読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆうの健康ナビ

健康になるための情報を載せて行きます

シミ、ソバカスに効く!~ピーマン!

病気療法 あせも

f:id:w-yakyuuboy:20170327203842j:plain

 

ご覧いただきありがとうございます。

今回は「ピーマン」のご案内です。

ピーマンの語源は、トウガラシのフランス名ピマンから由来したと言われており、とうがらしの一種で、原産地は中南米です。

ピーマンには、多くの有効成分が含まれていますので、次にその成分などをご案内します。

 

 

ピーマンの成分

ピーマンには、ビタミンAとCなどが豊富に含まれ、野菜の中でも栄養価はひじょうに高いと言えます。

ビタミンCの含有量は100g中76mgで、レモンの約2倍。

カロテンは400μg、カリウム190mgです。

ピーマンの色は、葉緑素による独特の緑色で、熟すにしたがって、赤い色素のカプサンチンが増加します。

成熟して赤くなると、ビタミンCは76mg→170mg 、カロテンは400μg→1100μgと増加します。

その他、ビタミンB1、B2、D、P、カロテンなどが含まれ、また、鉄やカルシウムなどのミネラル分も豊富に含まれています。

オレンジ色のピーマンには、普通のピーマンの30倍のビタミンCが含まれており、一日分のビタミンAは1/6個で摂取できます。

なお、プレビタミンCによって、ビタミンCの吸収がよくなります。

 

f:id:w-yakyuuboy:20170327203924j:plain

 

 

ピーマンの効能

ビタミンCが豊富に含まれ、肌の健康、風邪の予防にも有効です。

ビタミンCは、シミ、ソバカスなどメラニン色素の沈着を防ぎ、肌の健康に役立ちます。

また、脂肪の代謝も促進してくれ、動脈硬化や高血圧などにも効果があるので、高血圧の症状の人にはお勧めです。

葉緑素のフラボノイドの抗菌作用とカロテンの成分で、風邪の予防や夏バテにも効果を発揮する野菜です。

また、葉緑素とカロテンの働きで、活性酸素を除去してくれます。

フラボノイドの抗菌力で免疫力が強まり、アレルギーなどの肌トラブルの予防にもなります。

カロテンは、ビタミンAに変換され、免疫賦活作用や抗ガン作用に有効に働きます。

ビタミンPと言う成分は、はっさくや、みかんなどの果皮、薄皮に多く含まれるフラボノイドです。

これは、ビタミンCの吸収を助ける、ビタミン様成分であり、プレビタミンと呼ばれています。

加熱で壊れやすいビタミンCを守ってくれて、毛細血管を丈夫にし、血液のコレステロールも掃除してくれます。

 

以上が「ピーマン」についてでした。

少しでも参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

美肌効果!柿の葉茶~ビタミンCはレモンの20倍!

病気療法 あせも

f:id:w-yakyuuboy:20170326184234j:plain

 

ご覧いただきありがとうございます。

今回は「柿の葉茶」のご案内です。

柿の葉は、古くから健康茶として用いられてきました。

柿の若葉には、レモンの20倍、ホウレン草の10倍ほどのビタミンCが含まれ、ビタミンCの宝庫とも言われています。

柿の葉寿司に利用したり、これをお茶にして飲みます。

柿の葉茶の特徴は、含まれるプロビタミンCという成分は熱に強く、お茶にしても効果が破壊されることもありません。

これがビタミンCになるので、ビタミンCを豊富にとることができます。

お茶にして飲めば手軽にビタミンCを摂取できますよね。

 

 

柿の葉の成分

柿の葉に含まれる成分は、ビタミンC、渋柿タンニン、ルチン、クエルセチン、ケンフェロール、アストラガリンなどです。

柿の葉のビタミンCは、プレビタミンCなので熱に強いのが特徴的です。

 

f:id:w-yakyuuboy:20170326184435j:plain

 

 

柿の葉の効能

ビタミンCは血管を拡げて血流をよくしますので、美肌効果も期待できます。

また、このビタミンCは、お茶で飲んでも熱に強いため壊れにくいのです。

このためウイルスに対する免疫力が高まり、風邪の治療や風邪予防にも適しています。

渋柿タンニンには、抗菌作用や抗酸化作用があります。

また、アストラガリンは、フラボノイドの一つと言われ、豊富に含まれているので花粉症にも有効です。

ルチンには血圧降下作用があり、動脈硬化の予防効果があります。

クエルセチンは、アレルギー抑制作用があり、炎症も抑えてくれます。

ケンフェロールは、アレルギーの原因となるヒスタミンを抑制するので、花粉症や皮膚のトラブルなどを予防する働きがあります。

特に柿の葉に含まれる、熱に強いと言われるプロビタミンCが魅力で、緑茶の23倍、レモンの2倍もあります。

このプロビタミンCが血流を促進します。

これらのことから、柿の葉茶を飲むんでいると、美肌効果に期待できます。

 

主な成分と作用

・プロビタミンC :高免疫力作用、血管強化作用、血中コレステロール低下作用

・渋柿タンニン  :抗酸化作用、血流促進作用、制汗作用、ビタミンC吸収補助作用

・アストラガリン :血圧降下作用、アレルギー抑制作用、

・ルチン     :血圧降下作用、利尿作用、ビタミンC吸収補助作用

・クエルセチン  :抗炎症作用、抗酸化作用、アレルギー抑制作用

・ケンフェロール :抗ヒスタミン作用 

 

以上が「柿の葉茶」についてでした。

少しでも参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

肌トラブルを改善!~ゴボウ茶!

病気療法 あせも

f:id:w-yakyuuboy:20170325184048j:plain

 

ご覧いただきありがとうございます。

今回は「ゴボウ茶」のご案内です。

前回もゴボウについてご紹介しましたが、今回はゴボウ茶についてです。

ゴボウには、カリウムも多く含まれており、血圧を下げる効果や老廃物を体外への排出する効果があります。

また、ゴボウに含まれるアルギニンは、成長ホルモンの分泌を促す作用があり、肌を正常な状態に戻そうとする働きがあります。

 

 

ゴボウ茶

ゴボウ茶の効能

ゴボウは、手に入りやすい根菜です。

このゴボウを使ってゴボウ茶をつくって飲みましょう。

ゴボウ茶は、肌トラブルを改善するのに役立つお茶です。

 

ゴボウに含まれるタンニンには、収れん作用や消炎作用があり、緩んだ毛穴を引締める制汗作用の働きがあります。

このタンニンは入浴剤として、また、直接肌につけるなどの利用法も有効ですが、飲んでも食べても同様の効果があります。

 

このほか血液をきれいにしてくれるサポニンも含まれています。

タンニンとサポニンとのW効果によって、肌トラブルを予防をしてくれます。

 

汚れた手で皮膚をかくと、皮膚の傷から細菌が入って、かゆみを伴う炎症が起こります。

 

この場合には、抗菌・消炎作用のあるゴボウ茶を塗りましょう。

かゆみが治まって炎症を静めてくれます。

 

このようにゴボウ茶は、入浴剤としてお風呂に入れても、肌に塗ってもまた、飲んでも有効です。

 

f:id:w-yakyuuboy:20170325184459j:plain

 

 

ゴボウ茶の作り方

①生のゴボウを水洗いし、水をよくきったゴボウをささがきに切る。

②しばらく日干しした後、ざっとフライパンでいる。

③やかんの水に炒ったゴボウを入れ、お好みの濃さに煮出して飲む。

 

以上が「ゴボウ茶」についてでした。

 

肌のトラブルには、その他にも、

桃の葉やドクダミの強力な抗菌作用も利用できそうです。

桃の葉やドクダミの絞り汁を患部に塗ったり、入浴剤として用いる方法です。

桃の葉湯、ドクダミ湯なども炎症を治してくれる有効な処方です。

 

少しでも参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

肌トラブルを改善!~ゴボウ!

病気療法 あせも

f:id:w-yakyuuboy:20170324183134j:plain

 

ご覧いただきありがとうございます。

今回は「ゴボウ」のご案内です。

ゴボウはキク科の越年草で、主に根を食用(稀に葉もあり)とするために栽培されます。

栽培は、強酸度土壌では適さず、よく肥えた深い土を好みます。

土質は、やや粘重のほうが香味がよく、肉質のものができますが、伸長度に劣り、根が多く収穫に手がかかるようです。

耐水性は低いので、深さのある排水のよい砂質の多いさらさらした土(洪積軽しょう土)に適しています。

 

 

ゴボウ

ゴボウの成分

ゴボウには、食物繊維、ミネラル、ビタミンB群やビタミンE、カルシウム、カリウム、マグネシウム、リン、サポニン、タンニンなどなどたくさんの成分がバランスよく含まれています。

中でも、食物繊維が最もよく知られている栄養成分です。

 

f:id:w-yakyuuboy:20170324183325j:plain

 

 

ゴボウの効能

ゴボウに含まれるサポニンは、朝鮮人参にも含まれており、免疫機能をつかさどるナチュラルキラー細胞を活性化します。

ほかに免疫細胞に働きかける、アクチゲニンと言う成分もあります。

 

サポニンとアクチゲニンの両方の作用で、さらに免疫力が高まり抗アレルギー作用・抗炎症作用も強くなって、湿疹などの肌トラブルを改善します。

また、老廃物を排出してくれるので、血液がサラサラになり、血流もよくなるので皮膚細胞のためにも効果があります。

 

また、その水溶性食物繊維は、腸内で善玉菌を増やす働きがあり、腸の蠕動(ぜんどう)運動も活発にします。

善玉菌が増えればおのずと、腸内環境が改善され健康な状態を保持できます。

 

f:id:w-yakyuuboy:20170324183220j:plain

 

 

このように水溶性食物繊維の一種である、イヌリンも多く含まれており、腎臓機能を高め利尿作用を促進するので、むくみを解消してくれます。

また、老廃物を排出するデトックス効果が期待でき腸内環境の改善にも有効です。

 

これらの成分のほかにも、ゴボウに含まれるサポニンは、血液をサラサラにする効果があます。

また、細胞膜を傷つける活性酸素を分解する働きのある、タンニンと言うポリフェノールなども含まれています。

タンニンには、制汗作用や収れん作用がありますので、肌の健康に効果的です。

 

以上が「ゴボウ」についてでした。

少しでも参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

シソ茶!~花粉症&アトピーなどに効く!

病気療法 あせも

f:id:w-yakyuuboy:20170323201506j:plain

 

ご覧いただきありがとうございます。

今回は「シソ茶」のご案内です。

シソは、シソ科の一年草で、原産地は中国、ビルマ、ヒマラヤ地方と言われていまが、日本でも古くから栽培されています。

全草に芳香があり、健康食品としても多くの人に、利用されています。

また、近年の研究結果では、アレルギーの症状に効果があると、報告されているようです。

 

 

シソ茶

シソの成分

カロテンの多さは、全野菜の中でも最高レベルです。

βカロテンは、必要量だけ体内でビタミンAに変えられます。

ビタミンAは、脂溶性のビタミンで油との相性も良く、油と一緒にとると吸収率も向上します。

シソに含まれるミネラル類は、マグネシウム、亜鉛、鉄、カリウムなどがあります。

ビタミン類には、ビタミンB2、B6、C、K、ナイアシンなどと、

ほとんど含まれています。

シソの葉、独特の香りはペリルアルデヒドと言う成分であり、これはポリフェノールの一種で、防腐効果および強い抗菌作用があります。

シソの種子に含まれるルテオリンも、ポリフェノールの一種ですが、これは抗アレルギー成分で、アレルギー症状を改善する効能があります。

 

f:id:w-yakyuuboy:20170323201644j:plain

 

 

シソ茶はαーリノレン酸がとれる

シソはエゴマと同属であり、その穂にはαーリノレン酸が含まれ、エゴマオイルの原料にもなっています。

αーリノレン酸は、体内では生成することができない必須脂肪酸で、皮膚にとって効果がある成分との報告がなされています。

アレルギー症状を抑える、抗ヒスタミン成分が含まれているので、あせもなどの皮膚疾患の症状が、改善されることが期待できます。

 

シソ茶の効能

シソの種子に含まれる、ルテオリンとαーリノレン酸には、アトピーや花粉症などのアレルギーゲンを抑える、

抗ヒスタミンの成分が多く含まれています。

このようにシソ茶は、アレルギー症状を改善してくれます。

シソの種子から採れるシソ油のαーリノレン酸は、アレルギーを抑えてくれます。

また、EPA(エイコサペンタエン酸)に変化して、アレルギー体質を改善する働きもあります。

シソ科の植物に含まれているロズマリン酸にも、アレルギー症状の改善効果があることが分かっています。

赤ジソは、特にロズマリン酸が多く含まれており、花粉症に対しても高い改善効果があると言われています。

シソ茶に含まれるβカロチンには、皮膚や粘膜を保護してくれます。

また、シソ茶は腹痛や下痢なども改善してくれます。

豊富な鉄分も含んでおり冷え性にも効果があります。

 

シソ茶の飲み方

シソの花と葉、または、陰干しした乾燥葉を細かく刻んで、熱湯を注ぎお茶代わりに飲む。

 

f:id:w-yakyuuboy:20170323201359j:plain

 

 

シソ葉の採取

葉は6~9月に採取、種子は10月頃に採取し陰干しにする。


毎日シソ茶を飲むと、血流がよくなって、尿の出もよくなり、アレルギー体質の改善にも役立つと言われています。

 

以上が「しそ茶」についてでした。

少しでも参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

アトピーを治す!~ヨモギ茶!

病気療法 あせも

f:id:w-yakyuuboy:20170322191042j:plain

 

ご覧いただきありがとうございます。

今回は「ヨモギ茶」のご案内です。

ヨモギはキク科の多年草で、漢名は艾葉(がいよう)と言います。

ヨモギは、クロロフィル、カロテン、カルシウム、カリウム、鉄分、ビタミン類などのほか、ミネラルや食物繊維なども豊富に含んでいます。

特に、ヨモギに含まれるクロロフィルという成分は、他の植物に比べて高効果が期待できます。

小腸に蓄積された残留農薬、ダイオキシン、水銀、鉛までも排出してくれると言われています。

また、食物繊維はほうれん草の10倍も含まれており、手軽に栄養素を摂取できるのがヨモギ茶です。

アトピーなどの肌トラブルの予防として、体の中から免疫力を高めるためには、ヨモギ茶がおすすめです。

 

 

飲んで治す

ヨモギの成分

中でも最も多く含まれているのはカロテンです。

カロテンは抗酸化作用にも優れています。

また、カリウム、カルシウム、ビタミンK、ビタミンB類、C類などバランスよく含まれています。

 

f:id:w-yakyuuboy:20170322191113j:plain

 

 

ヨモギの効能

カロテンは、体内でビタミンAに変わり、活性酸素や免疫賦活作用を抑え、血液をきれいにしてくれるので、アトピーやアレルギー体質などに人に有効です。

カリウムは、塩分を体外に排出してくれので、血行を促進し、血圧降下に有効であり高血圧にもよく効きます。

また、体液のアルカリ度を正常に保ち、神経の刺激を筋肉に伝達します。

カルシウムは、歯や骨を丈夫にしてくれ、骨粗しょう症を予防します。

食物繊維は、整腸作用があり腸の働きを促します。

また、血中のコレステロールを低下させる役目もあります。

クロロフィルは、強力な殺菌力があり、免疫力を高めるインターフェロンを、増加させる効果もあります。

その他では、皮膚疾患、潰瘍、創傷などの治療に用いられています。

コモギは近くの川原や田んぼのあぜ道に、たくさん自生してますので、葉を採取してよく洗い、乾燥させておきます。

その乾燥葉をお茶代わりにして飲みましょう。

 

以上が「ヨモギ茶」についてでした。

少しでも参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

湿疹・あせもに効く!~ドクダミ茶!

病気療法 あせも

f:id:w-yakyuuboy:20170321203228j:plain

 

ご覧いただきありがとうございます。

今回は「ドクダミ茶」のご案内です。

ドクダミは、初夏のころ花が咲くドクダミ科の多年草です。

全草に特異な臭気があります。

地中に長くて白い根茎をのばし繁殖します。

漢名ではジュウヤク(重薬、十薬)とも言われ、開花まえの地上部分の全草を採取し、乾燥させた全草を煎じて用います。

血管を丈夫にする成分、香りの成分には抗菌、抗カビの作用があります。

また、あせも、湿疹のほか利尿、駆虫にも有効です。

生葉のもみ汁は虫にさされや腫れ物にも効きます。

 

 

ドクダミ茶は湿疹、あせもに効く!

ドクダミ茶の成分

ドクダミは、古くから優れた薬草として用いられています。

その成分は、カリウムが特に多く含まれ、血行改善、高血圧予防に優れてます。

また、筋肉や骨の形成を促すカルシウムや、細胞の新生作用がある亜鉛、殺菌作用のあるデカノイルアセトアルデヒド、血液サラサラ作用のある、イソクエルシトリン、貧血予防のある鉄分などが含まれています。

 

f:id:w-yakyuuboy:20170321203248j:plain

                            ドクダミ茶

 

ドクダミ茶の効能

ドクダミ茶は、さまざまな毒素や老廃物を体外へ排出してくれます。

そのことによって血をきれいにし血流を促し、湿疹や吹き出物などの肌荒れを改善するなど、皮膚疾患に効果があります。

また、腸内にたまった老廃物を排出してくれます。

肌と腸内環境は密接な関係にあり、腸内環境が整えば免疫細胞も増加します。

したがって肌の疾患も改善され予防にもなります。

そのほかにもドクダミ茶には次のようなさまざまな効能があります。

糖尿病、腎臓病、高血圧、神経痛、整腸、胃腸病、胃痛、腹痛、便秘、下痢止め、二日酔い、アレルギー性鼻炎、喘息(ゼンソク)、膀胱炎、淋病、皮膚病、湿疹、あせも、ただれ、水虫、化膿止め、火傷、吹き出物、打ち身、かゆみ止め、破傷風、解毒、風邪予防、ガン予防、冷え性、婦人病などで、このようにほとんどの症状に効きます。

継続してドクダミ茶を飲むことで、吹き出物やニキビなどの肌荒れが改善され、肌トラブルになりにくい体質へとかわっていきます。

 

以上が「ドクダミ」についてでした。

少しでも参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。