健康ナビ

健康になるための情報

炎症を治す!~食べ物&スキンケア!

f:id:w-yakyuuboy:20170413104839j:plain

 

ご覧いただきありがとうございます。

今回は「あせもを治す食べ物&スキンケア」のご案内です。

脂肪酸は発疹などのアレルギー性の症状に有効です。

この脂肪酸を多く含む食品には、サバ、ニシン、サケなどや植物性の亜麻仁(あまに)油、濃緑色野菜、葉菜、などがあります。

肌の弱い人やアレルギー体質の人は、このような脂肪酸が多く含まれる食品を、積極的にとりたいですね。

 

 

炎症を軽減する必須脂肪酸のオメガ3(ω-3)系脂肪酸

必須脂肪酸が発疹など皮膚の炎症をしずめ、回復をはやめてくれます。

この必須脂肪酸のオメガ3系脂肪酸といわれるものは、DHAとかEPAが多いといわれています。

肌に炎症がある人は、サバ、ニシン、サケなどの魚を食べるとよいのではないでしょうか。

濃緑色野菜などにも脂肪酸が多く含まれます。

このような食品は、発疹などのの治癒に効果を発揮します。

DHAを多く含む魚は、DHAが多い順に、まぐろ、さば、さんま、ぶり、はまちです。

そのほかにも、ビタミンを豊富に含んだ、夏野菜とともに積極的にとりたいものです。

 

f:id:w-yakyuuboy:20170412084312j:plain

 

 

あせもの対処法・スキンケアー

あせもの治しかたには、食事のほかにも対処法があります。

出来たあせもは、こじらせないこと、これが重要なところです。

 

石けんに注意

あせも治療で大事なことは、スキンケアをしっかりすることです。

石けんは無添加のものや、弱酸性のものを用いて、患部を刺激しないようにしましょう。

また、あせものケアでは汗を洗い流すことが多いので、肌も乾燥しやすくなります。

乾燥肌を防ぐため、保湿を心がけましょう。

 

海水や塩水を用いる民間療法

効果があるといわれる民間療法とは、海水や塩水を使用する方法です。

海水や塩水で患部を洗い、また、海水や塩水を患部にこすりつけます。

 

薬草を用いる民間療法

薬草湯として用いたり、薬草の絞り汁を患部にすりこむことも、有効といわれています。

 

●ドクダミの葉の汁をすりこむ

ドクダミは有効との報告があります。

道端など身近なところにも自生しています。

 

●桃の葉の汁をすりこむ

昔から桃の葉はローションとしても、あせもにも用いられてきました。

肌にも優しいので、赤ちゃんにもおすすめです。

 

●ゴボウの汁をすりこむ

タンニンの成分には、消炎作用や抗菌作用があるので、かゆみ、痛みをしずめるといわれており、昔から好評のあせも治療法です。

 

以上が「あせもを治す食べ物&スキンケア」についてでした。

少しでも参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

あせも!~基本的な予防法&食べもの!

f:id:w-yakyuuboy:20170412084547j:plain

 

ご覧いただきありがとうございます。

今回は「あせもの予防法と食べもの」のご案内です。

あせもは、皮膚の表面にある汗腺(汗口)が角質などでふさがれ、汗が皮膚層や角質層にたまってできるのは、皆さんもご存知のとおりです。

日本の夏は、湿度が高く暑いので、どうしても汗をかいていまします。

このためこまめに汗を拭ったり、シャワーをして体を清潔にしあせもを予防しましょう。

衣類も、汗を吸収しやすい素材のものを着るようにしましょう。

 

 

あせもの基本的な予防法

予防のための方法

・汗をかいたら、汗を拭くかシャワーを浴びる。

・汗をかいたら、こまめに着がえる。

・肌着は汗を吸収しやすい素材のものを。

・石鹸は、無添加のものや弱酸性のものを。

・保湿クリームを用いる。

・脂質の多い食品や高カロリー食品は控えめに。

 

赤ちゃん、幼児は小まめに汗対策を

赤ちゃんや幼児は、特に汗をかきやすいので注意が必要です。

活発に動きまわる幼児は、こまめに汗をふき取ってあげましょう。

また、赤ちゃんには吸収性のよい肌着を数枚用意して、こまめに着替えをしてあげましょう。

赤ちゃんのあせも対策として、ベビーパウダーを用いることも多いと思いますが、つけすぎないように注意しましょう。

つけすぎると汗腺をふさぐ可能性があるからです。

 

f:id:w-yakyuuboy:20170412084645j:plain

 

 

あせも&食べもの

あせもの症状があるときは、何を食べればよいか、それともどんなものを食べると、あせもに悪いのでしょうか。

 

あせもによい食べもの

あせもによいといわれる食べものは、ビタミンC、ビタミンE、必須脂肪酸などが含まれるものです。

これらの成分は、あせもの予防、改善に有効といわれています。

ビタミンA、C、Eはビタミンエースといわれ、かゆみをしずめるのには有効です。

夏は、あせもが出やすい季節です。

かゆみを抑えてくれる食べ物は、皮膚の温度を下げてくれる濃緑色野菜が最適です。

煮ものやサラダなどにして食べ、栄養素をしっかりとるようにします。

 

控えたほうがいい食べもの

乳製品、肉類などのほか香辛料などの刺激物です。

乳製品や肉類などは飽和脂肪酸で脂質のもとですから、ほてりを促進させて炎症を悪化させます。

脂肪酸はエネルギー源として大切ですが、体内では固まりやすく、血液の粘着性を高め血流を悪くします。

かゆみをもった炎症のあせもには不むきです。

むしろあせもの場合には、皮膚を冷やすことが大切です。

 

以上が「あせもの予防法と食べもの」についてでした。

少しでも参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

あせも!~種類・対処法とは!

f:id:w-yakyuuboy:20170411084312j:plain

 

ご覧いただきありがとうございます。

今回は「あせもの種類・対処法」のご案内です。

あせも(汗疹様湿疹)は、一般に大人よりも子供に多くみられるようです。

これは、大人も子供もエクリン汗腺(汗口)の数は同じですが、子供は、体が小さいためエクリン汗腺の密度が高く、そのうえ新陳代謝も盛んで汗を大量にかくので、汗もたまりやすくなるのでしょう。

 

 

あせもの種類

あせもには、水晶様汗疹(すいしょうようかんしん)と紅色汗疹(こうしょくかんしん)の2つがあります。

 

水晶様汗疹とは

あせもの初期症状のことで、汗が皮膚表面の角質層にたまって、小さな透明の水疱ができ、まだ炎症にいたっていない状態のことです。

この状態で汗を拭くなど、適切な処置をとれば数日で回復します。

 

紅色汗疹とは

角質層より深い層の汗腺が閉ざされ、発症する汗疹で、普通あせもと呼ばれるのは紅色汗疹のほうです。

この紅色汗疹は、かゆみを伴うため、ときには、かきむしってしまいます。

そこから細菌が入って、とびひとなる場合があるので注意が必要です。

 

f:id:w-yakyuuboy:20170411084415j:plain

 

 

あせもの対処法

★水晶様汗疹は、第一に肌を清潔にすることです。

汗をかいたときには、シャワーなどで汗を流して清潔にすれば、数日で治ります。

汗をかいてそのままにしておくと、皮膚炎や急性湿疹などの症状が出る場合もあります。

そうするとそこから菌が入って化膿し、発熱を伴ったり、リンパ腺が腫れることもあるので注意が必要です。

 

★紅色汗疹に対しても、まず肌を清潔に保つことが重要です。

軽症の場合には、市販されている軟膏などがあります。

症状によってかゆみを伴う場合は、かゆみを抑えてくれる抗ヒスタミン剤がありますが、かゆみが強いときや、炎症がひどいときには、皮膚科の医師の受診をおすすめします。

 

以上が「あせもの種類・対処法」についてでした。

少しでも参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

あせも!~なぜできるの!

f:id:w-yakyuuboy:20170410103630j:plain

 

ご覧いただきありがとうございます。

今回は「あせもとは」のご案内です。

日本の夏は、蒸し暑くあせもで悩まれる方も少なくありません。

高温多湿の環境の中で、働かなければならない人は、大人でもあせもになりやすいといわれています。

あせもの予防法は、こまめに汗を拭いたり、シャワーを浴びることです。

ほとんどの場合は数日で治りますが、かきむしると菌が感染し、これが悪化するとリンパ腺が腫れたり、発熱することもありますで気がぬけません。

あせもは、食生活や睡眠時間などの、生活習慣を見直すことで予防できるのです。

その予防の近道は、肌の内側から改善することです。

そのためには、毎日食べる物から考える必要があります。

 

 

あせもは、なぜできるの

あせもは医学的には、汗疹(かんしん)といいます。

私たち人間の皮膚には、暑いときには汗を出して体温調節する、約200万個のエクリンという汗腺があります。

ところが汗をかいたままにしておくと、汗腺(汗の出口)が詰まって、炎症が起こりやすくなります。

この症状が、あせもなのです。

あせもができやすい場所は、頭髪の生え際、首筋、脇の下、ひじの内側、ももの内側などです。

 

f:id:w-yakyuuboy:20170413104304j:plain

 

 

あせもが出来てしまったら

皮膚疾患にかかりやすい、肌が弱いタイプの人が、あせもにもなりやすいといわれます。

このような人は、日頃から予防の対策をしておくと、もし、あせもになったとしても、重症化せずにすむことでしょう。

あせもの予防には、その要因となる肌ストレスに関係する、睡眠の質や過労、食生活などの生活環境を見直すことが大切です。

このことから、あせも予防の近道は、肌を内側から元気にすることです。

しかし、あせもが出来てしまったら、何もせず放置しておくわけにもいきません。

ここで大切なことは、できてしまったあせもは、こじらせずに早く治すことです。

そのためには、あせもとはどういうものか、その予防法、対処法など知っておきたいものです。

 

以上が「あせもとは」についてでした。

少しでも参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

キュウリ!肌にミネラル分を補給!

f:id:w-yakyuuboy:20170409083858j:plain

 

ご覧いただきありがとうございます。

今回は「キュウリ」のご案内です。

キュウリは、ウリ科に属した一年生の草本で、雌雄異花が原則の雌雄同株です。

原産地は、インド北西のヒマラヤ山系地帯で、西アジアの地域では、3000年以上も前から栽培されており、日本に渡来してきたのは、約1000年前といわれています。

キュウリは、現在では温室などで一年中採取できますが、本来、夏野菜といわれるように夏にとれた野菜です。

このキュウリは、暑い夏に体を冷やすという役目もあったようです。

夏には、体が熱を持っているので、体を冷やす物を食べることは、じつに、理に適っていますね。

 

 

キュウリの主な成分

キュウリのほとんど(90%)は水分ですが、キュウリ100g中に、緑の皮部分にカリウム200mgも含まれています。

また、βカロテン、カリウム、マグネシウム、シリコンもあります。

 

f:id:w-yakyuuboy:20170409083929j:plain

 

 

キュウリの効能

9割が水分といわれるキュウリは、暑い夏に体を冷やすと同時に、水分補給もしてくれます。

これが炎症を鎮め、あせもや湿疹などに有効に働きます。

また、発汗などで失われる、ビタミンやミネラルを補給してくれます。

 

★βカロテン

皮部分に含まれるβカロテンが、粘膜や皮膚の健康を維持してくれ、利尿作用を促すとともに、むくみの解消に有効です。

炎症化した湿疹などにも効果があります。

 

★カリウム

利尿作用を促し、ナトリウムを体外へ排出する働きがあるので、血圧を下げてくれます。

 

★ビタミンA

体内でビタミンAに変わり、皮膚の健康維持に役立ちます。

 

★ビタミンB、Cなど

1日に体が必要とするビタミン類が、ほぼ含まれており、これらが免疫力を高めてくれます。

 

★マグネシウム、シリコン

マグネシウム、シリコンなども含まれ、肌にミネラル分を補ってくれます。

 

※もともとキュウリは、夏野菜といわれるように暑い夏が旬なだけに、熱くほてった体を冷まし、炎症性のあせもや湿疹を、しずめてくれるなど、体の健康維持に大いに役立つことでしょう。

 

以上が「キュウリ」についてでした。

少しでも参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

カボチャ!~老化防止に効く!

f:id:w-yakyuuboy:20170408134409j:plain

 

ご覧いただきありがとうございます。

今回は「カボチャ」のご案内です。

カボチャ(南瓜)は、ウリ科に属するつる性の草本で、トウナス(唐茄子)ともいわれているそうです。

カボチャ類の起原は、きわめて古く約2000年前と考えられています。

日本へ渡来した最も古いカボチャは、ニホンカボチャといわれるものです。

1532~54年(天文年間)に、豊後(大分県)にポルトガル船によって渡って来たとのことです。

日本での栽培記録は、1615年ごろからです。

カボチャに属する種類は、ニホンカボチャ、セイヨウカボチャ(ナタウリ)、ポンキンなど、約10種類あるといわれています。

まれに観賞用にされているようです。

 

 

カボチャの成分

カボチャには、ビタミンC、ビタミンE、βカロテンの3大抗酸化ビタミンがそろって豊富に含まれています。

カボチャは代表的な緑黄色野菜で、ビタミンB、ビタミンCが豊富ですし、しかも、カロテンはホウレン草に匹敵するほど含まれています。

また、種子には亜鉛、マンガンなどが含まれ、無駄になるところがありません。

カボチャ100g中に、カリウムは450mg、ビタミンC43mg、リン43mg、カルシウム15mg、葉酸42μg と含まれ、成分のバランスがきわめて良い野菜です。

 

f:id:w-yakyuuboy:20170408134439j:plain

 

 

カボチャの効能

★3抗酸化ビタミンを含んでいるので、粘膜や皮膚の健康維持に良い影響を与え、
皮膚細胞の老化防止などに有効です。

また、免疫力が高まり風邪などを予防してくれます。

★ビタミンAによって、皮膚や粘膜を健康に保つ効果があります。

★食物繊維の作用で腸環境が整い、便秘が解消して免疫力もアップします。

★カリウムも多く、血圧降下の作用にも有効に働き、動脈硬化予防につながります。

 

以上が「カボチャの成分、効能」についてでした。

カボチャは、煮ても、焼いても、てんぷら、スープなどにしても美味しくいただけます。

また、様々な料理に応用でき、かつ栄養の宝庫ですから積極的に食べたいですね。

少しでも参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

トマト!細胞の老化を防ぐ!

f:id:w-yakyuuboy:20170407090750j:plain

 

ご覧いただきありがとうございます。

今回は「トマト」のご案内です。

トマトの原産地は南アメリカ熱帯地方のアンデス山脈高原地帯といわれています。

トマトはナス科ナス属で、その種類は数百~数千種類あるのではないかとも。

熱帯地では多年生であるが、温帯地では一年生作物として栽培されています。

日本で栽培される品種は、アメーラ、ファーストトマト、りんか409、ミディトマト、桃太郎ゴールドなどなど百数十種類以上もあるといわれています。

 

 

トマトの主な成分

トマト100g中の成分、カリウムが210mg、ビタミンCも15mg、βカロテン540μg、その他、リノール酸、リコピン、βカロテンは体内でビタミンAに変化します。

ビタミンB2、B6、とビタミンもバランスよく含まれれています。

 

f:id:w-yakyuuboy:20170407090821j:plain

 

 

トマトの効能

★3大抗酸化ビタミンといわれる、ビタミンC、ビタミンE、βカロテンの中の、ビタミンC、βカロテンが含まれるので、動脈硬化、ガン予防、老化防止などが期待されます。

 

★ビタミン
ビタミンCも15mgあり、細胞の老化を防いでくれます。

その他にも、ビタミンB2、B6、ナイアシンなどと皮膚に関係がある成分も含まれています。

 

★リコピン

トマトの赤い色はリコピンといわれる色素です。

これはカロテノイドのひとつで、リコピンの抗酸化物質は、花粉症などの原因にもなる活性酸素を減らし、メラニン生成で必要とする酵素を抑え、皮膚のしみ、しわなどを防止してくれます。

したがって、アンチエイジング効果が期待できます。

ビタミンEの数倍もの効果があるといわれています。

 

★カロテン

トマトに豊富に含まれるカロテンは、免疫賦活作用(免疫を活発にすること)が促され、皮膚や粘膜の健康維持に役立ちます。

なお、βカロテンは体内でビタミンAに変わります。

 

★カリウム

カリウムが210mgと高く、余分な塩分を体外へ排出するしてくれるので、高血圧の予防や改善に有効です。

 

★リノール酸

脂肪の燃焼効果をあげて血糖値を下げます。

 

以上が「トマト」についてでした。

少しでも参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。