!

f:id:w-yakyuuboy:20170520115158j:plain

 

ご覧いただきありがとうございます。

今回は「髪を美しくする」のご案内です。

頭皮の血行をよくするために、頭皮を指でマッサージすればよいのですが、ブラッシングでも、頭皮が刺激され血行をよくします。

少し時間をかけて行いたいものです。

しかし、質のよくないブラシで毎日ブラッシングしていると枝毛になるなど髪の毛をいためてしまいます。

できるだけ動物の毛でできたブラシで、かためのものを使いたいですね。

頭皮を指でマッサージする場合は、5本の指を使い頭皮をつまむようにします。

 

 

髪を美しくする

つややかな髪を守るシャンプーやリンス

ダイズの煮汁

シャンプー剤のかわりにダイズの煮汁を使います。

黒豆の煮汁には、ふけを抑える効果が期待できます。

鍋に水3カップとダイズ50gを入れ、やわらかくなるまで煮ます。

煮たダイズは食用にして、この煮汁のみを利用します。

 

フノリ

昔、海岸地方ではシャンプー剤として、フノリを用いたそうです。

潮風や海水によって、いたんだ髪の毛をつややかにしてくれるといわれています。

フノリをドロドロに溶かして用い、リンスは必要ありません。

フノリは乾物屋で市販されています。

 

f:id:w-yakyuuboy:20170520115314j:plain

 

 

醸造酢のリンス剤

洗面器1杯のぬるま湯に、酢を2~3滴加え、髪をしっかりすすぎます。

合わせて頭皮もマッサージすると、かゆみにも有効です。

 

レモンのリンス剤

洗面器1杯のぬるま湯に、レモン汁1/2個分を加え、髪をすすぎます。

さわやかな香りで気持ちもスッキリします。

 

卵白

昔、卵シャンプーといった言葉をよく耳にしました。

卵のタンパク質は、いたんだ髪を回復させ、

髪の毛を守ってくれる働きがあるといわれています。

卵白(卵2個分)をよくかき混ぜたものを、頭皮をマッサージしながら、髪の毛全体にまんべんなくつけます。

このまま5~6分おいたあと、ぬるま湯で洗い流します。

これを週1回行うと、パサついていた髪もしっとりとなります。

余った卵黄は、トリートメント剤として利用できます。

 

酢大豆でシャンプーリンス

この洗髪の方法は、中国で行われていたといわれています。

きれいに洗って、水けをきった黒ダイズ200gを、1リットルの米酢に2日2晩つけておきます。

3日目に黒ダイズがやわらかくなるまで煮ます。

この煮汁を洗髪に用います。

白髪の予防や、ふけにも効果があるとされています。

 

以上が「髪を美しくする」についてでした。

少しでも参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

白髪の予防にもなる!~・・には、これをおすすめ!

f:id:w-yakyuuboy:20170519113654j:plain

 

ご覧いただきありがとうございます。

今回は「髪を美しくする」のご案内です。

朝シャンは、頭がスッキリしていいものですね。

しかし、朝のあわただしい時間帯に洗髪するため、どうしてもすすぎがおろそかになるなどして、髪の毛をいためる原因になるともいわれています。

つまり、毎朝のシャンプーは髪の毛にとって、よくないと指摘されています。

髪をいためずにシャンプーをするためには、シャンプー剤選びも重要なポイントの一つです。

できるだけ植物油脂からとれたものを利用したいものです。

ここでは、髪を美しくする食べもの・生薬について、ご案内します。

 

 

硫黄分を含んだタンパク質を補給するには

鶏ガラのスープ

鶏ガラスープに含まれるタンパク質には、硫黄が多く含まれているので、髪を美しくしてくれます。

また、このスープは、病後の体力の回復や疲労回復によいともいわれています。

 

鶏ガラスープに生薬を

補血作用がある、生薬の川(せん)きゅう・当帰(とうき)それぞれ10gを

スープに加えるとさらに効果が高まります。

 

f:id:w-yakyuuboy:20170519113751j:plain

 

 

白髪の予防にもなる

ツルドクダミ

ドクダミは、さまざまな効能があるといわれ、民間療法には欠かせません。

このツルドクダミはタデ科の植物で、ドクダミと名はよく似ていますが、
まったく違う植物です。

薬効としては、このツルドクダミの根を用います。

髪の毛をつややかにし、白髪の予防に効果があるといわれています。

根が手に入らないときは、

漢方専門薬局で何首烏(かしゅう)の名でも売られています。

 

ゴマと合わせて用いる

きれいに洗ったツルドクダミの根200gを包丁が通る硬さまで蒸します。

蒸したものを刻み、いりゴマと一緒にミキサーにかけます。

これを毎日スプーン2杯ずつ服用します。

 

補血作用がある

クコの実(枸杞子)

葉はクコ茶として知られていますが、実にも効能があります。

実は甘みがあって生のまま食べることができます。

乾燥させた実は、生薬名を枸杞子(くこし)といって、腎臓や肝臓の機能を高める作用があります。

実が手に入らないときは、漢方専門薬局で売られています。

そのまま食べることもできますが、酒につけてもどしたものを、サラダに加えるなどしてもいいでしょう。

 

以上が「髪を美しくする」についてでした。

少しでも参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

髪を美しくする!~・・には、これをおすすめ!

f:id:w-yakyuuboy:20170518114350j:plain

 

ご覧いただきありがとうございます。

今回は「髪を美しくする」のご案内です。

髪の成分は、ケラチンと呼ばれる硫黄分を含んだタンパク質です。

髪の発育には、亜鉛やヨード、セレニウムなどのミネラルが必要となります。

また、美しいつやのある髪をつくるには、カルシウムも大切な栄養素です。

これらの栄養分を頭髪の根元にまで運ぶためには、ビタミンEやリノール酸を不足させないことも大切です。

髪には精神的なストレスも大敵といわれており、そのためには、散歩やスポーツなどで息抜きをして、ストレスを解消することも大切でしょう。

また、漢方においては、髪は血と関係あるともいわれています。

ここで、髪を美しくする食べものについてご案内します。

 

 

血行をよくして髪に栄養分を運ぶ

黒ゴマ

昔から日本では、黒ゴマはコンブとともに、髪を健康に保つ、といわれている食べものの一つです。

黒ゴマは小粒ですが、ビタミンEを含むリノール酸やカルシウム、リン、鉄などや、良質なタンパク質も豊富に含まれており、優良な健康食品といえます。

漢方では、黒ゴマを食すと補血作用があるとされています。

黒ゴマを食べると新陳代謝が高まり、血行を促して髪の根元まで、栄養分をとどけてくれます。

このように髪の毛の健康を考えると、ゴマはゴマでも白ゴマより、黒ゴマをつかいたいものです。

しかし、白ゴマを黒く着色したものも市販されているので、着色されていないものをさがしましょう。

なお、ゴマは包皮のままでは、消化しにくいので、すりつぶして用います。

下痢のひどいときには、むかないので食べるのは、なるべく控えるようにします。

 

f:id:w-yakyuuboy:20170518114549j:plain

 

 

ヨードとコンドロイチンがたっぷり

コンブの主な成分

コンブは海草類のなかでも、ヨード分を豊富に含んでおり、髪の健康にとって欠かせない食べものの一つです。

その他にも、海草類のネバネバのもとである、コンドロイチンという成分も含まれており、このコンドロイチンには、

髪の毛につやを与えて強くする働きがあります。

毎日の献立に、できるだけコンブなどの海藻類を、加えられてはいかがでしょう。

 

つけ汁を飲む

水1カップにコンブ1~2cm角に切ったものを入れ、一晩おきます。

これを朝飲むと、コンブの成分が手軽にとれます。

 

以上が「髪を美しくする」についてでした。

少しでも参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ダイエットしたい!~・・には、これをおすすめ!

f:id:w-yakyuuboy:20170517115603j:plain

 

ご覧いただきありがとうございます。

今回は「ダイエット食品-アカザ・ハトムギ」のご案内です。

ダイエットを成功させるためには、食習慣が重要なポイントとなります。

主食の量を減らして一日分の摂取エネルギーを、2000キロカロリーほどにします。

もちろん、お酒やジュースなどの飲みものもカロリーにいれます。

また、味はうす味に、腹は腹八分目を心がけましょう。

そして、ビタミン、ミネラルを豊富に含む野菜や、キノコ、こんにゃく、海草などを積極的にとり、脂肪分は、リノール酸が多い植物油を使うようにしたいですね。

 

 

肥満を予防する

アカザの効能

アカザは、空き地などにも生える、若芽が鮮紅色で美しい植物です。

このアカザの若葉や種子は食用とされ、

生葉はむしにさされたときに用いられています。

高血圧症や動脈硬化の予防にもなりますし、解毒作用、肥満を防止しコレステロールを抑える働きもあるといわれています。

また、昔から肥満の民間療法として用いられてきました。

夏季に茎から刈り取り、きれいに洗って陰干しにします。

 

f:id:w-yakyuuboy:20170517115721j:plain

 

 

煎じて飲む

アサガの煎じ汁は、肥満を予防しコレステロールを抑えてくれるといわれています。

水600ml(約カップ3杯強)に、刻んだ乾燥アカザ15gを入れ、1/2量になるまで弱火で煎じます。これをこして一日3回に分けて、空腹時に飲用します。

 

ハトムギとアズキのお粥を常食にハトムギには、からだのなかの余分な水分を、除去する作用があり、むくみっぽくて水太りタイプの人は、ハトムギを常食すると効果があるといわれています。

また、お茶として多く用いられていますが、お茶の場合は殻つきのまま使うので、いくぶん効果はさがることになります。

殻(種皮)をはがした食用のハトムギには、ヨクイ仁(にん)といわれる成分が含まれており、さまざまな漢方処方にも用いられています。

この食用ハトムギを、お粥にしたものを常食にします。

また、アズキを入れて炊くと、アズキには利尿作用があるので、さらに効果はたかまります。

市販されている粉末やフレーク状のものもありますので、小麦粉と混ぜ合わせて料理するのもいいでしょう。

しかし、ハトムギには、からだを冷ます作用があるといわれており、冷え性の人の場合には、料理にショウガ、サフラン、ベニバナなどを加え、一緒に食べることをおすすめします。

 

以上が「ダイエット食品-ダイエット食品-アカザ・ハトムギ」についてでした。

少しでも参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

太りすぎは危険!~ダイズ・醸造酢はダイエット食品!

f:id:w-yakyuuboy:20170516113403j:plain

 

ご覧いただきありがとうございます。

今回は「ダイエット食品-ダイズ・醸造酢」のご案内です。

ダイエットするための心得として、何点かあるようです。

その心得とは、食事は決めた時間以外には食べない、特に就寝2~3時間前には食べないようにします。

就寝中はカロリーの消費が少なく、脂肪が蓄積しやすくなるからです。

食事は一食分抜いても、ジュースやお茶を飲んで菓子類をつまんでいては、ダイエットの効果はありません。

水分と糖分は体内で結合し、脂肪に変わるといわれています。

なので、水分、糖分はできるだけとらないほうがよさそうです。

脂肪をとりすぎると、この余分な脂肪は皮下脂肪として蓄積されます。

また、水太りタイプの人は、できるだけ水分はとらない。

便秘は必ず解消しておくのも、ダイエットするための心得として重要のようです。

 

 

脂肪合成を抑えてくれるアミノ酸

醸造酢を使った料理を

天然の醸造酢には、クエン酸や酢酸、アミノ酸が多く含まれています。

アミノ酸は20種類以上も含まれているといわれており、そのなかでも7種類のアミノ酸は、糖質から脂肪の合成を抑える働きがあり、脂肪を蓄えにくくすることで知られています。

太りすぎを改善したいときには、酢を用いた料理を食べればよいのですが、合成酢は効果がないといわれていますので、

昔からの製造方法で造られた天然の醸造酢を使用しましょう。

 

f:id:w-yakyuuboy:20170516113530j:plain

 

 

ダイズのサポニン

脂肪の吸収を抑える、脂肪細胞を小さくする、ダイエットのポイントの一つは、たんぱく質をとることも重要ですが、肥満の人は、肉類などの動物性たんぱく質は減らし、植物性たんぱく質をとるようにしましょう。

肉類には、多くの飽和脂肪酸が含まれているからです。

ダイズには、植物性たんぱく質が多く含まれており、また、ビタミンB群、ビラミンE、脂質なども豊富で、栄養価のうえでは動物性たんぱく質に劣りません。

このほかダイズに豊富に含まれるサポニンは、脂肪の吸収を抑えてくれ、脂肪細胞を縮小する働きがあるといわれています。

このようにダイズはダイエット食品の一つといえます。

さらに、コレステロールを抑えてくれる、レシチンも多く含まれるので成人病の予防にも効果があります。

 

以上が「ダイエット食品-ダイエット食品-ダイズ・醸造酢」についてでした。

少しでも参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。